2008年09月11日

陶器まつり(五条坂)、ぶらぶら15

昨年までは、カップ類ばかりを買ってきましたが
今年はそれ以外のものも買ってみようかな、
などと漠然と考えてぶらぶらしていました。

0809081.jpg 0809082.jpg 0809083.jpg 0809084.jpg

内藤さんと一緒にお店を出されている
高橋さんの作品にも素敵なものがたくさんありました。
高橋さんの作品はほとんが磁器です。
そして、内藤さんとはまた違った
イラストデザインが実に個性的で
白い磁器のお皿やカップ、
杯などとうまくマッチして
自己主張しているのが
とても素晴らしいのです。
磁器は高いのでなかなか手が出ないのですが、
今年は割りとお手頃価格で見つけた、
白磁の小皿を購入することにしました。

何かの触手のような
あるいは筍のような
先が細く尖ったものが左右から
お皿の中心に向かって円弧を描いて
ニョキっと生えているように描かれています。
先端部分からは胞子?のようなものが
空間に放たれています。
神経細胞のシナプス(シナプスの形状とは違い
三角に尖っていますが)
から神経伝達物質がシナプス間隙へ
放出されているようにも見えます。
そして、お皿の周囲には金の縁取りが施されてあります。
形は真ん丸ではなく、
左右の絵の辺りが、少しだけ尖っています。
やっとカップ類以外のものを
購入することができました。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック