2017年09月29日

演劇ビギナーズユニット上映会(17BS27)

昨日(9月28日)に2週間ぶりに集まった花火劇社メンバーたち。
なんと14人も来ました。
早めに着いたメンバーで、近況報告をしつつ、始まる時間を待ちます。
ボランティア参加していた、前年度の劇団虹差点のメンバーも一緒に鑑賞しました。
何回目の公演を観るか悩んでいた花火劇社。
やはり、自分たちにとっての初舞台を観るのがいいということになり、
110分程の上映がスタート。

170929.jpg

観終わった後、拍手とともに、少し目をうるませているメンバーもちらほら。
まだ2週間しか経っていないので、あの時の感情がこみあげてきたりしているのかもしれません。
最後はみんな笑顔で帰っていきました。

posted by Higashiyama Center at 13:53| Comment(1) | ▼演劇ビギナーズユニット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

BU20周年記念誌の付録を作りました!

今年の演劇ビギナーズユニット(24期)の修了公演も無事に終了。
たくさんのお客さんにご来場いただき、
ありがとうございました。

さて、2014年に演劇ビギナーズユニットの20周年を記念して
活動報告冊子(20周年記念誌)を作成しましたが、170926.jpg
この度、その付録を作成しました。

これは20周年記念誌と同じ体裁で作られた
21期から24期までの4年分の小冊子です。

体裁は、A3裏表カラー2つ折り4ページで、
内容はいずれも21期から24期に関するもので、
以下のようなものとなっています。
・記念誌の1期から20期までの
 公演データをまとめた
 Performance DATA(の21期から24期分)
・新聞記事
・活動写真
・舞台写真

ぜひ、この機会に付録をゲットしてください。
以前に20周年記念誌をご購入いただいた方には
無料で差し上げます。

また、付録がほしいという方は、
この機会に記念誌をぜひお買い求めください。
(もちろん、付録がついてきます)
付録には数に限りがありますので、
なくなり次第終了とさせていただきます。

付録の送付希望、お問い合わせはセンターまでお願いします。
合わせてこちらの記事もご覧ください。

posted by Higashiyama Center at 13:00| Comment(0) | ▼演劇ビギナーズユニット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

最終オリエンテーション(17BS26)

9月14日(木)に、練習で何度も見た、部屋からの夕焼けとともに、
最終オリエンテーションを行いました。
ビギナーズユニットの肝である最終回。
参加者がこの講座期間を振り返って、得られたことや得られなかったこと、
できたことやできなかったことなどをふりかえり用紙に記入。
その後、できなかったことを中心にそれぞれがメンバーに向けて、話をしました。

170915_1.jpg 170915_2.jpg

それぞれなり言葉で語られる体験とそのふりかえり。反省という言葉になってしまうのではなく、
これからの生活に生かせるようにという意味をもったふりかえりの時間でした。
また、自分だけでふりかえるのではなく、他のメンバーからの言葉で、新たな視点がもらえたり
違う角度で前向きに捉えるきっかけになったりと、グループで創作してきたからこそ、
最後にみんなからのフィードバックがもらえるといったことが醍醐味でもありました。

170915_3.jpg 170915_4.jpg


posted by Higashiyama Center at 12:45| Comment(0) | ▼演劇ビギナーズユニット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

未来のわたし−劇場の仕事−後期演劇編が始まりました!

この事業は、2016年度に開館した劇場『ロームシアター京都』と
若者の自主活動を応援する『京都市ユースサービス協会』の連携事業です。
・表現活動に携わる仕事に就きたいけど、どうしたらなれるんだろう?
・劇場で働く人ってどんな人?
そんな若者の声をもとに立ち上がりました。

後期は演劇編として京都を拠点に活動する木下歌舞伎さんの公演の裏側に迫ります。

高校生や大学生、自ら劇団を立ち上げている方など、
17名の方から申込みがありました。初回は13名が参加。
まずは自己紹介で顔合わせをしました。
・高校生の時に観た舞台をきっかけに劇場の広報に携わる仕事がしたいと
 思うようになった。
・いま大学4回生で、春からは劇場で働くことが決まっている。
 実際にどんな仕事か見聞きしておきたい。
・お世話になった街に、自分がやってきた演劇で恩返しがしたい。
・中学生の時に観た舞台に衝撃を受け、舞台の構成を考える演出家になりたいと
 思った。演技の経験も劇場の勉強もしたことがない。
 この講座や参加者の人たちと交流して学びたい。
・高校でやっていた吹奏楽部舞台で、劇場の人にすごくお世話になった。
 自分も裏方の仕事をしたいと思うようになった。
など、いろんな思いでこの場に集まってくれたことがわかりました。

その後、ロームシアター京都の武田さんから、
裏方・表方と言われる劇場の仕事について概説いただきました。
制作や技術、管理部門などなど、いろんなお仕事があります。

170912_1.jpg 170912_2.jpg 170912_3.jpg

続いて、今回体験でお世話になる『木下歌舞伎』について学びました。
京都で立ち上がった木下歌舞伎は、補綴・監修を主宰の木下さんが担い、
演目に合わせて演出家を変えて公演をされています。
“原作に忠実であり、現代社会と歌舞伎の世界とどうつなげるかチャレンジしている”と
映像を観ながら解説していただきました。
結成10周年を迎えた木下歌舞伎、この度のロームシアター京都での公演に関して、
劇場の作品となるよう、時代や世代を超える地域で作品共有できるレパートリーを
目指しているとのことでした。

後半はロームシアター京都で事業制作チーム課長の橋本さんに自己紹介、
なぜこの仕事に就いたのかをお話いただきました。
学生時代「演劇の公演をしたい!」という思いで活動の場を広げてきた中で、
表現できる場があることについて、徐々に素晴らしいことだと気づいたそうです。
「社会に対して何か還元できるものがあるのではないか」・・・とその環境に
対して関心をもつようになり、現在の仕事へとつながったとのことでした。
最後に『京都に新しい劇場文化を作る』という新たなコンセプトを掲げた
ロームシアター京都について説明いただきました。

3時間という長い初回ではありましたが、真剣な眼差しで聴き入る受講者のみなさん。
次回は参加者間の交流がメインとなります。
どんな出会いや思いが生まれるか、楽しみです!

posted by Higashiyama Center at 18:22| Comment(0) | 未来のわたし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

からだではなそう〜表現活動へのお誘い〜オープンデー Aグループ4回目

9月9日、東山青少年活動センターで開催している
“からだではなそう”のAグループが4回目の活動です!
そして、なんとこの日は、からだではなそうのオープンデーということもあり、
普段の参加者の他に、ヘルパーさんや、一般の方にも参加していただきました!

170911_1.jpg 170911_2.jpg

場所は、東山区役所の大会議室を使わせていただきました。
まずは、自己紹介。初めましての参加者の前でも普段通りのあいさつ。
体調もみんな良さそうな感じでした。
この日は、前回のBグループで盛り上がった自分の舞台の上で、歓声を浴びたり、
他の参加者に拍手を送ったりするワークをAグループでも行いました。
普段の生活では自分に興味を持ってもらえること、自分に注目してもらえることは
あたりまえな感覚になりがちですが、改めて自分に向けてもらえると、
すごく嬉しいし、恥ずかしいし、身体が熱くなるし、という不思議な感覚を
味わうことができました!
他人に興味を持つことで、また新たな自分を発見できたのではないでしょうか。
もちろん終始笑い声が聞こえていました!

170911_3.jpg 170911_4.jpg

オープンデーに参加していただいたみなさま、ありがとうございました。
からだではなそう参加者の普段の活動風景を感じとっていただけたでしょうか。
“自由”な場だからこそ生まれる、笑い、行動、言動が
この楽しい空間をつくっている気がします。
今後とも、からだではなそうの活動に注目していただければと思います。
京都新聞の取材もあり、9/10の朝刊に載せていただきました!

現在、からだではなそうの活動を市民の方にも参加していただける、
オープンデーの参加者を募集しております。
どんな様子・活動・空間なのかなど気になる方は、
東山青少年活動センターまでお問い合わせください。
日時 11/25(土曜日)13:30〜15:30
料金 1000円

posted by Higashiyama Center at 13:13| Comment(0) | ▼からだではなそう(2006〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

花火劇社公演、無事終了(17BS25)

演劇ビギナーズユニット2017 #24 修了公演
花火劇社「あのひと」、
本日、無事に最後の3ステージ目を演り終えました。
たくさんのご来場ありがとうございました。
各回とも、小さなハプニングが起こる中、
みんなでつないで、大きな花火を打ち上げることができました。
3ステージ目は演ずることを楽しんでいる様子も伺え、
充実した、舞台になったようです。

20170910.jpg

役者のみなさま、スタッフのみなさま、お疲れさまでした。

動員は、目標にしていた300名を超え、314名でした。
これは歴代6位の記録です。

posted by Higashiyama Center at 18:00| Comment(0) | ▼演劇ビギナーズユニット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

「あの人」初日終了!

今日から始まった、演劇ビギナーズユニット2017・24期生
花火劇社による修了公演。
朝は緊張感のある面々と挨拶し、これまでの成果をお客さんに届けるため
ドキドキしながらの1ステージ目を終え、
来ていただいた知り合いのお客さんと楽しそうに話していました。

20170909_1.jpg 20170909_2.jpg

2ステージ目までは少し和やかな時間を参加者は過ごしていました。
2ステージ目は100名を超えるお客様にご来場いただき、
舞台と客席が共に生きづいている瞬間もたくさん見られました。
どちらのステージも終了後にあたたかい拍手をいただき、
全員笑顔でお辞儀ができ、何よりも嬉しい瞬間を味わえたと思います。
明日は楽日。
悔いのないよう、精一杯全力で、そして楽しんで演じきれることを
願って、あと少し、参加者もスタッフも全員で頑張ります!

明日は、当日券のみ若干数ですが、予定しております。
お早目のご来場をお願いします。

posted by Higashiyama Center at 21:36| Comment(0) | ▼演劇ビギナーズユニット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

「あのひと」のチケットについて

演劇ビギナーズユニット2017修了公演
花火劇社「あのひと」のチケット予約ですが、
日曜日の回は満席となりました。
当日券は、若干ではありますが、予定しております。
どうぞよろしくお願いいたします。

posted by Higashiyama Center at 14:32| Comment(0) | ▼演劇ビギナーズユニット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

スタッフワーク、大道具製作終了!(17BS23)

木曜日から始まった大道具製作(たたき)。
本日、無事怪我もなく、終了しました。
舞台美術担当の参加者2人がプランを立て、
アドバイザーからのアドバイスを受けながら
決定した舞台美術を今度は大道具担当の4人が中心となって
参加者全員で作っていました。

20170903_1.jpg 20170903_2.jpg 20170903_3.jpg

同時並行で小道具製作や衣装製作もしつつ、進めていきました。
演出の大原さんや演出補の高阪さん、松岡さんが
サポートする場面もありました。

20170903_7.jpg 20170903_11.jpg 20170903_10.jpg

今年も、出来上がったものから舞台上に立てていくので、
少しずつ形になる様子を感じながら作業を行いました。

20170903_4.jpg20170903_5.jpg 20170903_6.jpg

参加者全員が役者以外に何かしらスタッフワークを担当していますが、
たたきは自分たちがたつ舞台装置を作り上げ、客席にお座りいただいた
お客様に最初に観ていただけるものです。
どんな作品なのか、芝居が始まる前から、舞台を観て想像を
ふくらませていただけるようなものがたくさん完成しました。

20170903_8.jpg 20170903_9.jpg

ここまで大掛かりなものを作ったことがないと話すメンバーもいました。
いよいよ明日から、本番に向けた小屋入りです。

ぜひ、ご来場ください! 公演詳細やチケット予約はこちら



posted by Higashiyama Center at 18:49| Comment(0) | ▼演劇ビギナーズユニット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする