2008年12月06日

登り窯、教育資産に

11月21日の記事「エノキは残った」や
11月25日の記事「石碑はなかった」でも
お伝えしているセンター界隈のトピックス。

藤平陶芸さんの清水焼の登り窯が
教育資産として市に移管されて
残されることになったことを
伝える記事を残しておこうと思います。
洛東中学校に小中一貫校が建設されることになっていますが、
周辺に拡張用地を探していた市が
隣接する藤平陶芸さんの敷地を買収し、
その敷地内に残されている登り窯も
教育資産として保存を引き継ぎ、
残されることになったものです。

Item18:2008年(平成20年)9月19日 京都新聞夕刊
【清水焼の登り窯、教育資産に】をスクラップしておきます。

posted by ひがせい at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Scrapbook(新聞の切り抜き) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック