2018年04月15日

ガラスフュージング、できます!

創造工作室には、陶芸のできる窯の他に、
ガラスを変形、溶解、溶着などの
加工を行うこのとのできるキルン(電気炉)があります。

この電気炉は Evenheat Kiln 社のもので、
本体横のプレートの型番には GTS 18・9RMと
書かれています。
電気関係は 200ボルト、26アンペア、5200ワット です。

また、そのプレートの注意書きによると、
華氏 2,300度(=摂氏1,135度)を超えると危険とあるので
ガラスフュージングに必要な800度くらいまでは
充分上げられると思います。

3004141.jpg 3004142.jpg 3004143.jpg

3枚めの画像はベネチアンガラスの
ガラスフュージングの準備をしているところです。

陶芸窯、ガラス細工のできる電機炉、サンドブラスターのある
創造工作室で、あなたの創造の世界を広げてみませんか!
みなさんのご利用、お待ちしています。

posted by Higashiyama Center at 10:35| Comment(0) | ▼ものづくり(陶芸ほか)・ロビー展示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

25周年記念パネル展のお知らせ

今年、演劇ビギナーズユニットが25周年を迎えます。
(現在、参加者を募集中で、受付期間は5/10までです)
そこで、記念の事業を計画中なのですが、
その第一弾として、写真パネル展を行なうこととなり、
昨日(4/12)、14枚のパネルをロビー壁面に掲示しました。

3004132.jpg 3004131.jpg 3004133.jpg

パネルの内容は、1期から昨年24期までの、
公演終了後の、スタッフも含めた全員の集合写真です。

初期の頃は、公演終了後に集合写真を残すという習慣がまだなく、
集合写真が残されているのは4期と6期以降になりますが、
1・2期と5期はなるべく全員の顔が見える、
ダメだしや舞台写真を使いました。

パネル写真に、公演終了後の集合写真を選んだのは、
これまで24回の公演にかかわったすべての方々を
ご覧いただきたかったのと、公演終了後の表情から見えてくる、
あるいはそこから推し量れる、演劇のもつ魅力を
感じていただきたかったからです。

パネル展は9月の初旬まで行なっていますので、
来館された際にはぜひご覧ください。

posted by Higashiyama Center at 14:41| Comment(0) | ▼演劇ビギナーズユニット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

創活番ロゴの解説

先日(4/8)の記事で公表した創活番のロゴマークですが、
その後少し反響があったので、
ここで改めてマークについてまとめておきます。

このロゴマークは創活番がかかわる3つの領域、
つまり、音響、照明、舞台の活動領域を
それぞれの仕事に関するもので象徴的に表現しています。
それに加えて、このロゴを見る視点も、いくつかの視点、
例えば、公演場所(創造活動室)の天井を見上げたり
逆に俯瞰で見たり、横からみたりした、
それぞれ違った視点を1つにまとめて表現しているのです。

黒い#型のバーは天井のバトンを表していて、
そのバトンにある◎は照明の吊り込み図面で使われる
フレネルを表す記号です。
また、SOKATSUBANのOは円()になっていて、は凸(レンズ)を示す記号です、
つまり、これが照明の仕事を表現しています。

#から右に伸びた黒いバーに囲まれたエリアは舞台を表しています。
舞台上に置かれた3つの長方形は箱馬で、
尺高、1尺4寸高、2尺1寸高に組まれる箱馬の
3つの置き方が表現されています。
つまり、これらは舞台の仕事全般を表現しています。

さらに、右下の小さい四角がいっぱい集まったものは
サンプラーのボタンを表現しています。
つまり、音響の仕事の象徴です。
そして、それらが舞台の手前に配置されているのは、
小さな四角が客席のイスにも見て取れる効果をねらっています。

最後に一番下の文字 αύξηση はギリシャ語で、
「育てる、育成する」という意味です。
つまり、表現活動をサポートすることで
青少年の育成を目指す、創活番ボランティア本来の目的を示しています。

posted by Higashiyama Center at 11:00| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

創造活動室のメンテナンス

昨日(4/8)、創活番ボランティアによる
音響・照明関係を中としたメンテナンスが行なわれました。

1つ目は貸出用のカラーフィルターの整理
経年の使用によってヤケてしまったフィルターを廃棄、
補充用のものに加えて今までになかった色も含め、
新しく買い足したものをフィルター枠のサイズに合わせて切り、
それを収める収納フォルダーも新調して、
フィルター番号毎に整理して入れ直しました。

3004091.jpg 3004093.jpg 3004092.jpg

2つ目は音響ワゴン内の掃除と、スピーカーからピーという
高周波数の音が時々なるという件について
原因を徹底的に調査していただきました。
その結果、どうやらパワーアンプが原因ではないか
という結論に達したとのことでした。
ただ、機材同士の相性が悪いからといって
新しいものに買い換えるわけにはいかないので
その後も試行錯誤を続け、アンプのSIGNAL GND のスイッチを
FRAME から FLOAT にすると音がおさまった、ということでした。
こちらの方はもう少し様子をみる必要がありそうです。

続きを読む
posted by Higashiyama Center at 15:48| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

創活番のロゴ、つくりました!

今日(4/8)は創活番ボランティアが集まって、
創造活動室のメンテナンスを行なっています。
その様子はまた後日報告させていただくとして、
その創活番(創造活動室での表現活動をサポートする
ボランティア)の、ロゴマークをつくりました。

300408.png

このロゴは創活番の活動領域、つまり、照明、音響
舞台、それぞれを表現するものを
象徴的に組み合わせてつくりました。
このロゴは、今後、様々な機会に使っていこうと思っています。
創活番の活動に興味をもたれた方は
センターホームページの創活番をご覧ください。
よろしくお願いいたします。

posted by Higashiyama Center at 13:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

分岐点、掲示しました!

”迷った時、ふと立ち止まって読んでみよう” に応えるため、
2000年より続けている分岐点。
依頼者に書いていただいた分岐点は、
ホームページへのアップと、センター内にも
プリントアウトして掲示してきました。

3004062.jpg 3004061.jpg

先頃書いていただいた(ホームページにはアップ済み)
江アさん(京都宇治川の鵜匠)の分岐点を、
創造活動室前の廊下壁面に掲示しました。
センターを利用された際には、
ふと立ち止まって、読んでみてはいかがでしょうか。

posted by Higashiyama Center at 19:23| Comment(0) | 分岐点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

演劇ビギナーズユニット2018参加者募集開始!

お待たせしました!
演劇ビギナーズユニット2018、
参加者募集が始まりました。
今年で25回目を迎える、演劇ビギナーズユニット。
現在参加者の募集中です。
まず、参加希望の方は説明会に出席していただくためのエントリーをしてください。
説明会の日が都合悪い方は、エントリー時にお伝えください。

申込み受付期間:5月10日(木)21時まで
  この期間に定員を超えた場合は抽選となります。
  定員に満たなかった場合、講座が始まる前日(5/20)
  まで先着順で受付けます。
  
エントリーは、こちらから

講師陣は京都の若手演劇人にお願いしていますが、
演出担当を昨年に引き続き、劇団しようよの
大原渉平さん(劇作家・演出家・俳優)にお願いしています。
演出補も昨年に引き続き、松岡咲子さん(俳優/ドキドキぼーいず)
にお願いし、大原さんを支えていただきます。

演劇創作までの基礎をサポートしていただく講師陣も
以下の通り決定しています。

大熊ねこさん(俳優/遊劇体)
大谷悠さん(ダンサー)
川上明子さん(舞台美術家)
高阪勝之さん(俳優/男肉 du Soleil)
阪本麻紀さん(俳優/烏丸ストロークロック)
高杉征司さん(俳優/サファリ・P)
村上慎太郎さん(劇作家・演出家/夕暮れ社 弱男ユニット)ほか

日 時:平成30年5月21日(月)〜9月6日(木) までの
    毎週月・木曜日、18:00〜21:00及び
    毎月第3日曜日、15:00〜18:00と8/28(火)18:00-21:00
     *7/16(月・祝) と第3日曜は15:00-18:00
     8月31日(金)の公演準備日、
     9月1日(土)・2日(日)の公演実施日
     9月6日(木)の最終ミーティング
説明会:5月14日(月)19:00〜20:30
    (※必ず事前にエントリーをしてください)
追加募集の際は、個別説明会をさせていただきます。

対象:京都市内に在住・在学・在勤の中学生年齢から30歳までの方で演劇初心者
定員:17名
参加費:31,000円(38回の講座費用、公演費用一切込み)
問合せ:075-541-0619(水曜休館)

                  画像をクリックしてください
BU251S.jpg BU252S.jpg

2018年03月23日

ユニットそのまんま公演「檸檬のアラカルト」(2nd.Challenge)

ユニットそのまんま公演「檸檬のアラカルト」のご案内

梶井基次郎の「檸檬」を題材に短編演劇を創作します。
3つの作品をご覧いただけます。
**********************
「唇のない檸檬が抽象的なピエロの話をする」作/演出 パウ
丸善における檸檬の爆発に巻き込まれた〈ある男〉はたちまち恋をしてしまった。
彼は世界で一番つまらないピエロとなり、
唇のない檸檬を笑わせるため二十年間喋り続けている。
「まったくきみという奴は如何してそんなに黄いろいのだろうねえ!」
喋り続ける彼〈抽象的なピエロ〉は檸檬による妄想の産物であり、
この物語は檸檬による退屈で滑稽な独り言である・・・。
**********************
「ぼく、アルマジロ、そこにはかぁちゃん」作/演出 和田見慎太郎
いつでも君を傷つけられるんだってそのアルマジロは思った。
だけどそれを口に出せばそのナイフは輝きを失って
なんてことはないものになるんだ。
だからぼくは想像してる。
みえない友達、イマジナリーフレンド。
**********************
「びいどろ」作/演出 西井桃子
劇作家の男とその恋人。
びいどろの弾が降り、ジャムの血が流れる中、最期の創作に挑む。
逃げて逃げて逃げ続けた、男と女のお話。

ぜひご来場ください。

【日時】 3/30(金)18:00
     31(土)13:00/18:00
      4/1 (日)13:00
     (開場は開演の30分前)
   *途中入退場あり。毎公演後アフタートークあります。
   *上演時間は110分を予定しています。
【会場】 京都市東山青少年活動センター 創造活動室
【料金】 無料カンパ制
予約優先制 お座席は限りがございますので、ご予約の上、ご来場ください。
【ご予約】メール lemon.lemon.short@gmail.com Twitter @lemon_short

ユニットそのまんま.jpg

posted by Higashiyama Center at 19:09| Comment(0) | 公演情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

ユニットそのまんま公演「檸檬のアラカルト」の挟み込み

ユニットそのまんま公演「檸檬のアラカルト」の挟み込みは、
3月27日(火)の21時までに
160部を東山センター事務所まで届けてください。
(※水曜日は休館日ですので、ご注意ください)
挟み込み作業は主催者の方で行います。
よろしくお願いします。

※本番は3月30日(金)〜4月1日(日)の4回公演です。
posted by Higashiyama Center at 13:21| Comment(0) | 挟み込み情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

fullsize公演(3rd.step 東山のおススメ)

若手育成企画"fullsize"の第二回公演「southeast」の案内

この公演は、若い方にも観ていただきたい東山のおススメです。
若手育成企画として、16年前に初演された田辺の初期作品『southeast』に挑みます。
初期作品でも会場だった創造活動室での再演です。
ステージによって出演者が変わります。
A:「出演」岡田菜見 太田那優 黒木優介
B:「出演」久米陽子 永岩玲華 黒木優介
久しぶりの創造活動室での上演です。たくさんのご来場お待ちしています。


【日時】3/23(金)19:00〜A
     24(土)13:00〜B/18:00〜A
     25(日)11:30〜B
 (受付開始、整理券発行は開演の40分前、開場は開演の30分前)
【会場】 京都市東山青少年活動センター 創造活動室
【料金】 前売・当日共 一般1,800円 ペアチケット3,200円
    ユース(25歳以下/要証明)1,200円
    W観劇チケット3,200円
【予約取扱い】
  公式サイト http://mogamos.link/fullsize1803
  メール fullsize.kyoto@gmail.com
 電話 080-8912-7211

fullsize.jpg

posted by Higashiyama Center at 16:19| Comment(0) | 公演情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

fullsize公演「southeast」の挟み込み

fullsize公演「southeast」の挟み込みは、
3月20日(火)の21時までに
150部を東山センター事務所まで届けてください。
(※水曜日は休館日ですので、ご注意ください)
挟み込み作業は主催者の方で行います。
よろしくお願いします。

※本番は3月23日(金)〜25日(日)の4回公演です。

posted by Higashiyama Center at 21:23| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月09日

劇団飛び道具公演「緑の花」の挟み込み

劇団飛び道具公演「緑の花」の挟み込みは、
3月13日(火)の14時〜 一斉で行います。
部数は300部です。
*後バサミをご希望の方は、13日(火)21時までに作業が終了するように
東山センター受付までお越しください。

挟み込み作業は東山センターで行います。
よろしくお願いします。
※本番は3月15日(木)〜18日(日)の6回公演です。

posted by Higashiyama Center at 14:16| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

劇団飛び道具公演(3rd.step 東山のおススメ)

劇団飛び道具公演「緑の花」の案内

この公演は、若い方にも観ていただきたい東山のおススメです。
今回は、お子さんがいる方にも観劇いただけるよう
託児付き公演の日があります。(3/17のみ)
ご予約は3月10日までのチケット。
小さなお子様がいらっしゃるお客様、是非ともご利用ください。
久しぶりの創造活動室での上演です。たくさんのご来場お待ちしています。

【日時】3/15(木)18:30〜
     16(金)14:00〜/18:30〜
17(土)11:00〜/15:00〜
      18(日)13:00〜
    (開場は開演の30分前)
【会場】 京都市東山青少年活動センター 創造活動室
【料金】 前売・当日共 一般2,500円 学生1,000円
   (学生料金は受付時に学生証をご提示ください)
   *17日の公演は託児付き公演です。
   託児料金:お子さま1名につき1,000円 
   託児付きペアチケット:5,500円(観劇チケット2枚と託児2名まで)
   ご希望の方は、件名を「託児付き予約」とし、midori@tobidougu.jpまで
   メールをお願いします。託児予約は3月10日までです。

【予約取扱い・問い合わせ】
  公式サイト http://tobidougu.jp/ticket/
  メール midori@tobidougu.jp

劇団飛び道具.jpg

posted by Higashiyama Center at 13:57| Comment(0) | 公演情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月06日

アートスペース 木であそぼう♪

アートスペースAコースは3/4(日)が今年度最後の活動となりました。
この回をもって卒業する参加メンバーの好きな木工をつかった活動を行いました。
木を切ったり、やすりをかけて、グルーガンや両面テープをつかって接着して
思い思いの立体作品を作っていきました。
木の枝や松ぼっくりなども素材として用意すると、それらを利用して
パチンコ台を作る参加メンバーもいました。
ずっと使ってみたかったグルーガンを手に、楽しんでいる参加者もいました。 

180306_1.jpg 180306_2.jpg
  
もともとの木の形をいかして、何に見えるかを想像して制作に向かう人もいて、
それぞれ思い思いの作品を作り上げました。
アシスタントからは
「今年度初めての木工活動でも参加メンバーはすんなり受け入れ
それぞれスムーズに作っていて驚いた」という声を聞きました。

180306_3.jpg 180306_4.jpg 

今回で卒業の参加者には、最後にスタッフ一同からアルバムを贈呈しました。
10年以上参加した軌跡をたどれるアルバムとなっています。
スタッフ一同でアルバムを作りながら、その期間に思いを馳せ、
思い出話にも花が咲きました。

posted by Higashiyama Center at 17:42| Comment(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする