2022年06月06日

中劇研のリハーサル2日目

昨日に引き続き、リハーサルです。2日目は、音羽、松原、洛星の3校です。
初日のリハーサル同様、主に照明や音響のきっかけを中心に確認がすすみます。
リハーサル時間は90分。きっかけ合わせが早く終わり、
通し稽古ができた学校もありました。
場面転換が多いところは、創活番と一緒に念入りに確認しました。
特に暗転中の動き、明転するタイミングなどは、作品の出来だけでなく、
演者の安全面にもかかわるので、役者とスタッフで声をかけ合って、
何度も確認する姿がありました。

来週末(6/11・12)は、いよいよ本番です。
新入部員にとっては、演劇公演を見ること自体、初めてという人がいるかもしれません。
きっと、たくさんの学びが得られる2日間になることと思います。

220606_1.jpg 220606_2.jpg 220606_3.jpg

posted by ひがせい at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼学校との連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする