2021年01月10日

冬劇祭2021の仕込み

昨日(1/9)、冬劇祭の仕込みが始まりました。
お手伝いいただいたのは、ほぼ1年ぶりに創活に戻ってきた、
創活番ボランティアの、お2人と、
密を避けるため、各校から選抜された15人の生徒さんたちでした。
(各校の顧問の先生も集まり、今後のコロナウィルスの
 感染拡大状況への対応など、協議されていました)

2001091.jpg 2001092.jpg

作業は舞台班と照明班の2班に分かれて、
それぞれ創活番のお2人から作業内容についての
説明を受け、生徒さんと作業に取りかかりました。

舞台班は舞台となるエリアに、1間のリノリウムを2枚と
半間のパンチカーペットを1枚敷いてテープで固定、
さらに、音照ブースを少し高くするため、
箱馬と平台(縦置きで5枚)を組みました。
客席は組まずフラットなままで、
前後左右1メートルの間隔を空けて椅子を設置。
(現時点では)観客は生徒さんのみで、他校の公演を、
数を限定して観劇するという形としています。

2001093.jpg

休憩をはさんでシュートが行われましたが、
興味のある生徒さんにはさらにお手伝いをしていただきました。
14時頃からは、各校の明かりづくりを行い、
6校分の明かりを調光卓に記憶させました。
その日も学校のあった京産大附属高校は
17時から明かりの確認と記憶作業が行われました。

posted by ひがせい at 13:00| Comment(0) | ▼学校との連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする