2020年03月10日

東山アートスペースAコース(12/1)

参加者のみなさんが、人工的な素材だけでなく、
自然の素材にも触れながら創作に取り組めるようにと
今月は、松ぼっくりや木の枝などの素材のメインに
クリスマスオーナメント作りを実施しました。
公園で松ぼっくりを拾ってきてくれた
ボランティアスタッフもいました。

参加者のみなさんは、活動が始まると
「まつぼっくりだー!」と早速手に取って
いろいろな角度から観察していました。
グルーガンでやけどをしないように気を付けながら、
素材同士をくってけて、かわいいオーナメントを作りました。

2003103.jpg 2003102.jpg 2003101.jpg

中には、松ぼっくりと木片を組み合わせて
「アシカ!」「クモ!」と次々とたくさんの生物を作っていく人も。
全く同じものがない自然界の素材の
大きさや色、かさの開き具合などの微妙な違いを見定めながら、
生物の特徴を捉えた作品ができあがりました。

東山アートスペースでは、
参加者の作品作りのサポートをする
ボランテンィアスタッフを募集しています。
活動に興味のある方は、東山青少年活動センターまで
お気軽にお問合せ下さい。

さらに、東山青少年活動センターでは、
東山アートスペースの活動報告冊子を販売しております。
知的な障がいのある青少年の表現活動や
居場所づくりに興味のある方は、ぜひお買い求めください。

posted by ひがせい at 17:58| Comment(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする