2006年11月25日

舞台暦(ぶたいごよみ)について

日々創作している多くのアーティストを応援したい。
そして、舞台芸術に今まで触れる機会がなかった人たちにも
たくさんの作品に出会って欲しい。
そんな想いから舞台暦ができあがりました。

舞台暦は約2ヶ月間の京都を中心とした
関西の演劇公演を一覧表にしたものです。
センターロビーでの掲示とHPでご覧いただけます。
掲載内容はセンターに寄せられた情報をもとにしています。
以前ブログでも紹介した情報コーナーにある、
京阪神劇場マップと併用して使っていただけます。
通常、小劇場での公演情報は、どこかの演劇を観に行った時に
パンフに挟み込まれているちらしを目にするか、
劇場に配架されているちらしを見るか、劇団のHPなどで
見るという方法で得ることが多いと思います。
しかし、「頻繁に演劇を観に行かない」
「初めて観てみよう」という方も多いはず。
また、広く広報したいけれども、経費的にちらしをたくさん作って
公演に挟み込むことができないという劇団もあります。
そんな時に舞台暦が役立ちます。

舞台暦への掲載までの流れ
更新日は毎月初旬で、毎月2ヶ月分の公演情報を掲載。
毎月25日までにセンターへ届いた情報を翌月に掲載します。
(例えば、4月公演は3月25日が締め切り。また、その情報を
2月25日までにご連絡いただくと、3月の更新日に3・4月分として
掲載され、4月の更新日にも4・5月分として、4月の公演が終わるまで
必ずその情報は掲載されていることになります。)

舞台暦に掲載希望の方は、センターに直接来館または
E-mailでお知らせください。
E-mailで情報を送られる際は、必ず件名に「舞台暦情報」と
明記してください。
掲載情報は公演日時・劇団名・公演名・入場料・劇団連絡先(Tel)です。

また、ロビーには公演チラシを置くスペースもあります。
ご希望の方はセンター受付までお持ちください。
posted by Higashiyama Center at 00:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 参加者募集中! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28212157

この記事へのトラックバック

ロビーに京阪神劇場MAPを掲示しました!
Excerpt: ロビーに新しい情報コーナーができました。 東山青少年活動センターのテーマは「創造表現活動」。 演劇やダンス、陶芸などに興味のある方や 新たに始めてみたいと思っている方のために、 ワークショップ..
Weblog: 京都市東山青少年活動センターBLOG
Tracked: 2006-11-25 13:34