2008年09月07日

陶器まつり(五条坂)、ぶらぶら14

今年も陶器まつりの季節がやってきました。
若手作陶家の“something new”を求めて
ぶらぶらしているここ数年。
まあ、作家の年齢に関係なく、
自分の感覚で面白いと思うものに出会えた時の楽しさが
ココロに沁みこんでいるのかもしれない。
というわけで、「陶器まつり(五条坂)、ぶらぶら14」です。

0809071.jpg 0809072.jpg 0809073.jpg 0809074.jpg

昨年購入した「幸せのゾウシリーズ」。
その絵付けの魅力につられ、
今年も内藤さんのお店を探しました。
柔らかなタッチのイラストと、
これも柔らかな色使いが素晴らしい
内藤さんの作品。
しばらく他のお店を見ているうちに
今年はぐい呑みか、カップ類以外のもの、
例えばお皿などを買おうかと思っていたところに
小さなネコのイラストの入った
ぐい呑みが目にとまりました。
というわけで、今年はネコのイラストが入ったぐい呑みを購入しました。

形といいネコのイラストといい、
ぐい呑みらしくないな、という直感がありましたが、
自分ではこのぐい呑みで
酒でも飲もうかと決めていました。
しかし、たまたまホームページを覗いてみると
「青空とネコシリーズ」というのがあって、
どうやらこゆのみ(湯飲みの小さいやつ)セットというのが、
正解らしい。
しかも、セット。
そう、もともとは小さなお皿とセットで作られたもののようです。
陶器まつりでは、セット販売されていませんでしたが、
ちょうどそれに合うイラスト入りの小皿が、
棚の下に重ねて売られていました。
セットだったとは知らず、こゆのみだけを購入してしまいました。
また、来年小皿を買って、こゆのみのセットにしようと思います。
来年まで小皿が残っていて、また売られていたらの話ですが……。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック