2016年04月30日

寺田さんのダンス体験(S9)の、続きその2

さて「発表公演」について、かなりくどくどと書きましたが、
この名称そのものにこだわっているわけではありません。
ただ、人前で踊ること、について考えることが、
少し飛躍するかもしれないけれど、
その後、なぜ踊るのか、について考えることに
繋がっていったことは間違いありません。
この命題の種をまさにこのDPWの現場で拾ったのだと思っています。
昨今では、例えば「コミュニティー・ダンス」などの取り組みが
盛んに開催されるようになり、素人(いわゆるダンス未経験者)が、
有料公演の舞台に立つことへの抵抗感(恐怖)は
明らかに薄れているだろうし、観客にとっても、
さほど珍しいことではなくなってきたと思います。
しかし、1994年当初には、それは誰にとっても、
かなり勇気のいることだったと思います。
参加者の多くは、人前でダンスを踊る(身体を晒す)ことへの
恐怖心を持つ一方で、何かを発信したい、
誰かと共有したいというアンビバレントな思いを
抱えていたように思います。
講師経験の浅かった私は、危ういバランスの中で揺らぐ彼らと共に、
暗闇の中手探りで宝探しをしているような、
不安かつスリリングな体験をしました。
この体験の重要さをより明確に意識できるようになったのは
初年度から5年以上も経ってからのことでした。
後半に差しかかったある年、ふと、自分も参加者も、
明るみで定まったレールの上で安全運転しているような
違和感を感じたことがきっかけでした。
講師としての砂連尾さんと私は年を追う毎に当然
多くの手法を持つことになりましたし、
参加者も我々がどんなことをするのか凡そ想定できてしまう。
正に安全運転。景色もよく見えるしそれなりに楽しいけれど、
これでは未知なる宝には手が届かないだろうな、
という危機感を持ったことを覚えています。
慣れるということの恐ろしさや、自分を晒すことに対する
恥の意識の大切さを痛感したエピソード。
これは戒めとして、今もしっかり刻まれています。

posted by Higashiyama Center at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【特集】DPW Revisited!(ダンス体験談) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

寺田さんのダンス体験(S9)の、続きその1

今私は発表会の定義について少々否定的なニュアンスを込めて書きましたが、
かくいう私はクラシックバレエの世界で、
大人になるまでの時間を正にそのこと、
つまり「上手く踊る」ための練習に費やしてきました。
そしてその経験は私にとって、今なおあらゆる意味で宝だと信じています。
アートの世界では「上手い」という言葉は
ダブルスタンダードに使用されるので、
例えば「上手い=お手本通りに出来ること」と捉えると、
たちまち創造性の欠如として認識されてしまいます。

1604251.jpg 1604252.jpg 1604253.jpg
    DPW#3(1997年)        DPW#4(1998年)       DPW#5(1999年)

しかし「上手い」ということの実態をより柔軟に捉えると、
あるいは実態があるのか? と疑うところから始めたならば、
上手く踊るための練習にも、違う側面が見えてくるはずです。
例えば、どのように踊りたいかを明確にイメージするための練習、
そのイメージに近付く方法を考えるための練習が、
そして実際に身体をそこまで近付けるための鍛錬など、
肉体的なトレーニングに止まらず、
全てひっくるめて上手く踊るための練習と言えるのではないか。
その経験から得たものの総体こそが踊るための技術であると私は思っています。
これは単なる反復によってなされるものでなく、
創造性をもって取り組まなければならないもので、
一朝一夕で得られるものではありません。
DPWの開催期間は6ヶ月間でした。
基本的に未経験者を対象としていたことを考えると、
本来の意味では練習のスタート地点に立ったばかりとも言えます。
それで「公演」とするのは少しおこがましい。
しかし同時に彼らは、それぞれに自身の世界観を
不特定多数の他者に向けて投げかけようとしていました。
上手くかどうかは別としても、
決して閉じられた安全な場を想定しているわけではなかったからこそ、
「発表会」とも違うとも言える。
ゆえに「発表公演」という言葉がしっくりくる、
というのが今のところの私の結論です。

posted by Higashiyama Center at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 【特集】DPW Revisited!(ダンス体験談) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

寺田さんのダンス体験(S9)

14か月ぶりにお届けするDance Performance Work Revisited!。
シリーズ第9弾は、石橋を叩いて、しばらく眺めてやっぱり引き返す、
慎重居士の寺田みさこさんのダンス体験です。
寺田さんは1994年から2004年まで11年間、
Dance Performance Work の講師を務めていただきました。
この3月で11年続いたココロからだンスW.Sが終了しましたが、
寺田さんが講師を務めたdance Performance Work は
ココロからだンスの前に実施したダンス事業ですから、
なんと事業が終了して11年後に書かれた体験談ということになります。
少し長くなりますので、3回か4回に分けてお届けします。


DPW(ダンスパフォーマンス・ワーク)が始まったのは1994年。
あれから四半世紀近くもの時が流れたのかと思うと、
それだけで少し頭がクラクラしてきました。
DPWはその後11年続き、その翌年からは
佐藤健大郎さんが講師を勤め、
『ココロからだンスW.S』と名を変えて更に11年、
そして遂に、今年2016年3月に行われた
『ココロからだンス』の発表公演を最後に、
22年に渡って続けられてきたダンス事業に終止符が打たれました。

1604221.jpg 1604222.jpg 1604223.jpg
   DPW#11(2005年)        DPW#9(2003年)       DPW#8(2002年)

さてたった今、私は、『ココロからだンス』の
最後の公演について説明するにあたって、
ほとんど意識することもなく「発表公演」という言葉を選んでいました。
ちなみに『ココロからだンス』のチラシには
「スタジオパフォーマンス」と表記されていますし、
DPW時代にも、それと似た様な言い方をしていた気がします。
なのに、なぜ私はこの言葉を選択したのか?
そもそも「発表公演」とはどんなものなのか?
について少し書いてみたいと思います。
例えばクラシックバレエに代表されるような、
特に日本では習い事として発展してきたダンスの世界では、
「発表会」と「公演」は、表面上明確に区別されます。
この2つの違いをごく簡単に(少々乱暴に)定義してみます。
まず発表会は、素人が日頃の練習の成果を披露するための機会で、
その目的は本人が上手く踊ることと、それを観た近親者が喜ぶこと、
つまり他者が想定されていない閉じられた場です。
それに対して公演は、玄人が自分の表現を、
―それが内包する世界観などを含め、
広く他者へ向けて発信する開かれた場である、
ということが言えるかと思います。
そこで改めてDPWのスタジオパフォーマンスについて考えてみたとき、
ちょうどこの中間辺り、つまり発表公演とは、
素人が、作品或いは自身の世界観を、
広く他者へ向けて、より上手く発信するために、
練習を重ねた成果を披露する場である、
と言えるかもしれない。・・・と、ここまで書いて、
定義することへの関心が失せてきたので、少し角度を変えてみます。

posted by Higashiyama Center at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【特集】DPW Revisited!(ダンス体験談) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

演劇ビギナーズユニット2016、参加者募集開始!

160413Z.jpgお待たせしました!

--------------------------------------------------------
 男性を1名、継続募集していましたが、
 本日(6/2)、応募がありましたので、
 参加者募集は終了させていただきました。
--------------------------------------------------------

演劇ビギナーズユニット2016、
参加者募集が始まります。
今年で23回目を迎える、演劇ビギナーズユニット。
現在参加者の募集中です。
まず、参加希望のエントリーをしてください。

申込み受付期間:5月16日(月)12時まで
  この期間に定員を超えた場合は抽選となります。
  定員に満たなかった場合、講座が始まる前日(5/22)
  まで先着順で受付けます。

エントリーは、こちらから

講師陣は京都の若手演劇人にお願いしていますが、
演出担当は、夕暮れ社 弱男ユニットの
村上慎太郎さんにお願いしています。
演出補は今年新たに高阪勝之(俳優/男肉 du Soleil)、
阪本麻紀さん(俳優/烏丸ストロークロック)
を招き、村上さんを支えていただきます。

演劇創作までの基礎をサポートしていただく講師陣も
以下の通り決定しています。

大熊ねこさん(俳優、遊劇体)
大原渉平さん(劇作家、演出家、俳優/劇団しようよ)
木村雅子(インプロバイザー/トランク企画)
金田一央紀(劇作家・演出家・俳優/Hauptbahnhof)
高杉征司さん(俳優/サファリ・P)
武田暁さん(俳優/魚灯)
福井幸代さん(ダンサー)ほか

日時:平成28年5月23日(月)から9月8日(木)までの
    毎週月・木曜日、18:00〜21:00及び
    毎月第4日曜日、15:00〜18:00と
     7月18日(月・祝)と8月28日(日)15:00〜18:00
     8月30日(火)18:00〜21:00
     9月2日(金)の公演準備日、
     9月3日(土)・4日(日)の公演実施日
     9月8日(木)の最終ミーティング
説明会:5月16日(月)19:00〜20:30
      (事前にエントリーをしてください)
対象:中学生年齢から30歳までの青少年で演劇初心者対象
定員:17名
参加費:31,000円(38回の講座費用、公演費用一切込み)
問合せ:075-541-0619(水曜休館)

posted by Higashiyama Center at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼演劇ビギナーズユニット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする