2020年08月30日

50周年記念事業、思い出の写真の新聞記事

開館50周年記念事業の一環として
7月末より始まった思い出の写真の展示。

数日前に写真募集の記事が新聞掲載されたことで、
「新聞見ました」と言って、ロビーの展示写真を
見に来ていただく方が、少しずつ増えてきました。

先日は、すでに退職した先輩職員からの郵送で、
思い出の写真が届いたり、今日は別の先輩が
直接訪ねて来てくれました。
近くに顔を寄せ、ゆっくりと順番に写真を覗き込み、
ここに「誰々が写っている!」と教えてくれたり、
初期の頃の青年の家のことについても、
思い出を語っていただき、それと共に新しい発見もありました。

このプログラムには、高校生ボランティアが参加しています。
そのことは、新聞ではほとんど触れられていませんが、
生まれる前のはるか昔のことを、写真を見ながら想像し、
遠い昔の青年たちの青春時代に思いを馳せて、
取り組んでもらっています。

Item 51:2020年(令和2年)8月26日(水) 京都新聞朝刊
創立50年 思い出写真募る】をスクラップしておきます。
posted by ひがせい at 18:01| Comment(0) | Scrapbook(新聞の切り抜き) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月24日

50周年記念、思い出の写真

50周年記念事業の一環(第一弾)として、7月末より、
”思い出の写真”を集めています。

センターに残されているたくさんの写真と
みなさまから寄せられた写真1枚1枚を
赤レンガに見立て、旧庁舎の入口の壁を
再現したものが、ロビー壁面の白布に
日々更新されています。

2008242.jpg 2008241.jpg

旧青年の家には、開館以来30年間居て、
2001年にリニューアル・オープンした
現庁舎に移って、来年の3月で20年となります。
旧庁舎に30年、新庁舎に20年、合計50年です。

”思い出の写真”は旧庁舎のものでも、新庁舎のものでも
どちらでも構いません。
建物の写真やセンターの活動に関わるものであれば
なんでもOKです。

ぜひ、あなたの”思い出の写真”をお寄せください。
応募の方法など、詳しくはホームページをご覧ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

posted by ひがせい at 15:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月23日

ロビープログラム「EP(エピ)」

6月からアンケート企画実施中です!
これまでのテーマは、
第1弾「みんなのおうちじかん」

20200822_1.jpg

第2弾「1度は訪れてみたい名所」

20200822_2.jpg

第3弾「叶えたい夢」

20200822_3.jpg

そして、第4弾。テーマは「もしもコロナじゃなかったら、やりたいこと」です。

20200822_4.jpg

今回からEPボランティアが参加して、
一緒にテーマを考え、看板づくりをしました。
ロビーにお越しの際は、ぜひご参加ください。
テーマは定期的に変わりますので、そちらもお楽しみに。
また、アンケートなどのプログラムの企画や、
居心地よく過ごせる空間づくりを
お手伝いしてくれる方(EPボランティア)を、
絶賛募集中です。
ご興味のある方は、一度お問い合わせください。



posted by ひがせい at 11:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月22日

演劇制作者、垣脇さんの分岐点アップです!

MONOだけではありません、
幅広く演劇制作に携わっておられる、
垣脇純子さんに、書いていただきました!

人生に迷ったら、ふと立ち止まって読んでみて、
というのが、分岐点の趣旨です。
今まで大勢の方々に書いていただきましたが、
大学進学時の分岐点は初めてではないでしょうか。
たいへん興味深い内容となっています。

それでは、例によって冒頭の部分だけ。


これまでの中で一番「迷った」と思われる高校時代のことを。

高校では美術部と放送部に入っていました。
美術部ではおもに油絵を描いて、放送部では
ドキュメンタリー的な番組を作って大会で発表して。

続きは、こちらをご覧ください。

posted by ひがせい at 15:48| Comment(0) | 分岐点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月20日

令和2年度東山アートスペーススタート!

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、
例年よりも大幅に遅れておりましたが、
8/9(日)に今年度最初の活動を実施しました。
今年度は、単発プログラムからのスタートです。

今回のプログラムでは、手洗い用のポンプ式容器を
土台にして、アマビエを作りました。
アマビエとは、疫病をおさめると言われている日本の妖怪です。
プログラム内容は、ナビゲーターとボランティアが
アイデアを出し合い、企画しています。
このプログラムには、メンバーが健康でいられるように、
家でも使えるようにして手洗いがより楽しくなるように、
というナビゲーターとボランティアの想いが込められています。

2008185.jpg 2008184.jpg 2008186.jpg

布を素材に使うことにしたメンバーは、
こだわって選んだ光沢のある黒い布を巻いて洋服のようにしていました。
石鹸に見立てた粘土を容器に入れたり、
果物ネットを容器に被せてビーズをくっつけてウロコのようにしたり。
一人一人違った表現でアマビエを作っていました。
ぜひお家でも使ってくださいね。

東山アートスペースでは、参加者の作品作りのサポートをする
ボランティアスタッフを募集しています。
活動に興味のある方は、東山青少年活動センターまで
お気軽にお問合せ下さい。

posted by ひがせい at 10:00| Comment(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月16日

令和元年度アートスペース作品展終了

7月11日から創造活動室にて開催していた
令和元年度アートスペース作品展「わたしたちの日曜日」は、
7月24日に終了しました。
梅雨と重なり、足元の悪い日が続きましたが、
ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。
いただいた感想をいくつか紹介させていただきます。

2008181.jpg 2008183.jpg 2008182.jpg

「普段は見ない個性豊かな作品を見れて、
 想像力が広がっている感じがしました。
 独創的な作品ばかりでおもしろかった。
 いろいろな材料をつかってつくっているところが、
 アートに感じました。」

「利用者の方の個性が良い意味でかなり溢れていますが、
 それを支えるスタッフの方々のサポートも、
 作品ひとつひとつから感じられました。
 美術が苦手だった私にとっては、『アート』と
 いうものを縁遠く感じていましたが、
 他者とのコミュニケーションツールの1つとして、
 実践できる機会を作ってみたいな、とも思うようになりました。
 また来年度も楽しみにしています。」

「作品もすてきだったのですが、
 展示の仕方、魅せ方、空間がよかったです。
 たまたまみつけたのですが、つい足が引き込まれました。」

posted by ひがせい at 15:11| Comment(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月10日

日常にあるアート

青少年活動センターロビーでは、大きな机があります。
新型コロナウィルスの感染症予防の対策のひとつとして
椅子の数を減らし、間隔を開けてご利用いただいていますが
フィルム付きの飛沫防止パーテーションを設置することで
向かい側に座った人への配慮をしています。

パーテーションは真っ白な段ボールが素材になっています。
せっかく白いので、そこをキャンバスに見立て
昨年度にロビーで展覧会を開催した『かもさん同盟』の方たちに
ペインティングをお願いしました。

200810_0.jpg 200810_1.jpg 200810_2.jpg

2つあるパーテーションの内、まずは小さい方から取り掛かりました。
たくさんのペンを使い、立体になること、季節感や座る人が見ることも考えて
創作に取り組んでいました。
かもさん同盟の特徴は、キャンバスと向き合った時の
インスピレーションでそれぞれが思い浮かんだものを描き始めます。
下描きをするわけでもなく、いきなり本番です。
綿密な打ち合わせをしたわけでもないのですが、
1つの作品として観たときに、何かしらのつながりを感じます。

200810_3.jpg 200810_4.jpg 200810_5.jpg

創作途中の段階のものを設置し、利用者の方に見てもらいながら
都合のいい日に来てもらって、創作は続きました。
点描画を見て、自分のノートに真似て描いている小学生もいたり
気づいたら、絵が増えているという時間の経過も楽しみながら
過ごしている中学生の様子も見られました。
納得いくまで描き、やっと完成しました。創作時間は20時間!(4時間×5日間)

200810_6.jpg 200810_7.jpg 200810_8.jpg

ロビーに置いてみるととても賑わいがあり、柔らかい雰囲気ができました。
水族館に来たような感覚がもてたり、ほっこりする気持ちになったりと
アートが身近にあることで、気持ちが少しでも穏やかになって
このパーテーションを前向きに受け入れてもらえることができています。
次は大きな方に取り掛かります。
ロビーに来られた際はぜひご覧ください!



posted by ひがせい at 17:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする