2009年03月06日

東山からの社会見学(2/28)のふりかえり

全5日間のプログラム,この日が最終日でした。
2日に1回くらいのペースで顔を合わせた参加者は
「なんか,長い付き合いのような気がするなぁ」って言いあうほどの仲。

それぞれが感じたこと,印象に残ったことをじっくり思い出してもらう時間をとって,
そのあとその気持ちや言葉をカードに書き込んでもらい,
書いた人が説明しながら模造紙に張り付けていきました。

090306.jpg

「私もそう思う」「あれはインパクトあったよね」
「あの話はほっとした」「実際は○○だろうなと思う」
「私はこう感じました」
自分が気づいていなかったことに気づいたり,
同じように感じていた人がいることに気づいたり,
よくわからない気持ちを整理できたり。

職人さんの生き方と自分の生き方の一部分を重ねてみたり
参加者同士の生き方に興味を持ったり
話の尽きない1時間半でした。(いや,実際は2時間半くらいやってたか…)

いろんな角度から参加者のココロを刺激した,
訪問先できいた「あなたにとって今の仕事は?」の答え
 彫金・アクセサリー作家さん「生活費を稼ぐもの」
 靴職人さん「すべての源」
 ショップスタッフさん「一石十鳥」
は,この日も話題に上がっていました。

3日間で参加者それぞれが手に入れた具材をよせ鍋にして
スープの味見をするみたいな時間。面白かったですね。
こんなに色々話できる空気が名残惜しいですが・・・。
社会見学,終了!解散―!

posted by ひがせい at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼仕事関連事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック