2019年06月03日

2019中劇研のリハ、第二日目

昨日(6/2)、前日の土曜日に引き続き、中劇研
春の合同発表会のリハーサル2日目が行われました。
この日の参加校は、洛北中学校、音羽中学校、
松原中学校の3校でした。

ちなみに、中劇研春の合同発表会は、2002年から東山センターで
実施していて、結構長くやっているのですが、
今までにほとんど観たことのない光景に遭遇しました。
宝塚っぽくも、劇団四季っぽくもありませんでしたが、
これはミュージカル? というテイストのお芝居にびっくり。
みんな歌って踊ってました。

1906032.jpg 1906031.jpg 1906033.jpg

前回も書いたとおり、リハーサルの時間の使い方の基本は、
まずは用意された明りの確認と
音響のレベルチェック、音照変化のきっかけ合わせ、
その後、音・照を入れたゲネを行なうという手順ですが、
今回は最後にゲネをするというよりも、
通しながら気になるところは止めて再確認していく
学校が多かったように思います。

暗転中のものの移動の練習、そして板付きまで。
秒数をカウントして、できる限りその秒数をつめる
練習に取り組んだ学校もありました。

出演校9校のうち、7校のリハが終わりました。
残りは京都文教中学校と洛星中学校の2校となりました。

posted by ひがせい at 20:01| Comment(0) | ▼学校との連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする