2018年11月27日

じぶんみがきダンス、参加者募集中!

181127.jpg京都若者サポートステーションと連携して 行なう、
就労支援の一環として開催します。
ダンス創作を体験しながら自己と向き合う力を高め、
自己表現力やコミュニケーション力を培い、
就労準備の前段階として 就労意識を高めるきっかけを
提供するプログラムです。
単発で参加できる1日コースと
じっくり学べる4日コースがあります。
プログラムの最後には ふりかえりの機会を設けて、
経験したことを 共有・実感することができる
ような時間を作っています。
いつもより身体をゆるめてみましょう。

・参加費 両コースとも無料

※1日コースをお試しで体験してみて、
じぶんに合っていると思えば、
4日コースにもトライしてください。

・日程
<1日コース>
1月21日(木) 14:00〜16:00

<4日コース>
1月25日(金)、27日(日)、28日(月)、2月1日(金)
各回 14:00〜17:00

・場所
京都市東山青少年活動センター
(東山区東大路五条上ル 東山区総合庁舎北館2F)

・講師
セレノグラフィカ(隅地 茉歩さん・阿比留 修一さん)

・対象
無業状態にある15歳から39歳までの方
(就職活動中の学生も可)
ダンス経験は必要ありません。

・受付
12月17日(月)13時より開始

posted by ひがせい at 17:20| Comment(0) | ▼仕事関連事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

ダンススタディーズ1の参加申込受付延長!!

11月25日(日)が受付締め切りに
なっていましたダンススタディーズ1。
まだ募集定員に達していないので、
継続して参加者を募集します。
参加を希望される方は、お電話(075-541-0619:水曜休館)か、
応募フォームご連絡ください。


12月4日からワークショップが始まりますので、
受付締め切り
12月2日(日)になります。

尚、説明会は随時、個別にさせていただきます。
追加募集は先着順受付となりますので、お早めにお申込みください。
迷っていた方、最近プログラムを知ったという方、
ぜひ、この機会に参加を考えてみてください。

posted by ひがせい at 17:14| Comment(0) | ▼ダンススタディーズ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

空降る飴玉社公演@Stage Support Plan(2nd. step challenge)

181126.jpg本日(11/26)朝から、空降る飴玉社の
仕込が始まりました。

空降る飴玉社公演のごあんない
戯曲抜粋企画 vol.2
『チロルの秋・桜の園』

『チロルの秋』は岸田國士の処女上演作品。
絶妙なバランスで構成された、
まさに“演劇”をするための戯曲です。
“道しるべ”が殆どなく「触れなければ見えてこないもの」を
拾い集めなければ歩むことができません。
止まったままの夢と現実の狭間で行われる
【大人のラブストーリー】に挑戦します。

『チロルの秋・桜の園』
チェーホフの最晩年の作品。
「どこにも行けず時代に背を押され歩んでゆく姿」を
淡々とリズミカルに描くチェーホフの世界には感動があります。
現代を生きる私たちと似ています。
皮肉に胸を刺すささやかな棘に生きるリアルを感じて下さい。
【現代ボードビルもどき】に挑戦します。


【日時】 
12/1(土) 13:00/16:00/19:00
  2(日) 12:00
  (開場は開演の15分前)

【会場】 京都市東山青少年活動センター 創造活動室
     (東山区東大路五条上ル 東山区総合庁舎北館2F)

【料金】 一律 1,000円 高校生以下500円(要証明)

【予約】 チケット予約フォームはこちら

【問合せ】 Mail:skycandydrop@gmail.com Tel:080-8347-7551(制作)

※最新情報はこちらから


posted by ひがせい at 16:33| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

空降る飴玉社の挟み込み

空降る飴玉社「チロルの秋/桜の園」の挟み込みは
11月29日(木)の15時(開館時間中)までに、
100部を東山センターの事務所まで届けてください。
挟み込み作業は、主催者の方で行ないます。
公演は、12月1日(土)・2日(日)の4回公演です。

水曜日は休館ですのでおまちがいなく。
開館時間は午前10時から午後9時(日曜は午後6時)までです。
よろしくお願いします。

posted by ひがせい at 11:41| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月23日

THE GO AND MO'S 明日から本番です!

明日(11/24)からいよいよ、THE GO AND MO'S の公演
「岡本の耳」が始まります。

仕込みは順調に進み、ゲネも無事に終え、
今日は(11/23)は余裕をもって修正に取り組み、
万全の体制で、ばかばかしい本番を、
一層懸命ばかばかしく演じる準備が整いました。

創造活動室の一隅、暗幕で覆われたブースには、
CD/MDプレーヤー、サンプラー、プロジェクター、
調光卓が置かれ、ヘッドセットをつけたMさんが
(出演もかねた)MCをしながら、それら置かれた機器を
なんと独りで操作するという離れ業を演じます。

1811233.jpg 1811231.jpg 1811232.jpg

とにかく、頑張ってます。
ぜひ、足をお運びください。

用語解説:ドッペルゲンガー
自分自身の姿を自分で見る幻覚の一種で、
「自己像幻視」とも呼ばれる現象。
自分とそっくりの姿をした分身。
第2の自我、生霊の類。
同じ人物が同時に別の場所(複数の場合もある)に
姿を現す現象を指すこともある。

posted by ひがせい at 22:02| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月22日

18アートスペース、Bコース(10/21)

10月21日のアートスペースBコースは、
ゲストナビゲーターの由井武人さん(画家)の案内のもと、
ストローを使って「ひんまがりモビール作り」をしました。

長いのと中くらいのと短いのと、色々な長さのストローと
あとはカラフルなビーズなどを針金に通して、
自分の好きなところでぐにゃぐにゃに曲げてかたちを作ります。
好きなところで曲げられるので、
立方体や、動物にできたりします。

上から吊るして見る角度を変えると、
また違った形に見えたりして
作品へのイメージがどんどん膨らんでいきました。

1811223.jpg 1811221.jpg 1811222.jpg

参加者が帰ったあとの振り返りでは、
知的な障がいのある青少年の余暇活動の場について
卒業論文を書いたボランテンィアが由井さんも交えた
他のメンバーに対して発表を行い、
ミニボランテンィア研修をしました。

東山アートスペースでは、
参加者の作品作りのサポートをするボランテンィアスタッフを募集しています。
興味関心のある方は、東山青少年活動センターまでお問合せ下さい。

posted by ひがせい at 13:11| Comment(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月18日

THE GO AND MO'S の挟み込み

東山のおススメ公演、THE GO AND MO'S「岡本の耳」の挟み込みは
11月22日(木)の21時(開館時間中)までに、
100部を東山センターの事務所まで届けてください。
挟み込み作業は、主催者の方で行ないます。
公演は、11月24日(土)・25日(日)の3回公演です。

水曜日は休館ですのでおまちがいなく。
開館時間は午前10時から午後9時(日曜は午後6時)までです。
よろしくお願いします。

posted by ひがせい at 09:56| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

DS-1(ダンススタディーズ1)#3、参加者募集中です!

現在参加者募集中の「DS-1(ダンススタディーズ1)#3」の、
申し込み締め切りは11月25日(日)となっています。
このプログラムに少しでも気になられた方、
何か新たらしいことを始めたいと思っている方、
一歩踏み出すチャンスとして、ぜひ積極的に考えてみてください。
新しい人との出会いで、今までとは違った世界が
広がるかもしれません!
この機会にぜひご参加ください。
お申し込みはお早めにお願いします。

1811172X.jpg 1811173X.jpg
                  
昨年度の修了公演から

昨日(11/16)、合同説明会を開催しましたが、
これからお申込みいただく方には、
個別の説明会をさせていただきます。
どうぞよろしくお願いします。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。
※連絡メールもこちら から簡単にできます。

posted by ひがせい at 14:44| Comment(0) | ▼ダンススタディーズ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

THE GO AND MO'S「岡本の耳」@東山のおススメ

181117.jpgTHE GO AND MO'Sは、
1996年旗揚げの劇団
「ベトナムからの笑い声」を前身とした、
黒川猛によるパフォーマンス
企画ユニットです。

一貫して「笑い」がテーマ。
コント、落語、漫談、映像、音楽、体操、
詐欺、その他ありとあらゆる手法で
新しい「笑い」を模索しています。

今回は「かつてないほどくだらない
新作コント集!」です。
・・・本当にくだらないです。
もちろんいい意味で。
くだらない、を笑う試みです。
「ああ、なんてバカバカしいんだ」
「なんでこんなしょうもないことを、
こんなに全力でやっているのだ」を、笑う。

ぜひとも若い皆さんに私たちの「笑い」を
体験していただきたいと思っています。
ぜひ目撃しに来てください!

【日時】 
11/24(土)14:00/18:30
  25(日)13:00
  (受付・開場は開演の30分前)
   ※上演時間約90分

【会場】京都市東山青少年活動センター 創造活動室
     (東山区東大路五条上ル 東山区総合庁舎北館2F)

【料金】予約(本番前日の22時まで受付) 1,000円 / 当日 1,500円
     ペア割引(本番前日の22時まで受付)1,500円

公式サイトはこちら
facebook はこちら
Twitter はこちら

posted by ひがせい at 13:52| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

「ホップ・ステップ・タイム!」参加者募集中

181116.jpg人それぞれ違う歩幅を持っていて、
踏み出した分は、あなたの一歩に違いありません。
ホップ・ステップと歩んできて、その次は・・・。
このあたりで一度、あなたのからだと
向き合ってみませんか。

〜プログラムを簡単にご紹介〜
大きく息をすって、はいて、リラックス。
身体が硬くても大丈夫。
 ゆっくり伸ばして整える、からだが喜ぶストレッチ。
一度言ってみたかった、マンガやドラマの
 あのセリフ・心のつぶやきを声にしてみよう。

<体験会>
日程:11月22日(木)
時間:14時〜15時30分
場所:東山青少年活動センター
料金:無料

<今後の日程>
全4回:12月20日(木) 、1月17日(木) 、2月21日(木)、3月21日(木)
時間:14:00〜15:30 (各回)
場所:東山青少年活動センター
料金:500円(全4回分)

<講師>
大熊ねこさん
京都を拠点に活動する劇団「遊劇体」所属
2007年 第9回関西現代演劇俳優賞女優賞受賞
2009年 ワークショップデザイナー取得
現在は演劇初心者から俳優、小中高校生に向けて
演劇ワークショップ指導に携わる。

<対象>
京都市に在住・在学・通勤・通院している13歳から30歳の方
(子ども若者総合相談窓口・京都サポートステーションに
登録されている方は39歳まで可。
保護者等との見学も可能です。お問合せください。)

<定員>
各回10名程度

<申込み>
直接来館、電話(075‐541‐0619)、メールでのお申し込みは、こちらから

<お問合せ>
京都市東山青少年活動センター
TEL : 075‐541‐0619 MAIL : higashiyama@ys-kyoto.org

posted by ひがせい at 18:33| Comment(0) | ⇒参加者募集(終了分) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

18からだではなそうBコース、5回目(10/27)

今回は創造活動室を使います。
天気が良く、室内に入る日光がまぶしいです。

新しい参加者とスタッフを迎えた
この日の最初はペアのストレッチから。
脚、背中、腕など全身を伸ばしていきます。
続いては、自分の身体に力を溜めます。
そして、声を使わず表情や身体の動きだけ使い、
左右上下に力を送ります。
前半の最後は、他者に向かって空気を送り合いました。

1811122.jpg 1811123.jpg 1811121.jpg

休憩後の後半は風船を使った活動です。
風船を使って創作的なダンス (動き) を考えたり、
空気が抜ける時に高く飛んでいく風船の様子を楽しんだりと、
様々な楽しみ方をみんなで見つけました。
最後にはみんなの円の中で、
風船をパスし合う共同運動で活動を締めくくりました。
風船という割れやすい素材だけに、
みんな丁寧に扱いながら楽しむ様子が印象的な回でした。
もちろん一つも割れることはありませんでした!

現在、からだではなそうでは、高校生年齢から約30歳までの
ボランティアスタッフを募集しています。
活動に興味がある方は、お気軽に東山青少年活動センターへお問合せください。

posted by ひがせい at 19:10| Comment(0) | ▼からだではなそう(2006〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

未来のわたし−劇場の仕事−後期参加者募集開始!

ロームシアター京都と京都市ユースサービス協会の連携事業として、
昨年および今夏に引き続き「未来のわたし-劇場の仕事-」を実施します。

ロームシアター京都は、2016年のリニューアルオープン以来、
国内外の一流のアーティストによる音楽、演劇、ダンスなどを
たくさん上演してきました。
さまざまな作品が上演される劇場では、
観客席から見える出演者たちだけではない、
いろいろな仕事があり、多くの人たちが働いています。
この講座では、そんな劇場の創造の現場を紹介し、
体験してもらいます。
今回、舞台作品の創作そして本番の現場を研修の場に選びました。
京都を拠点に世界で高く評価されている「木ノ下歌舞伎」という
劇団とロームシアター京都がともにつくる新作です。
この講座をきっかけに、劇場で働く、「未来のわたしの姿」の
イメージを膨らませてみませんか?

後期/演劇編

■日程:2019年1月19日〜2月16日

1月19日(土)14:00〜16:30 講座@「劇場の役割、劇場の仕事T」 
1月21日(月)18:30〜21:00 講座A「劇場の仕事U」
1月25日(金)18:30〜21:00 講座B「劇場の仕事V、バックステージツアー」
1月26日(土)14:00〜16:30 講座C「劇場の仕事W、創作の現場」
2月 7日(木)〜9日(土)17:00〜21:00(予定)D「リハーサル見学」
(いずれか1日以上)
2月10日 (日)〜11日(月・祝)E本番案内業務、本番鑑賞(いずれか1日以上)
2月16日(土)14:00〜16:00 Fふりかえり・まとめ
※上記の他、希望者には講座外で制作補佐業務を体験いただきます。

■会場:ロームシアター京都、京都市東山青少年活動センター

■対象:創造活動(音楽、演劇等)および
それを支える仕事(技術スタッフ、プロデューサー等)に
興味関心のある、京都市在住、在学、在勤の15歳(中学生不可)〜30歳の方
※本講座は初心者向けですのでお気軽にご応募ください。

■参加条件:@〜Fの全7回中、5回以上参加でき
講座Cおよび最終回のふりかえりに必ず参加し、
D(2月7日〜9日)の期間に1日以上、
E(2月10日、11日のどちらか)に参加できる方。

■講師:橋本裕介(ロームシアター京都プログラムディレクター・事業担当課長)、
宮ア刀史紀(ロームシアター京都管理課長)、丸井重樹(ロームシアター京都)、
武田知也(ロームシアター京都)

■定員:20名(応募者多数の場合、書類選考させていただきます)

■参加費:2,000円(保険代込)

■申込方法:
(インターネット)このページ下にある応募フォームより応募
(郵送・持参)配布中のチラシにある応募フォームに必要事項を記入の上、
京都市東山青少年活動センターにて受付。

〒605-0862 京都市東山区清水5丁目130番地の6(東山区総合庁舎内2階)
京都市東山青少年活動センター「未来のわたし-劇場の仕事-」係 宛
持参の場合、平日10時〜21時(水曜除く)および日・祝10時〜18時に受付。

■申込締切:12月21日(金)⇒平成31年 1月10日(木)必着
(WEBフォーム申込みの場合23:59まで)

■お問合せ:
申込みに関して ⇒京都市東山青少年活動センター TEL: 075-541-0619
講座内容に関して⇒ロームシアター京都 TEL:075-771-6051

主催:ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)、
公益財団法人京都市ユースサービス協会、京都市

※応募フォームはこちらから

miraichira.jpg
posted by ひがせい at 12:14| Comment(0) | 未来のわたし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

DS1#3、説明会のご案内

現在参加者募集中の「ダンススタディーズ1(DS-1)」。
その説明会の日が、一週間前になりました。

からだを動かすこと、からだはどう動くのか、
リラクゼーション、人との出会いや交流、
短い間だけれども自分のからだと向き合う経験、

こうしたことに少しでも気になられた方、
新たに何か始めたい方、ダンス創作を通して
一歩を踏み出すチャンスに、ぜひご参加ください。

説明会への参加は、お早めにお申し込みください。

DS-1 説明会
11月16日(金)19:00〜20:30

DS-1 についてお知りになりたい方、応募フォームはこちらをご覧ください。


posted by ひがせい at 20:36| Comment(0) | ▼ダンススタディーズ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

睡眠時間公演 「199●-201●」」@Stage Support Plan(1st. step)

181109.jpg睡眠時間公演 「199-201」のご案内

私は1998年に生まれました。
「噂だけの世紀末」はないけれど、
世紀末は近づきつつあるんじゃ
ないでしょうか。
90年代が好きです。
そして、今とつながる側面が
多いのではないかと、
今の私は、考えています。
ここは、私たちの身体と、
90年代という時代を
重ね合わせることにしてみましょう。
平成最後の年に行う新しい探求に、
みなさま、ぜひお立ち会い下さい。
             
              作・演出 小原藍

【日時】 
11/16(金)18:30
   17(土)14:00/18:30
   18(日)13:00
  (開場は開演の30分前)

【会場】京都市東山青少年活動センター 創造活動室
    (東山区東大路五条上ル 東山区総合庁舎北館2F)

【料金】前売 500円/当日 800円
    
※チケット予約はこちらから

posted by ひがせい at 14:19| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

睡眠時間公演の挟み込み

睡眠時間公演「199−201」の挟み込みは
11月15日(木)の12時(開館時間中)までに、
150部を東山センターの事務所まで届けてください。
挟み込み作業は、主催者の方で行ないます。
公演は、11月16日(金)〜18日(日)の4回公演です。

水曜日は休館ですのでおまちがいなく。
開館時間は午前10時から午後9時(日曜は午後6時)までです。
よろしくお願いします。

posted by ひがせい at 13:58| Comment(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

18からだではなそうAコース、5回目(10/13)

今回のからだではなそうは、準備体操が終わると、
「秋に収穫できるものって何があるやろう?」という
ナビゲーターの問いかけからスタートしました。

「りんご!」
「“しゅうかく”って何ですかぁ?」
「きのこ」
と、あちらこちらから返答が。

果物をもいだり、野菜役になりきった人を収穫したりと
参加者から出てきた、さまざまな野菜や
果物を収穫するときの動きをつなげて、
『秋の収穫ダンス』を創り上げました。

181106J.jpg 181106G.jpg 181106H.jpg

次は、大きな布を使ったワークです。
創造活動室だったこともあり、マントのように持って、
なびかせながら走り回ったり、
布の踏み合いっこをして逃げ回ったり、
布に人を乗せて運んだり・・・。
布を結んで繋げて綱引き勝負をしかける参加者もいました。
いろいろなものに姿を変える大きな布を使ったワークは、
参加者から様々な表情を引き出しました。
参加者もボランテンィアもナビゲーターもみんな、
終わったあとは汗だくになっていました。

現在、からだではなそうでは、高校生年齢から約30歳までの
ボランティアスタッフを募集しています。
活動に興味がある方は、お気軽に東山青少年活動センターへお問合せください。

posted by ひがせい at 18:00| Comment(0) | ▼からだではなそう(2006〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユスカル!(若者文化市)開催しました!!

一昨日(11/4)、若者文化発信事業、「ユスカル!」(若者文化市)が、
ロームシアター京都のノースホール(及びプロムナード)や
ローム・スクエアなどで盛大に開催されました。
このイベントは、京都市と京都市ユースサービス協会の主催、
そして、今年45周年を迎えた京都洛北ロータリークラブの共催で、
文化を通して、若者のエネルギーを感じていただける
一日にしようと企画されたもので、
前年度(今年2月)に東山青少年活動センターで
行われたプレイベント「若者文化市」を経て実現したものです。

181106.jpg

ユスカル!は、「若者のミカタ(見方・味方)」をテーマに、
ダンスやダブルダッチ、音楽演奏を初めとするパフォーマンスと
アート作品展示、手づくり市など、
多彩な分野で若者の力を発信しました。

181106D.jpg 181106B.jpg 181106A.jpg

アート作品については、表彰式があり、
会場には門川市長、寺田市会議長、
京都洛北ロータリークラブ会長の安保さんにお越しいただき、
京都市長賞、京都洛北ロータリークラブ会長賞ほか、
来場のみなさんによる投票で選ばれた
特別賞も贈られました。

181106F.jpg 181106C.jpg 181106E.jpg

たくさんの方々にご来場いただき、
文化発信を通して若者の力が発揮され、
ご来場いただいた多世代の市民の方々と
交流することができました。

参加者のみなさま、ボランティアのみなさま、
関係者、ご協力いただいたすべての方に
感謝いたします。

posted by ひがせい at 14:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

ユスカル!の準備、まだまだ続く

いよいよ、11月4日(日)に迫ってきた、ユスカル!。
10月に入ってから、作製物の準備で忙しく、
連日、ボランティアの方々が作業を重ねています。

1811011.jpg 1811013.jpg 1811012.jpg

ノースホール関係では、デジタルアートに使用する
大きなスクリーン(3×5m2枚と4×5m1枚)作製のため、
ミシンを使った布の製縫作業。
ホール入り口を入ってすぐ、ステージに向かうまでの
黄色い道の装飾のため、集めた黄色いグッズのパネル配置。
「共創アート」と題したクリエイターとファンを繋ぐ
アートパネル作品展示のパネル作製(約121枚)。

ローム・スクエア関係では、ユスカル・チャレンジコーナーに
必要な4枚のパネルを立てるための人形づくり(12本)と、
チェックやストライプのデザインに合わせた色塗り。
その他、案内用の掲示物や案内板の作製・色塗り作業などなど・・・。
そして、今日のメインは、手づくり市や、
救護・インフォメーション用のテントを
組み立てる練習を、ロビーで行いました。
2分で組み立て完成とありますが、
慣れるまでは2分では無理でした。

明日は、いよいよ搬入の2トントラックが
東山センターに到着するため、積み込み品の残りの製作、
リストの最終確認などを行っています。

posted by ひがせい at 20:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする