2019年08月24日

演劇ビギナーズユニット2019修了公演の挟み込み

演劇ビギナーズユニット2019(#26)修了公演
劇団えだまめ公演「硝子のサーカス」の挟み込みは
8月29日(木)の21時(開館時間中)までに、
300部を東山センターの事務所まで届けてください。
挟み込み作業は、主催者で行ないます。
公演は、8月31日(土)・9月1日(日)の3回公演です。

開館時間は、平日と土曜は午前10時から
午後9時(日祝は午後6時)まで、水曜日は休館日です。
よろしくお願いします。

【関連する記事】
posted by ひがせい at 19:46| Comment(0) | 挟み込み情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

からだではなそうAグループ0803(3回目)

今回のからだではなそうのテーマは「おばけ・妖怪」です。
ナビゲーターには、こちらのテーマをもとに
夏の暑さをしのげるようなプログラムを
考えていただきました。

まずは、おばけ体操から。
腕を幽霊のように前に出し、左右にゆらゆらと揺れ動いて、
からだをリラックスさせていきます。
次はゴロゴロと転がる石のように
創造活動室をあっちこっちに移動します。

1908241.jpg 1908242.jpg 1908243.jpg

後半は、前回のAグループの活動で作った振りを思い出しながら、
おばけダンスを創作しました。
おばけや怖い生き物の動きを真似た振り付けや
全員で連なってトンネルをくぐるパートなど、
色々な動きが生まれました。
普段は怖いおばけや妖怪ですが、
連想される動きを踊りにしてみると
とても面白く、怖いだけじゃない
身近な存在に感じられたのではと思います。
最後は、不気味な音楽に合わせて、
みんなで完成したおばけダンスを踊りました。

現在、からだではなそうでは、ボランティアスタッフを募集しています。
活動に興味がある方はお気軽に東山青少年活動センターへお問合せください。

posted by ひがせい at 13:22| Comment(0) | ▼からだではなそう(2006〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月23日

令和元年ユスカル!(若者文化市)、参加者募集中!!

11月16日(土)にロームシアター京都(ローム・スクエア他)で
開催する若者文化発信イベント
「ユスカル!〜若者文化市〜」の出展・出店・出演者募集中です。
募集期間は9月30日(月)まで行っています。

手作り作品出店者やアート作品出展者、
パフォーマンス出演者や活動発信をしたい
グループや個人を募集しています。

ユスカル2019表 ユスカル2019裏
          画像をクリックすると拡大して見られます。

参加対象は、主に京都市内で活動している
中学生〜30歳までの個人またはグループです。
応募フォームはこちらにあります。

posted by ひがせい at 19:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たたきが始まりました!(19BS16)

昨日から始まった演劇ビギナーズユニット大道具製作(たたき)。
初日は、舞台美術アドバイザーの松本さんと舞台監督の下野さんから
作り方を教わりながら、大道具担当の参加者が中心となって取り組みました。

今回は、創造活動室の半分を使って制作しながら、
出来たら、舞台空間に作り込んでいくといった流れで
進めることになりました。

190823_1.jpg 190823_2.jpg 190823_3.jpg

慣れない作業の中、みんなで協力しながら、
パーツが少しずつ出来上がっていきます。

大道具製作は4日間、10時〜17時までが作業時間です。
お昼ご飯も、休憩も一緒に過ごします。
いつもの講座の3時間とは違い、一緒に制作しながら
色んな話をしながら、長時間共にすることで
メンバーをより身近に感じることができます。

今日は2日目ということもあり、松本さんからのスケジュールを
確認し、作業に入りました。
小道具や舞台美術に取り組む時間もありました。
お互いにいろいろな作業を役割分担し
補いあいながら、進めていました。

posted by ひがせい at 19:02| Comment(0) | ▼演劇ビギナーズユニット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月22日

からだではなそう Bグループ7月(7/27)

東山青少年活動センターでは、知的な障がいのある
青少年の余暇活動と成長支援を目的とした
“からだではなそう”という表現活動をしています。

この日は、まず最初にストレッチから。
ゆらゆらと身体で波を作ったりと優しい動きで全身を揺らします。
次に、色んな人と指と指で触れ合います。
中には積極的に他者に関わろうとする姿が見られました。
交流の範囲が広がったかなと感じました。
続いて床を転がります。
最後にみんなで盆踊りをして休憩に入ります。

1908221.jpg 1908222.jpg 1908223.jpg

休憩を挟んだ後半は、Aグループで作った振付をBグループにも共有しました。
プラスでBグループさんの新しい振り付けも考えました。
一人一人の個性豊かなアイディアが楽しめました。
個性が引き立ちあうBグループの特性が印象的な回でした。

現在、からだではなそうではボランティアスタッフも募集していますので
活動に興味がある方、お気軽に東山青少年活動センターへお問合せください。

posted by ひがせい at 13:40| Comment(0) | ▼からだではなそう(2006〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月20日

東山アートスペースAコース、スタート!(0728)

今年も東山アートスペースの活動が、いよいよスタートしました。
お申し込みいただいた参加者の皆様、誠にありがとうございます。
今年度もよろしくお願いいたします。
Aコースの担当は、昨年に引き続き、彦坂 敏明さん(画家)が
ナビゲーターとしてプログラムの進行を行ってくださいます。
初回となる今回は、参加者の好きなものを知るためのプログラムとして
「じぶんユニフォーム」を作りました。
まずは、大きなクラフトペーパーをくしゃくしゃと丸めていきます。
それを広げ、上から着れるように頭を通す穴を開けます。
くしゃくしゃと紙を柔らかくすることで、
強度が増し、破れにくくなります。
背番号を選んでもらい、参加者の好きなもので
ユニフォームを埋め尽くしていきました。

1908201.jpg 1908202.jpg 1908203.jpg

ボランティアスタッフも、ユニフォームとは何かを分かりやすくするために
野球やサッカーチームのユニフォームを着用し、
活動を行いました。最後は、創作したユニフォームを着て、
みんなの前で発表をし、何が好きなのか等、自己紹介を行いました。
現在、東山青少年活動センターのロビーにて作品を展示しておりますので、
お立ち寄りの際はご覧ください。

また、東山アートスペースでは、参加者の作品作りのサポートをする
ボランテンィアスタッフを募集しています。
活動に興味のある方は、東山青少年活動センターまでお気軽にお問合せ下さい。
さらに、東山青少年活動センターでは、
東山アートスペースの活動報告冊子を販売しております。
知的な障がいのある青少年の表現活動や
居場所づくりに興味のある方は、ぜひお買い求めください。

posted by ひがせい at 12:42| Comment(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

通し稽古2回目(19BS15)

1回目の通し稽古から半月経ち、本日は2回目の通し稽古でした。
予定時間よりも少し遅れて始まった通し稽古。
テクニカルスタッフのみなさんも揃い、いよいよスタート。
前回に比べ、実際に本番で使用する衣装・小道具も決まったものが多くなりました。
それに伴い、よりリアルさが出てきた半面、
その衣装を着用しどのように振舞うか、小道具をどのように扱うかによって
不自然さが出てしまうシーンもありました。

19819_1.jpg 190819_2.jpg 190819_3.jpg


前回の通し稽古の時にあった緊張感とは違う空気感で進んだように思います。

通し稽古後の反省会では、
演出補の松岡さんから「幕があることを想定して出はけができていない。
どれだけ本番をイメージして今後の稽古をできるかが鍵」と話されました。
それぞれなりに、できてきたことと、
まだまだこれから取り組みつづけること、
演劇の楽しさと難しさを体感する日々が続きます。
本番で最大限の力を出すためにも、限られた稽古時間を
有意義に使える工夫が大切な時期に入っています。

木曜日からはたたき(大道具製作)が始まります。

posted by ひがせい at 21:02| Comment(0) | ▼演劇ビギナーズユニット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

令和元年、五丁目寄席の報告

昨日(8/17)、令和初めての五丁目寄席を開催しました。
暑い中、地域の方々を中心に約40名ほどのお客さんに
お越しいただくことができました。
出演は、岡嶋秀昭さん、大熊ねこ(遊劇体)さん、
藤原大介(劇団飛び道具)さん、中入り後は、
桐山泰典(中野劇団)さん、二口大学さん、
トリはエディ・B・アッチャマンさんでした。

1908181X.jpg

五丁目寄席は、2005年の東山フェスタの
1つの企画として始まり、その2年前から
行なわれていた劇研寄席と合わせて、
お正月の劇研寄席、真夏の五丁目寄席と、
途絶えることなく毎年行なわれてきましたので、
今年で15回目を数えることになりました。

京都役者落語の会の活動としては17年余り。
長年続けていると、さすがにみなさん
たいへん腕が上り、最高のパフォーマンスでした。
自然な語り口に、無理なくお話しに引き込まれてしまい、
登場人物に感情移入して気持ちが動かされたり、
知らず知らずに笑いに誘われていました。

ちなみに演目は、
青菜(岡嶋秀昭さん)、悋気の独楽(大熊ねこさん)、
天狗刺し(藤原大介)、胴切り(桐山泰典さん)、
禁酒番屋(二口大学さん)、あくび指南(エディ・B・アッチャマンさん)
でした。

終演後、みんなで記念写真を撮りました。

1908182.jpg

posted by ひがせい at 16:13| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

令和初、五丁目寄席のごあんない

五丁目寄席@stage Support Plan(3rd.step 東山のおススメ)

お待たせしました。
今年も「五丁目寄席」の季節がやってきました。
出演はおなじみのエディ・B・アチャマン、二口大学さん、
岡嶋秀昭さん、藤原大介さん、桐山泰典さん(中野劇団)に加え、
大熊ねこさん(遊劇体)をゲストにお迎えします。
暑さを笑い飛ばす夏恒例の役者落語に、ぜひお越しください。

190816.jpg

【日時】 8月17日(土) 午後2時より
     ※開場は開演の30分前

【会場】 京都市東山青少年活動センター 創造活動室
     (東山区東大路五条上ル 東山区総合庁舎北館2F)

【料金】 前売り 1,000円/当日 1,200円
     中高生 500円(当日のみ・要学生証)

【お申込・問合せ】 kyoto.y.rakugo@gmail.com (京都役者落語の会)


posted by ひがせい at 20:03| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

東山アートスペースBコース、スタート!(0721)

今年も東山アートスペースの活動が、いよいよスタートしました。
お申し込みいただいた参加者の皆様、誠にありがとうございます。
今年度もよろしくお願いいたします。

Bコースの担当は、昨年に引き続き、松谷 歩さん(染織家)が
ナビゲーターとしてプログラムの進行を行ってくださいます。
初回は参加者のことを知るために「じぶんの好きなもの図鑑」を作りました。
八つ切りの画用紙に切り込みを入れ、冊子の形にし、
参加者たちは自分の好きなものを描いていきました。
図鑑としてページに描き込む人もいれば、
そのままの1枚の画用紙に大きく好きなものの絵を描く人もいました。

1908132.jpg 1908133.jpg 1908131.jpg


図鑑に描き込むだけでなく、折り紙で表現するなど、
形にとらわれず創作を進める人もいて、
見ていて楽しい図鑑が出来上がりました。
初回ということもあり、参加者同士、参加者とスタッフ、
お互いの好きなものを知り合える機会となりました。

現在、東山青少年活動センターのロビーにて
作品を展示しておりますので、お立ち寄りの際はご覧ください。

また、東山アートスペースでは、参加者の作品作りのサポートをする
ボランテンィアスタッフを募集しています。
活動に興味のある方は、東山青少年活動センターまで
お気軽にお問合せ下さい。
さらに、東山青少年活動センターでは、
東山アートスペースの活動報告冊子を販売しております。
知的な障がいのある青少年の表現活動や
居場所づくりに興味のある方は、ぜひお買い求めください。

posted by ひがせい at 20:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月08日

通し稽古1回目(19BS14)

配役が決まってから1ヵ月間の稽古を経て、
本日は初の通し稽古です。

直前には、みんなで円陣を組み「えいえいおー!!」と気合を入れました。

大きく台詞が止まるといったことはなく、
なんとかやりきることができました。
これまでシーンごとに稽古をしてきたため、
通してみたことでシーンの繋がりや全体の流れの重要性を
参加者たちは痛感した様子でした。

190808_1.jpg 190808_2.jpg 190808_3.jpg

不安を隠しきれない参加者に対し、
プロデューサーの大熊ねこさんからは、
「今回で気づけてよかった。通しとはそういうもの。
これを踏まえてこれからどうしていくかが大事。」と、
演出の大原さんからは、「もっと台詞を自分のものに。必ず良くなっていくから。」と、
参加者を鼓舞する声が掛けられました。
数日後には、大原さんからのそれぞれみんなに少しずつですが、
通しを経てのコメントが寄せられました。
自分へのコメントだけでなく、他のメンバーへのコメントも読むことで
全体での気づきやこれから取り組んでいくことが見えてきました。
posted by ひがせい at 14:05| Comment(0) | ▼演劇ビギナーズユニット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月05日

幻灯劇場「ミルユメコリオ」の仕込み

いよいよ本日(8/5)より、幻灯劇場の仕込みが始まりました。

現在は照明のシュートと音のチェックが行われていますが、
注目すべきは、やはり舞台です。
舞台もまだ薄ベニヤがはられている途中なのですが、
圧巻は客席に向かって6度の傾斜をもたせた、
客席側から見れば太陽光パネルのような舞台です。
広さは4間幅で奥行きが3間半もあり、
前から2間半の部分は黒板の塗料が塗られているため、
黒板としても使われるようです。
そして、アクティングエリアは平台部分よりもさらに前に
2間も広がっているという、相当ひろい舞台です。

1908051.jpg 1908052.jpg 1908053.jpg

台風の動きが気になるところですが、
幻灯劇場の原点回帰の舞台。
初日のチケットは完売とのことですが、
土曜日から月曜日の山の日まで、公演は続きますので、
ぜひ、この機会に「ミルユメコリオ」を
ご覧ください。

posted by ひがせい at 16:55| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月04日

幻灯劇場「ミルユメコリオ」@Stage Support Plan(2nd. Challenge)

幻灯劇場の第一作目となった「ミルユメコリオ」

少女の夢が芽生え、潰えるまでの数年間を描いた本作は、
当時18歳の藤井颯太郎によって書き下ろされ、2014年に宝塚で初演。
その二年後、藤井は本作で、全国のプロデューサーが選ぶ
異色の文学賞「せんだい短編戯曲賞」を史上最年少の若さで受賞。
新人賞ではない戯曲賞を20歳の藤井が受賞したことで、大きな話題になりました。

幻灯劇場の代表作を、6年ぶりに藤井颯太郎本人の演出によって上演します。

190803.jpg【日時】
8月9日(金) 13:00 / 19:00
  *初日料金 500円
  10日(土) 13:00 / 19:00
  11日(日祝) 11:30 / 16:00
  12日(月振) 13:00

※開場は開演の30分前からです
※上演時間は90分を予定

【場所】
京都市東山青少年活動センター 創造活動室
(東山区東大路通五条上ル 東山区総合庁舎北館2F)

【料金】
一般前売 2,500円 / 当日 2,800円
25歳以下予約 2,000円 / 当日 2,800円
初日料金 500円

【チケット】
予約フォーム画面はこちら

posted by ひがせい at 10:16| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月03日

演劇ビギナーズユニット2019修了公演のご案内

劇団えだまめ公演
「硝子のサーカス」
(脚本/太田省吾・演出/大原渉平)


5月から始まった初心者対象の
演劇セミナーの修了公演です。
今年で26回目の公演。
演出担当3年目となる
大原渉平さん(劇団しようよ)が、
初めて出会った18人の仲間と一緒に創作しました。
ぜひご来場ください。

bu2019_1.jpg bu2019_2.jpg

【日時】
8月31日(土)@13:30/A18:30
9月1日(日)B13:00
   ※開場は開演の30分前です

【入場料】 前売800円(日時指定でのご予約になります) 当日1,000円
※前売券は公演日の2日前まで予約受付
※当日券は数に限りがある場合があります  

【チケット予約・問合せ先】
京都市東山青少年活動センター(541-0619)
開館:平日と土曜 10〜21時 日祝 10〜18時(水曜休館) 
E-maiでのチケット予約はこちらから

posted by ひがせい at 16:05| Comment(0) | ▼演劇ビギナーズユニット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月01日

幻灯劇場の挟み込み

幻灯劇場「ミルユメコリオ」の挟み込みは
8月5日(月)の21時(開館時間中)までに、
200部を東山センターの事務所まで届けてください。
挟み込み作業は、主催者の方で行ないます。
公演は、8月9日(金)〜12日(月祝)の7回公演です。

開館時間は、平日と土曜は午前10時から
午後9時(日祝は午後6時)までです。
よろしくお願いします。

posted by ひがせい at 19:01| Comment(0) | 挟み込み情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする