2009年08月14日

陶器まつり(五条坂)、ぶらぶら17

今年はビスケット(もちろん陶製)を2つ買いました。
オレオとCHOICEのようですが・・・。
商品名のかわりに、両方ともに、
BISCUITの文字が浮き上がっています。

数年前から、いわゆる若手の作家ものの陶器(作品)に興味を持ち、
8月の7日(〜10日)になると、五条坂の陶器市を必ず見てまわり、
気に入った陶器(主にカップ類です)を購入してきました。
しかし、今年は、ここ数年間で見慣れてしまったせいか、
あまり目を引くカップ類がなかったこともあって、
昨年も売られていたのを知っていた
ビスケットに手が伸びてしまいました。

実用性については、ペーパーウェイトには使えるか?、程度で
あまり気にもかけていなかったのですが、
どうやら、これらはペーパーウェイトではないようです。

0908141.jpg 0908142.jpg 0908143.jpg 0908144.jpg

よく調べてみると、これは中御門さん作の
Cheap Chic(「チープなフォルムにシックな質感」がコンセプト)
シリーズの1つとして作られた、箸置きでした。
ホーローかと思われるような、白い粉引きの筒型カップや
長方プレート、ポット、お皿などがメインのシリーズですが・・・。
サラダボウルの横で、ビスケットの箸置きに
スプーンが置かれている写真がありました。

他に、Kobiki-Nostalgic Cafeシリーズ(「和食器だけれども、
ヨーロッパのカフェをイメージした粉引きの白い器」がコンセプト)があり、
白いおしゃれなカップやボウル、ポットなどには
しのぎの技法がほどこされ、よりスタイリッシュなうつわに
仕上げられていました。

とはいえ、これらのビスケットはオブジェのように置かれ、
ペーパーウェイトとしても、使われてしまうかもしれない?

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック