2010年10月05日

10アートスペースA・Bコース(8/1・9/19)

アートスペース3回目の固定プログラムは
「あみもの」を行いました。

「布」を使ったクラフトを行いました。
はじめに、扱いやすいように大きな布を細く裂いていきます。
少し切れ目を入れて、端と端を手に持ち、
「ビリビリビリー」
豪快な音と、痺れるような手の感覚が面白く、
満面の絵顔になる人、
笑い声や、歓声が起こり、
みんなでこの感覚を楽しみました。

1010051.jpg 1010052.jpg 1010053.jpg 1010054.jpg

細く裂いた布が準備できたら、
一人一人に「うちわのほね」が配られました。
これを縦糸、細く裂いた布を横糸とみたてて、
布を上下上下と編み込んでいきます。
なかには布だけでなく、ビニール紐や毛糸を使って編み込む人も。
ボランティアスタッフに手伝ってもらいながら、
「氷」という漢字や、
好きなアイドルの名前を編み込む人も!!
布の重量で、仰ぐとズシッと重たいのですが、
カラフルで個性的なうちわが出来上がりました。

さらに、工作室の周りに上から縦糸となるたくさん紐を吊るしました。
この紐には、うちわと同じように横糸となる布や毛糸を織り込んでいきます。
大きいので、ボランティアスタッフと参加者とが体面に立ち、
上下と一緒に通していきます。
初めは向かい合って少し照れくさそうにはじめたペアも、
慣れてくると息もピッタリ合い、「はいっ」「はいっ」と
声を掛け合いながら織り込む姿もみられました
Aコース、Bコースとの合作で、大きな布が出来上がりました。

また、普段から絵を描くのが好きで、今回も織物をしなかった方も、
カラフルな布を描いた絵の上から貼って、少し布を取り入れてみたり。
新聞紙を裂くのが大好きな方は、
その細く裂いた新聞紙をうちわに織り込んでみたり。
いつもとは少し違ったアレンジを楽しみました。

作品はロビーにて展示しています。
是非お立ち寄りください♪
posted by ひがせい at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック