2018年01月14日

第11回冬劇祭の仕込み

今年で11回目を迎える、冬劇祭の準備が始まりました。
毎年、年明けの寒いこの時期に、80人近くの高校生と顧問の先生が
集まって朝から仕込みを行い、昼からは本番にむけた準備として
音響や照明の操作について習います。

今週の土・日の本番に向け、作日(1/13)の午前10時から、
仕込みを行いました。
仕込みをリードしたセンターのボランティアは創活番の2名でした。

生徒さんたちは3つの班(舞台・遮光・照明)に別れ、
仕込みのお手伝いをしていただきました。
各班ともたくさんの人がいたこと、昨年経験した人が後輩に教えながら
進めたこともあり、予定時間よりも早くに終わりました。

180114_1.jpg 180114_2.jpg 180114_3.jpg

今年も生徒さんが昼食休憩の間にボランティア先生、創活番、
何人かの生徒さんも一緒に照明のシュートを行いました。

午後からは、音響・照明さんに調光卓やミキサーの使い方、
また、役者のみなさんには、舞台回りの注意事項や動線確認等、
最後に全員に向けて、リハーサルまでにやっておくべきこと、
あと数日ですが、本番までにやっておくべきことなどについて
簡単なレクチャーを行いました。
今年は、全体的に予定時間よりも早めに次の作業に取り掛かることができました。

180114_4.jpg 180114_5.jpg 180114_6.jpg

posted by ひがせい at 11:24| Comment(0) | ▼学校との連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする