2020年11月29日

ダンス スタディーズ1(♯5)が始まりました!

11月27日(金)よりダンススタディーズ1が始まりました。
初めての出会いに参加者も、
新しいことが始まる楽しみと緊張感が、表情から感じられました。

まずは、準備体操から。
ヨガの要素を取り入れた体操は、
身体だけではなく、心の緊張もほぐしていきます。
動きを作っていくワークでは、
自己紹介の要素も取り入れたこともあり、
身体を動かしながらお互いを知り合うことができました。
全員にまわるようにこれからも各回で取り上げていき、
そこから生まれた動きを一つにつなげていく予定です。
参加者からは「どんなものが生まれるのが楽しみ」「覚えられるかな?」
という声が聴かれました。

その後、創造活動室を広く使ったワークを行いました。
活動終わりには、息の上がっている参加者もいましたが、
「こんなに動いたのは久しぶりだ」と爽やかな表情で初回の感想を共有していました。

201129_1.jpg 201129_2.jpg 201129_3.jpg

現在、ダンススタディーズ1は参加者を12月3日まで継続募集しています。
コンテンポラリーダンスに興味のある方、何かに取り組んでみたい方、
創作を体験したいといった方など、お気軽にお問い合わせください。

posted by ひがせい at 13:05| Comment(0) | ▼ダンススタディーズ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月28日

ダンススタディーズ1の参加申込受付延長!!

まだ募集定員に達していないので、
継続して参加者を募集しています。
参加を希望される方は、お電話(075-541-0619:水曜休館)か、
応募フォームにてご連絡ください。

11月27日からワークショップが始まっていますが、
まだ始まったばかりなので、今からでも参加していただけます。
受付締め切りは
12月3日(木)になります。

尚、説明会は随時、個別にさせていただきます。
追加募集は先着順受付となりますので、お早めにお申込みください。
迷っていた方、最近プログラムを知ったという方、
ぜひ、この機会に参加を考えてみてください。

詳しくはこちら

posted by ひがせい at 18:29| Comment(0) | 参加者募集中! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月27日

ユスカル! パフォーマンス部門、参加者継続募集中

コロナ禍でパフォーマンスをする場がなかった方々に、
表現の場を提供し、音響と照明を入れて、
かっこいいパフォーマンス映像にします。
撮影したパフォーマンス映像は、編集後、
ユスカル! HPにて配信します(令和3年1月下旬予定)。

募集内容
・パフォーマンス時間は最大20分まで
・1組あたりの持ち時間は最大120分
 ※搬入・搬出、アドバイス、リハーサル、
  本番(撮影・パフォーマンス)等、全て含む。
・舞台の大きさ 約9m×5.4m(間口5間×奥行3間)
・楽器演奏はアコースティックに限る。
 和太鼓等の打楽器の使用はできません。
 ※その他上記への該当の有無が不明な場合は、お問い合わせください。
・撮影期間は令和2年12月21日(月)〜27日(日)の間で
 撮影可能な個人・団体
 ※水曜日は休館日のため除く。
・参加が決定した後、パフォーマンス映像の
 提出をしてください(映像の長さは20分以内)。
 映像はリハーサルをスムーズに進めるために提出をお願いします。
・音楽を使用する際の著作権について、
 許可のおりない楽曲の使用はできません。
撮影場所
 京都市東山青少年活動センター 創造活動室

募集期間
 令和2年12月3日(木)まで延長して受付中‼

募集数 
 5グループ程度

参加資格
 主に京都市内で活動している中学生年齢〜30歳までの
 個人またはグループが対象

参加可否
 11月26日以降の応募に関しては、申し込みから
 3日以内に連絡させていただきます。
 ※応募多数の場合は選考させていただきます。

応募方法
 東山青少年活動センターのホームページの
 専用申込フォームに必要事項を記入した上送信してください。

※郵送でのお申し込みの場合は、事前にお問い合わせください。
※申込用紙は東山青少年活動センター受付、
 市内各青少年活動センターにもあります。

posted by ひがせい at 16:51| Comment(0) | 参加者募集中! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月22日

ダンススタディーズ1の参加申込受付延長!!

11月17日(火)が受付締め切りに
なっていましたダンススタディーズ1。
まだ募集定員に達していないので、
継続して参加者を募集します。
参加を希望される方は、お電話(075-541-0619:水曜休館)か、
応募フォームにてご連絡ください。

11月27日からワークショップが始まりますので、
受付締め切りは
11月26日(木)になります。

尚、説明会は随時、個別にさせていただきます。
追加募集は先着順受付となりますので、お早めにお申込みください。
迷っていた方、最近プログラムを知ったという方、
ぜひ、この機会に参加を考えてみてください。

詳しくはこちら

posted by ひがせい at 18:19| Comment(0) | 参加者募集中! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月21日

アートスペース第1クールBコースA(10/25)

アートスペース第1クール、Bコースも引き続き運動会をしました!
コロナウイルスでほとんどの学校行事が中止になっているので
みんなでわいわいする雰囲気をつくれたらと思い企画しました。

ナビゲーターの出川さんが「オリジナルのメダルと
万国旗をつくろう」とみんなに呼びかけ、スタートしました。
金、銀、銅の好きな色を選び、絵の具や色付きの粘土で
カラフルなメダルを作りました。
万国旗づくりでは好きなキャラクターやアイドルを描いて
オリジナルの国を想定して作りました。
旗は、教室に飾られて運動会を演出するガーランドになりました。

2011211.jpg 2011212.jpg 2011213.jpg

運動会本編に入るとみんな大盛り上り。
『お母さんの鍋』という謎の競技にむけて食材集め、
部屋に散らばった野菜や魚や肉を拾い集めて準備完了。
すると三角巾とエプロンをつけたおかあさんが鍋を持って現れました!
その鍋に食材を投げ入れてカレーをつくろうという競技です!
一生けん命お母さんを追いかけまわしたり、ボランティアが持った食材を
はじいて鍋に入れたり、鍋いっぱいにカレーを作りました。
お母さんはボランティアが演じました。
「はあ〜忙しい、忙しい」と言いながら
ノリノリで演じていました!

参加者は自粛で持て余していたエネルギーを発散していました!
表彰式ではオリジナルのメダルを首にかけ、満足げな表情を浮かべていました。

東山アートスペースでは、参加者の作品作りのサポートをする
ボランティアスタッフを募集しています。
活動に興味のある方は、東山青少年活動センターまで
お気軽にお問合せ下さい。

posted by ひがせい at 12:25| Comment(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月19日

アートスペース第1クールAコースB(11/1)

第1クールAコース最後のアートスペースは、
ストーンアートでした! 文字通り石を使ったアートです。
ナビゲーターの松谷さんやボランティアが
大小さまざまな石を河原で集めてくれました。
見た目が地味な石ですが、いろいろなアートに返信していきました。

はじめに、ナビゲーターの松谷さんがボランティアの作った
試作の石を見せるとメンバーはみんな興味津々。
特にゾンビやジャックオランタンといった
ハロウィンにまつわるものや朝ごはんセットなどに
みんな興味を持っていました。

2011191.jpg 2011192.jpg 2011193.jpg

制作がスタートすると、それぞれ石の使い方が
違うのがおもしろかったです。
石全体に色を塗り動物や車など自分の好きなことにする人もいれば、
石を土台に粘土でつくった小さな動物や雪だるまを乗せて
ミニチュアのように表現している人もいました。
中にはたくさんの大きな石にそれぞれ違った色を塗って、
アイドルグループの嵐や女優さんを表現している人がいました。

発表では自分のつくったものを紹介するのに恥ずかしがりながら、
みんなの個性があふれていました。

東山アートスペースでは、参加者の作品作りをサポートする
ボランティアスタッフを募集しています。
活動に興味のある方は、東山青少年活動センターまで
お気軽にお問合せください。

posted by ひがせい at 18:07| Comment(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月16日

演劇合同発表会の2日目

昨日(11/15)は、中総文(京都市中学校総合文化祭)の
演劇合同発表会の2日目が行われました。
2日目は、洛星中学校、同志社国際中学校、洛北中学校の
3校の公演が行われました。

公演終了後、審査員講評が行われました。
審査員を務めたのは、田中遊さん(正直者の会)と
中村彩乃さん(安住の地/劇団飛び道具)のお二人。
例年ですと、参加校の全員(100名近い人数)が
創造活動室に集まって講評を聞いていましたが、
コロナ禍の今年は、密集を避けるため、
各校の代表者と顧問の先生のみで行われました。

2011151.jpg 2011152.jpg 2011153.jpg

講評といっても対話形式に重点が置かれ、
審査員からは、こういう風に見えた・感じられたけど、
実際のところはどうだった? とか、どういう意図があったの?
など、演じた側の意見も聞きながら、
その分ゆっくりと時間をかけてアドバイスをされていました。
アドバイスは、間の取り方で空気感が変わること、
戯曲構成のポイント、スタッフワークのことなど、
多岐にわたっていました。

講評終了後、担当(同志社国際と京女)の生徒さんたちのお手伝いで、
バラシを行なって、2日間の日程を終了しました。
公演にかかわっていただいたみなさま、お疲れ様でした。

成績は以下の通りです。
最優秀校:音羽中学校
優秀校 :立命館中学校・洛北中学校
優良校 :京都女子中学校

posted by ひがせい at 16:45| Comment(0) | ▼学校との連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月14日

演劇合同発表会、開催中です!

中総文(京都市中学校総合文化祭)の演劇合同発表会が、
本日11/14から2日間、開催中です。
コロナウイルス感染拡大防止のため、
観劇できるのは関係者のみとなっております。
残念ながら一般のお客様はご覧になれませんので、ご了承ください。

2011154.jpg 2011155.jpg 2011156.jpg

会場内は、舞台から客席まで、
観客間の距離を保った座席配置で30席ほどです。
いつもと比べると少々さみしい客席ですが、
観に来られた方はいつもと同じか、
いつも以上に熱い視線を送っていたように感じました。
今日は松原中学校、修学院中学校、立命中学校、
京都女子中学校、音羽中学校の順に5校が公演。
役者の皆さんはマスクを着用、音響・照明さんも
ビニール手袋をしてオペレーションしています。
いつもと違って不自由なことも多い中、
どんな状況にもめげず精一杯な姿は素敵です。
公演が終わるごとに観客入れ替えの誘導や換気、そして消毒作業・・・。
舞台監督や先生たちも総出でコロナウイルス
感染防止対策をしながら開催中です!

posted by ひがせい at 17:58| Comment(0) | ▼学校との連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西京高校(定時制)での演劇ワークショップ

11月9日、西京高校(定時制)を訪れました。
教育委員会と西京高校(定時制)からの依頼で、
文化祭のプレイベントとして、先生向けと
生徒さん向けの演劇ワークショップを行うためです。

依頼があったのは9月の初め頃で、それから開催場所の確認も含めて
4回ほど打ち合せをして、ワークショップ本番に臨みました。

令和3年4月に、西京高校と伏見工業高校の定時制が統合され
新しい学校ができるため、西京高校(定時制)3学年の
生徒さん全員がそろった文化祭は今年が最後ということで、
この文化祭を通して一体感が生まれないか、
普段あまり目立たない生徒がはっちゃけるようなきっかけとならないか、
それに何より、クラス演劇の発表に役立つ、
知識や技術を学ぶ機会としたい、という3点が
学校側からの主な要望でした。

2011121.jpg 2011122.jpg 2011123.jpg

そこで、演劇ワークショップの経験があり、センター主催の
演劇ビギナーズユニットのプロデューサーや講師をお願いしている
パンダさん(遊劇体)と高杉さん(サファリ・P)に
今回の依頼のワークショップ講師をお願いしました。

学校からの要望を伝え、センターからの提案も受けて、
高杉さんはオリジナル脚本を書くことに。
執筆当初は、高杉さんとパンダさんの2人芝居だったようですが、
その後の展開から、もう一人役者が必要だということで、
中村さん(安住の地/劇団飛び道具)が加わりました。

演劇ワークショップの冒頭に生徒さんたちに観ていただいたお芝居は、
2020年のコロナ禍に、文化祭での出し物の練習をする高校生だった頃を
回想する、結婚を控えた2人の同級生、という内容でした。
その後のワークショップでは、会場の生徒さんにも
舞台に上がっていただき、いくつかのシチュエーションで
即興で演じていただきました。
また、観ていただいたお芝居に参加する形で、
15人の生徒さんには割り台詞をいっていただいたり、
最後は会場の全員が立ち上がり、最初のお芝居で使われていた
決めポーズを取って台詞をいっていただきました。

続きを読む
posted by ひがせい at 10:57| Comment(0) | ▼学校との連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月13日

ダンススタディーズ1合同説明会開催しました!

本日19時より、ダンススタディーズ1の合同説明会を開催しました。
ナビゲーターのダンサーお二人の自己紹介、
ダンスの魅力は? といったことも、
それぞれの体験や思いで伝えていただきました。

参加した方々には、コンテンポラリーダンスについてや、
ナビゲーターの役割、約4か月のプログラム内容や
スケジュールを聞いていただきました。

明日からは個別での説明会を行います。
参加希望の方、まだ迷われている方も、
この機会にぜひお申し込みください!

この冬、新しい出会いや出来事、
知らなかった自分の身体と出会えます。
詳しい日程や申し込みはこちら

201113.jpg


posted by ひがせい at 21:33| Comment(0) | 参加者募集中! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月12日

アートスペース第1クールAコースA(10/4)、運動会をしました!

今回のアートスペースは新企画、運動会です!
アートなのに運動会? と不思議に思うかもしれませんが、
今回はただの運動会ではなく自分たちのつくったもので
演出しながら運動会を行います。

まず、ガーランドとオリジナルのメダルづくり。
オリジナルの模様が描かれた国旗が
部屋の天井につるされました。

作品作りが終わるといよいよ運動会のスタート!
まずは、追いかけ玉入れから。
鍋を持ったおかあさんに扮したボランティアを追いかけて玉を入れていきます。
玉は、カレーの具を模したもので、全て入れればカレーが完成という設定です。
慌てたおかあさんの鍋に向けて具材をどんどん投げ入れていきます。
「全部なくなった!」という声がたくさん聞こえるぐらい、
みんな一生懸命がんばりました。

2011101.jpg 2011102.jpg 2011103.jpg

その後、宅配便リレーではリレーで空のダンボールを積み上げて
アンカーでは自分の身長よりも高くなりましたが、
他の参加者のアシストもあってゴールすることができました。

3つめの競技はムカデ競争。
2つの棒を4人で持って部屋を1周して廊下に出て
また返ってバトン(棒)を渡す、駅伝方式です。
保護者の方や他の参加者に拍手で見送られながら
4チームすべてゴールしました。

最後は表彰式で、みんなでつくったオリジナルメダルが
ナビゲーターの出川さんから首にかけられました。
運動会をして、みんなの一体感が高まった一日でした。

東山アートスペースでは、参加者の作品作りをサポートする
ボランティアスタッフを募集しています。
活動に興味のある方は、東山青少年活動センターまで
お気軽にお問合せください。

posted by ひがせい at 00:00| Comment(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月10日

アートスペース第1クールBコース@(9/20)

Aコースに引き続き、アートスペース、Bコースもはじまりました!
たいこづくりです。コロナの影響でお祭りが中止になることが多かったので、
その分アートスペースでたいこを作りお祭りの雰囲気を作ろうとがんばりました。
ナビゲーターの松谷さんが、参加者のみんなに試作品をみせてたいこを叩きました。
バチやバケツの大きさ、たいこの面の厚さなどで音が変わることを
紹介してみな作業に取り組みました。

2011141.jpg 2011143.jpg 2011142.jpg

たいこづくりでは参加者ごとにこだわるポイントが
違うところがととてもおもしろいです。
たいこのデザインにこだわりをみせて、オリジナルのキャラクターや
かわいい絵を描く人がいれば、たいこの音にこだわる人もいて
テープを貼って強化したり、和紙や折り紙を貼ったりして音を変えていました。
なかにはバチにこだわる人もいてキッチンペーパーの芯に
ビービー弾をつめてふたをしてたいこを叩くたびに
マラカスのような音がなるようにしていました。
最後は完成したたいこを発表しあいました。
参加者の発表に補足して一緒に作ったボランティアの方々が、
それぞれの作品のよいところを説明して、
作品のよさがより伝わって来ました。

東山アートスペースでは、
参加者の作品作りをサポートする
ボランティアスタッフを募集しています。
活動に興味のある方は、東山青少年活動センターまで
お気軽にお問合せください。

posted by ひがせい at 12:16| Comment(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月08日

演劇合同発表会のリハーサル、2日目

昨日から、中総文(京都市中学校総合文化祭)
演劇合同発表会のリハーサルが始まりましたが、
本日(11/8)は、その2日目が行われました。

リハサールは、松原中学校、音羽中学校、
同志社国際中学校、洛星中学校の順で行われました。
松原中学校の生徒さんが紙粘土作った、美術の大根が
印象的だったので、写真に撮りました。
だいこん役者という意味ではありませんので、念のため。

2011083.jpg 2011082.jpg 2011081.jpg

舞台に立つ役者はもちろん、裏方で全体を引っ張る音響や
照明さんも生徒のみなさんが担います。
音量や光量、タイミングひとつで雰囲気がガラッと変わってしまうという、
とても重要なポジションですが、うまく決まった時は
きっといい気分になれるのかなと思います。
もう一つ、重要な役割を見つけました。
お芝居の始まりと終わりを告げる、緞帳係。
引き割り式の幕はロープで開閉しますが、
そのスピードなども、実はすごく難しいのです。
ひもを引っ張るだけかもしれないけれど、音響や照明、
役者や、お客さんとも息を合わせなければならない、
非常に繊細な仕事です。
多くの学校が、緞帳のタイミングを念入りに確認していたのが印象的でした。
ぜひ、裏方の皆さんにも注目してみてください。

2011084.jpg 2011085.jpg

posted by ひがせい at 15:38| Comment(0) | ▼学校との連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月07日

演劇合同発表会のリハーサル

中総文(京都市中学校総合文化祭)の各プログラムが
本日(11/7)より開催されていますが、そのうちの1つ、
演劇合同発表会のリハーサルが、当センターで行われました。

今年は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、
春の中劇研合同公演は中止となりました。
同じようなコロナ関連の事情で、今年の中総文、演劇部門の公演は
当センターで行われることになりました。

2011071.jpg 2011072.jpg

昨日、じぶんみがきダンスを17時前に終え、
続いて、本日よりのリハーサル実施のため、
仕込みが行われました。
例年、春の合同公演の仕込みでは、複数校からの
大勢の生徒さんたちにお手伝いいただいていますが、
今年は、洛星中学校のみで行われました。

2011073.jpg 2011074.jpg

そして、本日は、洛北中学校、修学院中学校、立命館中学校、
京都女子中学校の順で、リハーサルが行われました。
それぞれの持ち時間は60分で、音響・照明のチェック、
きっかけ合せを入念にする学校や、通し稽古を行う学校もありました。

明日は、残り4校、松原中学校、音羽中学校、同志社国際中学校、
洛星中学校のリハーサルが行われ、14日・15日の本番に臨みます。

posted by ひがせい at 15:49| Comment(0) | ▼学校との連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月05日

ユスカル!2020、始まりました

今年で3回目を迎える『ユスカル!(若者文化市)2020』。
新型ウィルス感染症の広まりにより、
若者の活動や発表・発信する場が少なくなりましたが、
そんな状況でもあらたにうまれる若者文化があります。
今回は、今の若者が面白い! 表現したい! 発信したい!
と思うことを公募し、WEBにて発信します。

bana2art.png

これから、いくつかの部門で参加者の募集を
始めていく予定ですが、実はもうすでに、
10月の半ばから、バナナアートに取り組んでいます。

バナナアートは「ユスカル!チャレンジ」として、
京都市内にある7つの青少年活動センターに来館した
若者たちがチャレンジしたものです。
下書きなしの1回勝負! スリル感もあり、
個性が感じられる作品がたくさん生まれました。
バナナアートはこちらからご覧いただけます。



posted by ひがせい at 17:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする