2011年09月12日

11からだではなそう、Aグループ(8/20)

表現活動へのお誘い前期、残すところあと2回となりました。
本日Aグループでは、7名が集まりました。

前回に引き続き歌手のべーちゃんに参加してもらい、
声を出すためのストレッチや歌を即席で作りました。
ストレッチでは、動きに合わせて「はいっ!」と
声を出しながら動きます。
動きながら声を出すといつもより元気よく
声が出るような気がします。
胸を大きく広げるような動きや空手のパンチのように
足と手を合わせて動かすなど、動きが大きいものが多く、
メンバーにも好評でした。

1109121.jpg 1109122.jpg 1109123.jpg

少し恥ずかしがりやのメンバーも、
楽しい雰囲気に大きな声で参加してくれていました。
ペアになると、相手と餅つきのようにかけ声を合わせるペアや
誘うように声をかけるメンバーなど、
声がコンタクトのきっかけになっているようでした。

後半は、みんなで歌を即席で作りました。
メンバーの夏の思い出やハマっていることをテーマにワードを集め、
集まったワードをつなげて歌詞を作ります。
手話や城崎温泉、電車、蚊にかまれた、
グレーの電子レンジなどメンバーそれぞれの
「夏の思い出」や「思い入れの強い言葉」が集まりました。
でき上がった歌詞に、ベーちゃんに音を付けてもらい完成です。

最後に、歌詞ごとにフリを付け、体を動かしながら合唱しました。
リズムと動きがあることで、みんなが参加できるとても楽しい歌になりました。

はじめは興味の無い素振りだったメンバーも
合唱のときにはノリノリで動いているなど、
歌づくりのプロセスから関わることで、
自分の作った歌詞が登場してくるなど、
楽しさがより一層広がったのではないでしょうか。

次回はいよいよ最終回です。
半年間一緒に活動してきた、いわば気の知れたメンバーと、
最後にどのような動きが生まれるのか楽しみです。

posted by ひがせい at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼からだではなそう(2006〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック