2012年07月15日

12からだではなそう、Bグループ(6/23)

この日は、絵本を動いてみよう、波をつくろう、
音(楽器)を使って波をつくろうといっ
た内容のプログラムを実施しました。

120715.jpg

先週のグループでも、絵本を読みましたが、
グループが変われば、読み方も表現も変わるもの。
今回もそれぞれ個性が表れた読み聞かせをしてくれました。
小さな声で囁くように聞かせてくれる方もいれば、
淡々と読む方、温かみのある読み方など、
その人自身を表すような読み方をそれぞれがしてくれました。
どれも、同じ本とは思えない読み方で、
みんなを大いに楽しませてくれました。
また、今回は読み聞かせで終わるのではなく、
その絵本の中にある動きをやってみるということで、
そこでも個性豊かな動きを見せてくれました。
たとえば、“もこっ”という言葉でも、
頭の上で手でもっこりを表現したり、指先でもっこりを表現したり。
1つの言葉から幾重にも生み出せれる表現を
みんなで共有しながら楽しみました。
今回のプログラムは前半がスローペースな絵本を読むという活動から、
後半は波の動きを感じるというアクティブな活動という流れで、
飽きない内容だったのではと思います。
今回の活動の後、ボランティアの方も仰られていましたが、
個々の動きはそれぞれの性格が表れています。
個人個人の表現を広げていけるように、
参加者の方を深く知っていきたいと思います。

posted by ひがせい at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼からだではなそう(2006〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック