2020年01月17日

第13回冬劇祭のリハーサル3,4

昨日(1/16)は同志社高校と今年初参加のもう1校、
堀川高校のリハーサルが行われました。

部員が少ないからなのかは不明ですが、
堀川高校は2人芝居で、音照を顧問の先生が
独りで担当されていて、オペが大変そうでした。
(塔南高校も1人芝居でした。)
それでも役者の2人はしっかりと声を出して
舞台に立てていたと思います。

2001171.jpg 2001172.jpg
2001173.jpg 2001174.jpg

部員数が少ないという訳ではありませんが、
音響は顧問の先生が担当されていました。
きっかけ合わせは、演出担当の生徒さんが
大きな声を出しててきぱきと指示出しをしていて、
緊張感のあるリハーサルでした。

本日(1/17)は残り2校、鴨沂高校と西乙訓高校の
リハーサルが行われます。
鴨沂高校はサウンドチェックときっかけ合わせを
急いで終え、最初から通しました。
現在、最後の西乙訓高校のリハが行われています。

そして、明日からいよいよ冬劇祭の本番が始まります。
高校演劇部10校の競演です。
ぜひ、足をお運びください。

posted by ひがせい at 14:35| Comment(0) | ▼学校との連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする