2015年10月25日

サキのビギナーズ体験(S45)

続けてお届けする、【特集】Beginners' Unit Revisited!。
第45弾は宮前さんのビギナーズ体験談です。
宮前さんは21期(2014年)のビギナーズ受講生で、
村上慎太郎さん(夕暮れ社 弱男ユニット)演出の、
劇団サイハテ公演「ナツヤスミ語辞典」(成井豊作)に
役者として出演されました。

1510251.jpg 1510252.JPG 1510253.jpg

私がビギナーズユニットを始めようと思った理由は、実に正に失恋だった。

好きだった人が好きなように、生きている人だった。
私はその人と出会うまで、このくらいの年齢だったら
こんな社会的な位置で、このくらいお金を持っていて・・・、
そんな体裁ばかり頭の上から下までベールで覆われて生きていた。
だけど、彼と出会って、夢を追ってまわりは関係ないことを知った。

私は高校生のときに演劇部員だった。
その部活は部員人数も少ないこともあったか、
もっとこんな風にしたらいいんじゃないかという意見を自由に言えた。
そしてその意見を誰も拒否せず、受け容れてくれた。
それが本当に嬉しくて、楽しかった。
芸術に正解不正確が無いことを知れたし、
何も無いところからみんなで形創ることが楽しくて仕方なかった。

いつかまた演劇ができたら・・・。
私も自由に好きなことして生きたい・・・。

そんなことを思っていた矢先のビギナーズユニットだった。
連絡した際にはスタッフの方が去年申し込みをしていた
私の名前を覚えてくれていたこと、
急なキャンセルが出て欠員になっていたので、
申し込めばすぐに参加が決定したことも
始まる前からちょっと運命を感じていた。

初回。私は社会人で、遅刻して行った。
遅刻してちょっと気が動転していたところもあったせいか、
とっても明るく私らしく自己紹介できた。
あとでその印象が強烈で、覚えていてくれている子がいて、私に教えてくれた。
「自分を出す能力すごいな。壁無さすぎ。オープン。この人すごいな」
そう思ってくれたらしい。

ワークショップが始まると、「私がしたかったんはこれやな」と思えた。
演劇のワークショップで特に楽しかったのは、
身体で表現するワークショップだった。
みんなで一つのものを造形していく過程はみんなの個性も見れて楽しかった。
一番笑っていたように思う。

後半から、芝居の稽古。大変だった。
自分と同じシーンの人と合わせて練習するにも
お互いに都合で合わなかったり、このシーンが出来てないから、
自分がしたいシーンより優先して他の子のシーンをしたり・・・。
これがチームワークというか、集団なのかな、と学んだ。
All for one この学びは結構大きかったかなと思う。
自分勝手な自分に気づいた。

続きを読む
posted by Higashiyama Center at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【特集】BU Revisited!(演劇体験談) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月20日

ココロからだンス♯11 今年が最後のチャンスです!

ナビゲーターの佐藤です。
このワークショップは自分と他者のカラダを考察する事から始まり,得体の知れないダンスを創作する4ヶ月間ですが、一生付き合っていくあなたのカラダとの時間に比べると一瞬の事といえるかもしれません。
自身のカラダが自分のものではないという事に好奇心を抱いている方、また、他者からの目を使って
カラダと『私』との関係を探っていく事を実験、検証し、その過程を楽しみ、カラダ自体がある開かれた
遊び場のようになっていく事を期待しています。  佐藤健大郎(振付家・ダンサー)

申込み、現在、受付中です。
この機会にぜひ!
お待ちしています!



DSCN8606.JPG DSCN8568.JPG DSCN8573.JPG
posted by Higashiyama Center at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | △ココロからだンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月16日

maz♯1 狐憑 キツネツキ by Stage Support Plan

こんばんは。
 狐憑 キツネツキ、公演をしています。
マイムです。
ゲネプロの様子をアップします。
「なにもない空間に、みえてくるものがありました。とてもかっこいいです!」by AI。

 原案:中島敦「狐憑」
 作・演出:豊島勇士

 岡村渉 しげきけんいち 楳山蓮 豊島勇士

 スタッフ:舞台監督 平林肇
      舞台美術 竹内良亮
      照明 根来直義
      音響 森永キョロ

 17日(土)11:00〜、15:00〜、19:00〜
 18日(日)13:00〜
 各回60分程度*開場は開演の30分前です。
 maz HP→ http://m-az.net



1.jpg 3 (2).jpg 3.jpg
posted by Higashiyama Center at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月10日

maz♯1 狐憑 キツネツキ by Stage Support Plan

こんにちは。
10月の東山ステージサポートプラン、3本目の公演のご案内です。

みえないものこそ。
 マイム・もの・かげ。
ことばをつかわずに語られる、さいしょのしじんのさいご。

 「maz」は、マイムや小道具、光や影を使って、物語を立体的に再生することで、
観客の「体が」物語を錯覚する舞台をつくりあげていきます。
#1 "狐憑" は、中島敦の同名の短編小説を原作にした、「語る」面白さに取りつかれた男の話。
憑かれた男のさいしょとさいご。お楽しみに! (作・演出:豊島勇士)
http://ww.m-az.net

公演日時・・・10月16日(金)19:00〜
      10月17日(土)11:00〜/15:00〜/19:00〜
      10月18日(日)13:00〜 (計5ステージ)
     *開場は開演の30分前です。
料金・・・25歳まで→前売り1,000円/当日1,500円(当日受付にて、証明できるものをお見せください)
    一般→前売り1,500円/2,000円
     
挟み込みについて・・・10月13日(火)21:00までに、250部、持込みください。



画像二枚目burogu.jpg 画像一枚目burogu.png 画像三枚目burogu.jpg
posted by Higashiyama Center at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シラのビギナーズ体験(S44)

続けてお届けする、【特集】Beginners' Unit Revisited!。
第44弾は白石さんのビギナーズ体験談です。
白石さんは21期(2014年)のビギナーズ受講生で、
村上慎太郎さん(夕暮れ社 弱男ユニット)演出の、
劇団サイハテ公演「ナツヤスミ語辞典」(成井豊作)に
役者として出演されました。

1510101.jpg 1510102.jpg 1510103.jpg 1510104.jpg

僕が演劇ビギナーズユニットを始めたのは、京都にいる間に何かしたい!
という思いがあったからでした。
半年だけ京都の大学で学ぶ、そんな制度を使って京都にやってきた僕は
当初、知り合いがほとんどいませんでした。
そのせいもあってか、気づけばただ大学の授業を受けるだけの
日々になっていて、どうにかしてそれを変えたい
という気持ちが強くありました。
そんな頃にビギナーズを知りました。
初めての演劇に抵抗感がなかったかといえば嘘になります。
参加するか相当悩みました。
でも最後には、せっかく京都に来ているのだから
何でもやってみようと思い直して参加を決意しました。

そこで出会った「劇団サイハテ」メンバーの存在は、
今でも京都を訪れる理由になるほどに、大きなものでした。
始めはよそよそしかったメンバーとの関係は、
一緒にワークショップや自主練習をしていくなかで
徐々に親しくなっていきました。
なかでも、いつの間にか今まで見せたことのない自分を
さらけ出せるようになったことは驚きでした。
なんというか、恥ずかしさがなくなったというか・・・。
劇中のとある場面の影響もあったとは思いますが、
色んな意味で「はっちゃけられた」ことは忘れられません。
演劇を通したからこそ、ここまでできたのだと思います。
そんな姿を見せられるくらいに打ち解けられたことは、
とても貴重なことでした。
公演が終わって、京都を去る時は本当にさみしかったです。
素の(?)自分を見せられるめったにないメンバーたちとの別れは
とてもつらいものがありました。
それだけあの三ヶ月間は充実していたのだと思います。

帰ってからは、演劇を見る目が変わったことに気がつきました。
まず、前よりもお芝居の宣伝に目がいきやすくなりました。
ビギナーズを通して、どういう風にお芝居ができていくのが分かったために、
親近感のようなものがわくようになりました。
だからついチラシもじっと見てしまう。
そして、お芝居を観る機会が増えました。
偶然にも帰ってから演劇をしている友達ができたため、
その公演や、ビギナーズでお世話になった方たちの公演など、
月に1回くらいのペースでお芝居を観るようになりました。
今までほとんど観に行かなかったことと比べると、
ずいぶん変わったなと感じます。

今や「京都=演劇」のようなイメージを作り上げてくれた
演劇ビギナーズユニットは忘れられない夏の、そして京都の、思い出です。

                              白石 圭佑

posted by Higashiyama Center at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 【特集】BU Revisited!(演劇体験談) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

たけのこども企画 1にょき目『飛んで孫悟空』 by Stage Support Plan

たけのことも企画1によき目『飛んで 孫悟空』、公演します。
作:別所 実 演出:辻崎 智也(Quiet.Quiet)

 シルクロードをめざして旅するツアー客の前に、突如として現れた三蔵法師の一行。
孫悟空も猪八戒も沙五悟浄も、当の三蔵法師までもが勇気も能力もなさそうでまったくやる気がみえない。
ツアー客に励まされてなんとか天竺への旅に出ようとするが、行く手をさえぎる賊や妖怪たちまで出没する。
ハプニング続きでどうしようもない一行は、どうしようもないなりに、困難をくぐり抜けて行こうとするのだが・・・・・・。

日時:10月9日(金)〜12日(月・祝)
料金:前売800円/ 当日1,000円

予約フォーム:http://www.quartet-online.net/ticket/takenokodomo1

お問い合わせ:Mail:kikaku.takenokodomo@gmail.com

Tel:080-2418-6966(制作・しらとり)

挟み込み:10月8日(木)21:00までに、
200部、東山青少年活動センターに持ち込みください。
*水曜日は休館日です。




takenoko_omote_20150820.jpg takenoko_ura_20151001.jpg
posted by Higashiyama Center at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ココロからだンスW.S #11(final)  申込み募集中!

こんにちは。
 11月から、「ココロからだンス」がはじまります!
この事業は、初めて出会ったメンバーとワークを進める中でお互いのことを少しずつ知り合いながら、4か月をかけダンス作品を集団で創作します。
 このワークショップでは、全体を通して、
身体の使い方 
人前に立つとは?
表現するとは?
人に関わるとは何か? を基礎ワークとして、
毎回ていねいに進めていきます。
 ここで体験し、学んだことが、皆さんの日常・舞台表現に「使える」ワークを目指します。
気になった方は、ぜひ この機会に ご参加ください。

■ナビゲーター 佐藤 健大郎(振付家・ダンサー)
 大学を卒業後,ダンスを始める。2000年よりヤザキタケシ率いるA.D.C.(Arrow Dance Communication)に参加。その後,砂連尾理,山田せつ子,日野晃,伊藤キムなどの作品に多数出演し,共同制作に努める。また,様々なジャンルのアーティストと関わりを持ち,俳優,劇団への振り付け,市民へのワークショップにも力を入れている。2005年より,ココロからだンスW.Sのナビゲーター。自身の作品に,「犬」,「ミューザー」,「conductor」がある。
■アシスタント  福井 幸代(ダンサー)
 大学でインテリアデザイン、ものづくりを学ぶうち、ものを使うからだそのものに興味をもつ。WSを通してコンテンポラリーダンスに出会う。dance paformance work#11、ココロからだンス#1受講、ココロ#4よりアシストとして参加。踊るからだ、日常を生きるからだそのものが興味深く日々模索中。
■アシスタント  川瀬 亜衣(ダンサー)
 千日前青空ダンス倶楽部 踊り手。2014年春「国内ダンス留学@神戸」2期生ダンサーコース修了、奨励賞受賞。近年は、黒沢美香&神戸ダンサーズ、DanceFanfareKyoto03佐藤有華振付作品出演。2015年に初振付作品の上演、以降自作自演のソロを制作。ココロからだンス#7受講。

【開催日時】
 2015年11月26(木)〜2016年3月10日(木)
 毎週月・木曜日 18:00〜21:00
【説明会】
 11月19日(木) 19:00〜20:30

舞台監督/北方 こだち
照明/木内 ひとみ
音響/道野 友希菜
詳細、お申込はコチラ→
http://ys-kyoto.org/higashiyama/ko2ro_top/
Emailでのお申し込みこちらからもできます



ココロチラシ表.png ココロチラシ裏.png DSCN1241.JPG
posted by Higashiyama Center at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | △ココロからだンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月02日

『朱の白日夢』 劇団 三毛猫座 第1回本公演 「朱の白日夢」 by Stage Support Plan

 朱と白で構成された世界は、どの一瞬も美しいです。
 それぞれの亜衣を直接的に、積極的に、不器用に、伝えたり、隠したりしながら、物語は終盤を迎えます。
 それぞれの愛の形に翻弄されながら、どのような結末を向えるか、ぜひご自身の目で見届けてください。
 (制作:四宮 花)

 「朱の白日夢」 全3回公演
  10/3(土)12:30〜 ←完売となりました。
       17:30〜 ←まだ空きがございます。
  10/4(日)12:30〜 ←まだ空きがございます。
  *開場は、各回30分前となっております。
  
   チケットは、http://gekidan-mikeneco.strikingly.com/
チケットinfo から ご予約ください。
   皆様にお会いできるのを、会場にて心待ちにしております。

 
DSCN7209.JPG DSCN7123.JPG DSCN7171.JPG




 
  
posted by Higashiyama Center at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする