2017年12月11日

ユスカルチャレンジ@伏見

11月18日、東山センターで実施された「ワカモノ文化市」。
その際、今年度初めてユスカルチャレンジを試みましたが、
第2弾は昨日(12/10)行われた手づくり市(伏見センター)で、
以下の2つのプログラムを実施しました。
(ユスカルチャレンジとは、文化的な試みによって、
若者のもっている力を社会に発信しようとするもので、
第1回目は下京センターのフェスタで実施する予定でしたが、
台風の影響でフェスタ自体が中止となりました)

最初のプログラムは、東山センターでも実施した、
ボードゲームが自由にできる空間の創出でした。
中学生と高校生からなる4人グループ、小学生の4人グループ、
2組の親子4人グループの3グループが
室内に置かれたたくさんのゲームの中から
好みのゲームをチョイスして楽しみました。
その後、6人が帰り、残された男子高校生2人と
小学生の女子1人が(お互い初対面)が1つのテーブルに座り、
ゲームマスターにゲームのやり方を教えてもらいながら
新しいゲームにチャレンジしていました。

1712111.jpg 1712112.jpg 1712113.jpg

2つ目のプログラムはダンスを楽しむもので、
小中高生、20代、40代の社会人、合わせて12人の方に
ご参加いただきました。
ワークを進めていただいたのは、ダンサーの白井真優さん。
白井さんはストリートダンスが入り口とお聞きしましたが、
その後幅広いジャンルのダンス経験を積み、、
現在は、アメリカ留学での経験も生かして、
ダンスの可能性や社会とのつながりを意識する活動を始められています。

ウォームアップもかねて、リズムに乗ってヒップホップの
アップやダウンをやったり、2人組になり、からだの
いろんな部分を接触させたままで室内を歩き、
ストップの合図でポーズを作るワーク、
その後、白井さんから耳打ちされたお題を
6組のペアそれぞれで相談し合って短いダンス創作をして、
最後はショーイングまで行いました。

たまたまその場に集った初対面の、
しかも年齢の離れた人同士のお互いの距離が、
ダンスを通して一挙に縮まる様子は、
改めてダンスの可能性を感じさせる、そして
若者の力が発揮されるという意味においても
ユスカルチャレンジにふさわしい内容となりました。

posted by Higashiyama Center at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

若者文化市出演・出店・出展者募集中‼

平成30年度2月25日(日)に、東山青少年活動センターで
開催される「若者文化市」。
若者のエネルギーが表出されるような新たな文化発信事業創造に向けたプレイベントです。
文化の意味や内容が多岐にわたる点、また、若者の嗜好がどこにあるのか、
どういう若者文化が生ま れつつあるのかを発掘しながらイベントを形づくっていくスタイルを
採っているため、できるだけジャンルを制限することなく公募によって参加者を募集します。
ただし、今回はパフォーミングアーツ(音楽系、ダンス系、ジャグリングなど)及び
アート作品(美術、工芸などのものづくり)を中心に、
生活文化(衣食住に関するすべてのアート)などのジャンルに絞って募集します。
表現する場・表現する機会を提供することはもちろん、
そうした若者文化をはぐくむ(=子ども・若者 の成長を支援する)環境づくりにも
視野を広げて、今後のイベントを充実させていきます。

現在、アート作品の出展者とステージパフォーマンスの出演者、
手作りブースへの出店・出品者を
広く募集しています。
いずれも、主に京都市内で活動している中学生年齢〜30歳までの個人またはグループが対象です。
ステージパフォーマンス・ブース出店の応募締め切りを平成30年1月16日(延長しました!)
アート作品出展の応募締め切りは、平成30年1月30日です。
詳細や申込用紙はこちら

posted by Higashiyama Center at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

ダンススタディーズ1(#2)の3回目(17DS3)

12/8は3回目のワークショップでした。
今日から参加の人もいて、少し広く感じだった空間が
ちょうどいい位の空間になってきました。今日は大谷さんが進行です。

まずは、腕を回してみます。次にペットボトル(水の重み)を使って、
水の音をならさないように、腕を回す速度に変化をつけていきます。
その後、ペットボトルを持たずに腕を回してみます。
すると、それまで、腕だけで回そうとしていた動きから、
とても自然に、全身を使った動きに変わり、踊っているように見えました。

171209_1.jpg 171209_2.jpg 171209_3.jpg

次に、ペアの片方の人が四つ這いになって、背骨と動かす位置を意識しながら
ゆっくりと上にあげていきます。
動かす順番は尾てい骨から徐々に背中、胸、と上にしていきます。
もう1人が指で、動かすべき位置を押してあげます。
「ここだよ〜」と何度か押してもらいますが、なかなか難しい・・・
動かしているつもりが動いていない・・・
と何回か繰り返していると、動くようになってきました。
背骨が上にあがったら、次は反対に下げていきます(背骨をそらす感じです)
繰り返しすることで、ゆっくり、じっくりと体と向き合う時間でした。

171209_4.jpg 171209_5.jpg 171209_6.jpg

休憩をはさんで、童謡を使ったワークです。
ペアになって歌いながら、体を動かします。「サ」が出てきたら、
歌に合わせて横に動いていたのを前に動くことに。というルールのもと、
2人で歌い終わるまで間違わずに合わせて動くというものでした。
中学生や高校生は、まず歌詞を覚えるところから始まりました。
とりあえず動きながらやってみると、感覚をつかむのが早く、
歌い終わるまでできたペアも。
観ていると、何だかスピードアップしている!という組もありました。
みんな、とっても集中していました。

171209_7.jpg 171209_8.jpg 171209_9.jpg

最後に、輪になってリーダーの動きを真似るワークをしました。
リーダーになる順番は決まっていましたが、いつ交代するかは言葉を使わずに
つないでいきます。手のポーズで回す人、リーダーが変わっていったことに気づかず
知らぬ間に自分に回ってきて、驚いた人も。
それぞれの動きの特徴も見れ、観察力や察することに集中したワークでした。

171209_10.jpg 171209_11.jpg 171209_12.jpg

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ダンス スタディーズ1は、あと4名参加者を継続募集します。
受付締め切りは12月15日(金)にしています。
途中からの参加でも大丈夫です。
説明会も随時開催させていただきます。
このブログを読んで、やってみたいと思った方は、
 ぜひ、こちらの記事からメールでご連絡ください。
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

posted by Higashiyama Center at 19:32| Comment(0) | ▼ダンススタディーズ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

ダンススタディーズ1(#2)の2回目(17DS2)

今年もナビゲーターが2人ですが、初めての組み合わせなので、
初めのうちは、回ごとに交代で進めていきます。2回目は遠藤さんです。
昨日は参加者の緊張感も前回よりは少し和らいでいるように感じました。

まずは準備運動・ストレッチで、身体を温めることから始めます。
立ったまましばらく身体を垂直に揺らしていきます。
今日から参加の人もいるので、身体を揺らしながら簡単な自己紹介をしました。
次に、円になったまま歩いて前進したり後進したり。
スローな動きや早い動きも混ぜながら繰り返してみます。
続いて、立ったままで前屈、伸びを5カウントで繰り返します。
呼吸を意識することが大切なポイントだとナビゲーターより
アドバイスがありました。

171207_1.jpg 171207_2.jpg 171207_3.jpg

身体が温まってきたので、立った状態から急に力を抜いてかがみ、
仰向けで寝そべって、ゆっくりとロールアップで立ち上がる。
といった動きをしてみます。
普段しない動作を意識的に行うことで、集中力の高さが見えました。
次に2人ペアになり背中でもたれあったり、
力の抜けた相手の身体を思い思いに動かします。
関節の可動域を客観的に見ることから、
自分の身体の動かし方を考えることができました。

171207_4.jpg 171207_5.jpg 171207_6.jpg

最後は、両手両足を床につけたまま部屋の端から端を移動するワークです。
重心に高低差を付けたり、複雑な動きを取り入れたりと
それぞれの個性が光る内容でした。
人にはできて自分にはできない、自分にはできて人にはできない動きや
無理だと思っていたけど意外とできた動きなど、
新しい発見が多くあったようです。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ダンス スタディーズ1は、あと5名参加者を継続募集します。
受付締め切りは12月15日(金)にしています。
途中からの参加でも大丈夫です。
説明会も随時開催させていただきます。
このブログを読んで、やってみたいと思った方は、
 ぜひ、こちらの記事からメールでご連絡ください。
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

posted by Higashiyama Center at 13:20| Comment(0) | ▼ダンススタディーズ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

「東山区民ふれあいひろば2017」に参加しました

12月3日に東山区民ふれあいひろばが、東山開リ館グラウンドで開催されました。
ステージや飲食のブース、体験コーナーなど、子どもから大人まで楽しめる催しが
たくさんありました。
運営側には、活動センターを利用している青少年グループが参画したり、
東山青少年活動センターが協力している、東山選挙啓発の歌のお披露目に
ふれあいひろばのステージで、青少年が出演しました。

171205_1.jpg

東山青少年活動センターは、区民の方にもっと施設利用につながったり、
日々の青少年の活動を知っていただける機会として、ブース出店で参画しました。
また、12月17日に下京青少年活動センターで行われる
「ユースシンポジウム2017 あなたと考える、これからのオトナ
〜大人の条件ってなんですか〜」というシンポジウムで用いられるパネルを使い、
たくさんの方に参加してもらえるコーナーも設けました。
パネルは、横軸に“私は子どもだ―私は大人だ”縦軸に“大人になりたい・なりたかった
―大人になりたくない―なりたくなかった”とした分布図で、
自分がどう思っているかをシールで貼る「大人?子ども?MAP」を実施しました。
よく聞かれた声が「うーん。難しい。」。
成人をしたから「大人」? 中学生は「子ども」? 
自分のことを「子どもだ」「大人だ」と何をもとに判断をするのでしょうか。
貼った後もそこで良かったのかなぁと悩む方もいらっしゃいました。
なかなかそんなことを考える機会はないけど、考えてみると不思議な体験を
していただけたかなと思います。
また、シールを貼った後に、そこに貼った理由を書いてもらっていました。
その感想を読んでくださる方もいらっしゃいました。

171205_2.jpg 171205_3.jpg 171205_4.jpg
171205_5.jpg 171205_6.jpg
東山区民の方が毎年楽しみにたくさんの来場がある「ふれあいひろば」で
若者が考えていることや感じていることも知ってもらえる機会になりました。

posted by Higashiyama Center at 13:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

からだではなそう〜表現活動へのお誘い〜Aグループ7回目

12月2日は、“からだではなそう”のAグループ7回目の活動でした。

まずは準備運動・個人ストレッチ。
そしてからだが段々とほぐれてきたところで二人組のストレッチに入ります。
両手をつなぎ向かい合わせの状態から背中合わせになったり、
ぶらぶらと揺れてみたり。
ストレッチの気持ちよさと、この日の天気の良さで眠気がじわじわと...
次に握手・タッチで触れるコンタクトや二人羽織で後ろから人を動かす活動です。
印象的だったのは、前回までは隅に一人で座っているように見えていた参加者も
スタッフが活動を促すと一緒に立って笑顔を見せながら参加していたことです。
また、問いかけに対しての反応も表情豊かなものになっていたり、
今回も新たな一面が見られました!
参加者同士受け入れあっていると同時にスタッフとも信頼関係が
出来つつあるように感じました。

171204_1.jpg 171204_2.jpg 171204_3.jpg

最後はクリスマスダンスをみんなで作りました。
クリスマスといえば...と参加者やスタッフが、
それぞれ連想したキーワードでダンスを作り、音楽にのせて踊りました。

171204_4.jpg 171204_5.jpg

今回も新しいボランティアスタッフが活動に参加してくれました!
初めての人には参加者も興味津々です。
照れているのかテンションが高い様子の参加者もいました。
このように多くの出会いを通して何かしらの刺激になり、
人と一緒に楽しめるようになるきっかけになればと思います。

posted by Higashiyama Center at 19:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

ダンス スタディーズ1(#2)始まりました!(17DS1)

昨日から始まった、ダンス スタディーズ1。
まずは、ストレッチから。
続いて、ペアになり、片方の人の肩をもみます。
続いて、座っている人の肩に負荷をかけてみます。
負荷が解かれた時の、体の自然な反応や感覚に注目してみます。
続いて、片方の人が寝転がって、その人の足を持ってゆらし
緊張をほぐします。
その後、片足をのもう片方の足の上を交差するように動かします。
少しずつ、ゆっくりですが、そのうち体がパタンとひっくり返ります。
手でもやってみます。
人の足や手は意外に重く、落とさないように、かなり集中していました。
次は、腕を使った8の字運動。
初めは動かしづらかったようですが、だんだんリズムが取れてきて
楽しそうに回していました。

DSCN5696.jpg DSCN5700.jpg

途中休憩をはさんで、やっと自己紹介に。
体を使って自分の名前を漢字で書いてみます。
みんなの前に出て、それぞれ思い思いの体の部分を使って
少しリズムや漢字のはねの部分などにアレンジを加えながら
書いていました。
体で書き終わったら、ホワイトボードに名前を書くのですが、
みんなで「なるほど〜」「そういう漢字か〜」といった
驚きとも納得ともいえる感想が聞こえてきました。
全員が書いたところで、もう一度見たい、何人かを組み合わせて
やってもらうなど、書き方が似ている人などが
同じ空間で書いてみることをしました。
最後に3倍速で全員で一斉に書いてみます。
観ていると、ダンスにも見えます。
終わるとみんなかなり息づかいがあらくなっています。

DSCN5703.jpg DSCN5716.jpg

最後に、座って言葉で自己紹介をしました。
このワークショップにいろんな思いや期待をもって参加したことが
お互いにわかる時間でした。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ダンス スタディーズ1は、あと5名参加者を継続募集します。
受付締め切りは12月15日(金)にしています。
途中からの参加でも大丈夫です。
説明会も随時開催させていただきます。
このブログを読んで、やってみたいと思った方は、
 ぜひ、こちらの記事からメールでご連絡ください。
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

posted by Higashiyama Center at 21:35| Comment(0) | ▼ダンススタディーズ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

からだではなそう〜表現活動へのお誘い〜Bグループオープンデーへのお誘い

11月25日、東山青少年活動センターで開催している
“からだではなそう”のBグループのオープンデーを実施しました。

オープンデーは、日頃の活動を市民の方々に体感していただける機会として
設けており、今年度9月に1回実施し、今回が2回目の実施でした。
保護者の方も参加してもらい、いつもどのような様子で活動をしているのか
どんな空間になっているのかを体験を通じて知ってもらう機会になったかと思います。

171128_1.jpg

活動では、ボールを回しながら自己紹介をし、自己紹介をした人が
盛大に拍手をしてもらうキャッチボール自己紹介から始まり、
ティッシュやポリ袋を使いみんなで協力し合うワークをしました。
「落とさないようにする」ということを共通目標に、
力の加減など相手を思いやる行動などが見られました。
次に、“王様役”と“しもべ役”に分かれて、“王様役”は王様になりきって、
“しもべ役”は王様を盛り立てるダンスをしました。
参加者が“王様役”になりきります。
オープンデーのテーマは「ステージをつくろう」だったのですが、
“王様役”がステージ上で、“しもべ役”がステージを作る人だとするならば、
みんなでステージに上がる人や支える人を体験することができたかなと思います。

171128_2.jpg 171128_3.jpg
171128_4.jpg 171128_5.jpg

からだではなそうでは、さまざまな身体を動かす体験から、
参加者と交流をしていきます。
学校や職場ではない非日常な青少年活動センターで、そんな機会を通じて、
参加者の成長の機会になるよう目指して活動しています。
その中で、その人の表現が認め合え、尊重される空間で、
参加者がのびのびと活動しています。
今年度、オープンデーの開催は予定しておりませんが、またの機会に、
このような空間や身体表現について興味・関心をお持ちの方に
参加してもらえればと思います。
ご参加いただいたみなさまありがとうございました。

posted by Higashiyama Center at 14:06| Comment(0) | ▼からだではなそう(2006〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

ワカモノ文化市報告A

ワカモノ文化市が無事に終了しました。
それぞれの空間で開催された企画を報告します。
次は、スタジオパフォーマンス@レッスンスタジオ

ワカモノ文化市のスタジオパフォーマンスは池匡史さんによる
ソロダンスパフォーマンスからスタートしました。
40分もの時間をソロで、10を超える曲数のパフォーマンスで
圧倒的な熱量や存在感を感じました。

171127_1.jpg

舞台と客席を明確に設けず、観客と池さんとの距離は
2メートルほどの近さだったため、踊った振動が床を通して客席まで届き、
指先の動きや顔の表情などのデリケートな表現まで観ることができました。
曲が変わるたびに、池さんの存在感も変わり、
めまぐるしく変化する表現の違いを楽しめる時間になりました。

171127_2.jpg

続いて、出演していただいたのはコーラスグループのTutti(トゥッティ)です。
先ほどのダンスとは雰囲気が変わり、温かさにあふれるパフォーマンスでした。

171127_3.jpg

観客は小学生が中心でしたが、大人も懐かしさを感じられるようなコーラスで、
観客との掛け合いをしてコミュニケーションを取りながら進行していきました。
観ていた小学生から「楽しかった。またしてほしい。」という声も聞けました。

171127_4.jpg


posted by Higashiyama Center at 11:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

ワカモノ文化市報告@

ワカモノ文化市が無事に終了しました。
それぞれの空間で開催された企画を報告します。
まず、初めに音楽ライブ@音楽スタジオ

ワカモノ文化市の音楽ライブは二組の大学生グループに
出演していただきました。
一組目は「キーマカリーズとチチワシネマ」というバンドで、
高校生の頃から東山センターのスタジオを使っています。
今年からベースが加わって一層激しさが増しており、
ドスンと腹の底まで響くライブでした。
来場者は音量の大きさに驚きながらも、
音の圧力を感じながらライブを楽しんでいました。

171126_1.jpg

二組目は「ドイツ語学科バンド」ギター2本とボーカルの構成です。
即席で構成したバンドらしいのですが、
とても息が合っている印象を受けました。
セットリストも知っている曲が多かったためか、
バンドのノビノビした雰囲気に呑まれてか、
お客さんもほっこりして聞き入っていました。

171126_2.jpg

posted by Higashiyama Center at 14:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

ユスカルチャレンジ@東山

東山青少年活動センターの運営母体である京都市ユースサービス協会では、
今年度より、若者の間で流行っているものを体験しながら交流できるコーナー、
ユスカルチャレンジを、いくつかの青少年活動センターのイベント時に
開催しています。

初めの取り組みとして、11月18日に東山青少年活動センターで実施した
「ワカモノ文化市」にて、開催しました。
テーマは「アナログゲーム」!初心者OK!1人でもグループでも大丈夫!
テーブルマスターに遊び方をきいてみよう。
ということで、12時〜14時の2時間だけでしたが、21名が参加し、
テーブル2つが満席に。
初めてのゲームにすぐなじめる人、難しい人、でもみんなでやると
楽しい!という感覚を味わいながら、年齢も小学生から大人の方が
一緒に参加し、交流につながる機会が提供できました。

171125_1.jpg 171125_2.jpg 171125_3.jpg

次回は伏見青少年活動センターにて12月10日(日)に開催します!

posted by Higashiyama Center at 14:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

京都大学ESSドラマセクション@stage Support Plan(1st.Step)

京都大学ESSドラマセクション公演のご案内

【日時】12/2(土)14:00
    12/3(日)12:30
    (受付・開場は各開演の30分前)
【会場】 京都市東山青少年活動センター 創造活動室
【料金】 無料(カンパ制)

京都大学ESSドラマセクションより以下の声が届きました。
ぜひ、ご来場ください。
=================================
12/2,3に東山青少年活動センターで公演させていただく
京都大学ESSドラマセクションです。
今回の演目は、「Judge!」という作品をアレンジした
京大ESSドラマセクションオリジナルバージョンになります。
私たちは、英語劇を通して、英語の楽しさや表現する楽しさを
伝えていきたいと考えています。
より多くの方に見ていただけるように、劇中では日本語も出てきます。
また、英語の台詞にも日本語字幕が付きますので、ご安心ください。

Twitterでは、公演情報、キャスト・スタッフ情報も公開しております。
(@kyotoessdrama)
また、公演についてのお問い合わせは、
kyotoessdrama@gmail.comにて受け付けております。

メンバー一同、英語を学ぶ楽しさを伝えていきますので、
ぜひ足をお運びください!
posted by Higashiyama Center at 10:44| Comment(0) | 公演情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

ダンススタディーズ1の参加申込受付延長‼

11月21日(火)が受付締め切りになっていましたダンススタディーズ1。
まだ募集定員に達していないので、
継続して参加者を、5名募集します。
参加を希望される方は、お電話(075-541-0619:水曜休館)か
こちらの記事からメールでご連絡ください。
メールでご連絡ください。

12月1日からワークショップが始まりますので、
受付締め切りは11月30日(木)になります。

尚、説明会は随時、個別にさせていただきます。
追加募集は先着順受付となりますので、お早めにお申込みください。
迷っていた方、最近プログラムを知ったという方、
ぜひ、この機会に参加を考えてみてください。

posted by Higashiyama Center at 10:27| Comment(0) | 参加者募集中! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

やぎのビギナーズ体験(S46)

かなりお久しぶりになりましたが、【特集】Beginners' Unit Revisited!。
第46弾は柳沼さんのビギナーズ体験談です。
柳沼さんは23期(2016年)のビギナーズ受講生で、
村上慎太郎さん(夕暮れ社 弱男ユニット)演出の、
劇団虹差点公演「夏休み」(内藤裕敬作)に
役者として出演されました。


わたしは高校生の時初めて演劇をしました。
理由は、キラキラした人になりたかったから、です。
大好きな舞台がありました。何百回も何千回もDVDを見返して、
セリフも歌もダンスもほとんど覚えて、
もはや一種の病気じゃないかと思うくらい好きな舞台が。
その舞台に立つ役者さんたちが、とてもキラキラ輝いて見えました。
彼らに毎日頑張る活力をもらっていました。そんなキラキラした、
人に元気を与えられるような人になりたかったのです。
そうして高校は演劇部に入部して、脚本を書かせてもらったり
男役に挑戦したり、とても楽しい経験でした。
でも多分、わたしの理想としたキラキラした人、
にはなってなかったんじゃないかなと思います。

171121_1.jpg 171121_2.jpg 171121_3.jpg

ビギナーズユニットに参加する前からそのように
演劇部に入ってはいましたが、舞台を一から作って
一日中稽古をして…みたいな舞台は実はしたことがなく、
参加してからは初めての経験ばかりでした。
それこそ新しいことを吸収しようと夢中で、
そしてそれ以上に楽しい日々でした。
それが自分の中で変わったと思ったのは、
キャスト決めの面談の時に演出の村上さんに言われた
「やぎが殻を破るところが見たい」という一言でした。
その時私はとにかく今目の前にあることをこなそう
ということしか考えていなくて、
自分自身の変化にはなんの関心も示していませんでした。
それはある意味自分の本来の目標を見失ってたんじゃないかな、
と今は思います。
当時は「私の殻とは?」という疑問に苛まれました。
殻が多すぎて。役柄的にも人間的にも。どこから破れば良いのかと。
自分自身と向き合おう、と最初に思ったのはその時でした。

結論を言うと、私はビギナーズユニットに参加したことで
自分という人間が何か変わったとは思えませんでした。
変わった、と言われましたが、全く自覚がありませんでした。
今までやったことのないような役をしました。
舞台の上の記憶がないほどにお芝居に熱中しました。
保守的だった向き合い方を少し積極的にしてみました。
やってみたこと、今まで感じたことのないことは沢山ありました。
けれど人間性が変わったか、成長したかと言われると分かりません。
そのかわり、ひとつだけ理解したことがありました。
「私は私自身の心を上澄みしか見れていない」ということです。
そりゃ何にも変わりません。そもそも自分を理解していないので。
けれどだからといってビギナーズユニットでの経験が
失敗だったわけでは決してありません。
そう「気づけた」ことが大切なのだと、
ビギナーズユニットは教えてくれました。
そのことに気づけて、さてこれからどうしようか、
とりあえず自分の心を少し深いところを理解してみようかと考えられたことが、
キラキラした人への第一歩になったのではないかと思っています。

                              柳沼 萌生

posted by Higashiyama Center at 14:20| Comment(0) | 【特集】BU Revisited!(演劇体験談) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

ダンススタディーズ1参加者募集中!!

現在参加者募集中の「ダンススタディーズ1(DS-1)」
申し込み締め切りが明日(21日)となっています。
少しでも気になられた方、何か始めたい方、
新しいことに挑戦してみたい方、からだを動かしてみたい方、
自分の殻を破りたい方、表現をみがきたい方、ダンス作品を作ってみたい方、
違う自分に出会いたい方、いろんな人と出会いたい方。
一歩踏み出すチャンスにぜひご参加ください。
お早めにお申し込みください。

DS1omote.jpg DS1ura1.jpg
詳しくは、上の画像をクリックしてください。

11月17日に合同説明会が終了しましたが、
これからお申込みいただく方には、
個別に説明会をさせていただきます。
どうぞよろしくお願いします。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。
※連絡メールもこちら から簡単にできます。

posted by Higashiyama Center at 18:52| Comment(0) | 参加者募集中! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする