2019年09月14日

からだではなそう Bグループ8月(8/24)

東山青少年活動センターでは知的な障がいのある青少年の余暇活動と
成長支援を目的とした“からだではなそう”という表現活動をしています。

最初にみんなの調子を聞いてからストレッチが始まります。
上半身、脚、腕を伸ばします。身体がほぐれたところでジャンプに移ります。
今日はなんだか動きもスムーズです。何人かはキレッキレのジャンプを披露!
大きな動きの次は,後ろに立った人の気配を感じる静な遊び。
近づいたかな遠ざかったかな、肩に触れられたかななど、繊細な感覚を意識します。
続いて大きな絵本を使ってみんなで回し読みます。
作品は「モチモチの木」で、みんなは雰囲気が出るような読み方を工夫していました。
最後に懐中電灯で手の影遊びをして前半が終了です。

1909141.jpg 1909142.jpg 1909143.jpg

休憩を挟んだ後半は,影遊びの続きです。
今度は身体全体をライトで照らし影を楽しみます。
自分の影と人の影形も大きさも違いますね〜。
最後にお化けの仮装大会で活動をしめました。


現在からだではなそうではボランティアスタッフを募集しています。
これからボランティア始めたいと思っている方、活動に興味がある方、
福祉の分野を学んでいる方はお気軽に東山青少年活動センターへお問合せください。

posted by ひがせい at 11:16| Comment(0) | ▼からだではなそう(2006〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする