2009年03月09日

清水小学校での中間発表会報告

3月3日(火)、ココロからだンスWSの
中間発表会と交流ワークショップを
清水小学校の4年生のみなさんと一緒に行いました。
ココロからだンスWS#2・#3でもご協力いただいた清水小学校。
昨年は3・4年生を対象に実施したので、
今年の4年生は2度目の再会。
時間は3・4限(午前10:50〜12:15)に充てていただきました。
小学生は15名。先生方は2名。
場所は、今年初めて講堂をお借りしました。
ココロからだンスWSの参加者は8名全員。
ナビゲーターとアシスタント、照明スタッフも同行しました。
昨年同様、これまでに創作してきたパフォーマンスを
参加者が発表しました。

0903092.jpg 0903091.jpg

その後、観ていてどう感じたか?
どんな風に観えたか?
印象に残ったのはどんなところ?
どの人がよかった?
などの質問に、小学生のみなさんからそれぞれの感想や
意見を聞かせてもらいました。

次にそのパフォーマンスを
小学生にもやってもらうことを最終目標として、
ナビゲーターの動きをまねることから始め、
徐々にそれぞれのパフォーマンスを創っていきました。
色々な人と組み、からだを通した交流をメインとして行いました。
とても冷えこんでいて、ワークショップの途中で
雪も降り出しました。
観ていた時より案外簡単にできたこと、
少し難しいことはナビゲーターや
ココロからだンスの参加者と一緒にやってみて
感覚をつかんでいったりと、
観ていたパフォーマンスをなぞるだけでなく、
新たな表現が生まれる空間となりました。
最後に全員が握手をし合って、終了しました。
その日の夕方、先生がセンターに小学生のみなさんが書いた
お手紙を持ってきてくださいました。
ココロからだンスWSの参加者も感激し、
3月14・15日のスタジオパフォーマンスに向けて、
気づきや励みになったようです。

posted by ひがせい at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | △ココロからだンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック