2012年03月02日

ココロからだンスの20回目(11S10)

この日(2/27)は、イメージの更新と呼んでいるワークから
生まれたパフォーマンスを4組のペア毎に行ない、
各ペア順に、ナビゲーターからのアドバイスを受けて
さらに深化させる、という内容でした。

イメージの更新というのものの始まりは、
まず、メンバーを2グループに分け、
一方のグループにお題を出して、
そのイメージをチームで話し合って
チームメンバーそれぞれが協力して、1つの表現を作る。
それを見ていたもう一方のグループは、
先行チームの表現を見て、そこから受け取ったイメージを
チームで話し合って協力して1つの表現を作る。
そ表現を今度は先行チームが見る。
そういう作業を2つのチームで交互に繰り返して
表現を作りながら、イメージを更新していくというワークでした。

1203021.jpg 1203022.jpg 1203023.jpg 1203024.jpg

その後、それからの発展形で、メンバーを2つには分けましたが、
チーム単位ではなく、個々がお題のイメージを体で表現する。
受け取ったもう一方のチームもメンバー個々に
そのイメージを体で表現する。
さらに、イメージに限らず、先行メンバーの表現から
受け取ったもの引き継いで個々で表現していく、
そういうものへとワークが変遷を遂げ、
今日のペア毎の表現につながりました。

ナビゲーターからのアドバイスとして共通していたのは、
何をやろうとしているのか自分の中ではっきりさせること、
めりはりをつけて意思を持って体を動かすこと、などでしたが、
もっと具体的には、2人の位置関係が背中合わせになること、
両足と片手を床につけるというルールで動くこと、などがあり、
アドバイスをもとに何度も繰り返し練習するうちに、
だんだんとパフォーマンスらしくなってくるペアもありました。

posted by ひがせい at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | △ココロからだンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック