2011年03月26日

表現活動へのお誘い〜からだではなそう〜Bグループ3/19

Bコース後期最後の活動になりました。
今回はナビゲーター2名、ボランティア3名、メンバー8名で行いました。

10月から始まったからだではなそう後期。
初めの頃は、他のメンバーのことを気にしてはいるけど‥‥‥。
ワークに対しても「えっ? どうしたらいいの?」
といった様子だったメンバーですが、
今では、ワーク中に他のメンバーにコンタクトを取りに行ったり、
ワークの合間で行う発表などで他のメンバーの動きを楽しんで見るなど、
「からだではなそう」という空間を楽しめているようでした。
また、様々な人と接することができる空間として
認知してもらえていたように思います。

1103261.jpg 1103262.jpg 1103263.jpg

今回は最後ということで、最後の30分ほど
保護者の方にも活動を見ていただきました。
少し緊張が見られるメンバーも居ましたが、
普段のような互いを感じ合う空気感を
見ていただけたのではないでしょうか。

最後ということで、メンバーから「最後かー、寂しいなー」
「早かった、もっとしたかった」
という声が口々に聞かれました。

今回も前回に引き続き、京都芸術デザイン専門学校のインターン実習生に
レポートしてもらいました。

初めに手ををふれずに握手をする
(手と手がふれないという間隔を楽しむという)という事をしました。
握手から逃げるメンバー、自分の手を相手に手に当てていくメンバー、
ゆっくり手を追いかけたりするメンバーと
さまざまな動きを見せてくれました。
追いかけているメンバーは必死に追いかけすぎて息が切れてました。
次に手と手を合わせて押したり引いたり、
音に合わせて踊ったり回ったりしました。
途中、暑くなって座ったりしているメンバーや
寝ころんでるメンバーに手を持って揺らしたり、
体を揺すったり足を持って引っ張たりして
どんどんコミュニケーションの輪が広がりました。

二人羽織みたいに後ろから腕やヒジを持って前の人を動かし、
前の人はそれに合わして動くという動きをしました。
最初は動きづらそうにしていましたが、
それでも動いているうちに面白くなったのか、
動かしながら他のペアのところへ行き、
さわったり手拍子したりと楽しそうに動いてました。
みんなと動いていると、和やかさや
楽しさの独特の空気感が伝わってくる感じが
とても楽しかったです。

posted by ひがせい at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼からだではなそう(2006〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック