2009年05月24日

京都橘大学、09研修の感想など

先日実施した、京都橘大学のスタッフワーク研修
(京都橘大学では舞台づくりワークショップと呼ばれています)に
参加した学生のみなさんの感想を、
後日、先生より送っていただきました。
このゼミでは、アーツ日誌を書くことになっているそうで、
その日誌から、参加したみなさんの声を聞く(読む)ことができました。

0905241.jpg 0905242.jpg 0905243.jpg 0905244.jpg

そのいくつかまとめてみると・・・、

※シチュエーションを自分たちで創ることが面白かった。
※日常を舞台上で再現するには、普段は気にかけていない光の構図や音も
 色々と考えて選ばなければいけないことがわかった。
 音には、移動の雑音、観客の注目・集中力を引く意味があることに
 改めて納得した。
※舞台づくりにはコミュニケーションが大切だと思った。
※普段できないことを楽しく学ぶことができた。
※学生の間にいろいろなことに取り組み、能力を身につけておこうと思った。
など、でした。

研修終了後の時間を少しいただいて、
参加していただいた学生のみなさんに、
東山青少年活動センターの事業で、
ボランティアとして参画できるプログラムを
いくつか紹介しました。
ここ数年、この活動紹介をきっかけに、
情報誌「ヒガシガシ」の取材・編集、
そして、新コーナーの企画などを担ってもらっています。
今年もさっそく2名の希望者がありました。
また、創造活動室の運営ボランティア(創活番)への
参加希望の声も聞かれました。

0905245.jpg 0905246.jpg

東山センターを知るのは大学のゼミからですが、
実際に現場に来てみて、アーティストと出会い、
直接話を聞いたり、生の体験をすることで、
自分のこれからの進路について考える機会になったり、
学生生活の中で、自分の興味ある活動につながる
きっかけの場にもなっているようです。
小暮先生も、こうした機会が、学生にとって、
意味あるものになればという思いをもって、
この研修を一緒に進めていただいています。
(小暮先生が書かれている「こぐれ日乗」も、ぜひ、のぞいてみてください)
参加いただいたみなさんは、都市環境デザイン学科ということでもあり、
文化政策やアーツマネージメントの視点で、
センターの様々な事業に関わっていただくことで、
より広い視野での事業が提供できればと思っています。

posted by Higashiyama Center at 13:05| Comment(1) | TrackBack(0) | ▼学校との連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも、詳しくアップしていただき、助かります。
学生が気楽にいろいろと参加していくと、自分のためにもなっていくので、気長によろしくおねがいします。小暮宣雄
Posted by 小暮宣雄 at 2009年05月27日 15:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120111266

この記事へのトラックバック