2012年07月26日

石ころアートの報告(12FS1)

ギラギラと太陽の照りつける7月16日、宵山。
今年も東山フェスタが始まりました!
1回目のプログラムは石ころアート。
三条京阪の近く、“東山いきいき市民活動センター”の
工作室をお借りして、「出張東山フェスタ」を行ってきました。
ナビゲーターは、ボールペン絵描きの渡邉秋良さんです。

参加費は1人100円、申込不要という気軽さから、
大人と子ども合わせて30名の方にご参加頂きました。

1207262.jpg 1207263.jpg 1207261.jpg

はじめはダンボールの中からお気に入りの石ころを探します。
大きい石ころ。小さい石ころ。
シマシマ模様の石ころ。ツルツルした石ころ。
石ころに共通しているのは、ヒンヤリ冷たい触り心地です。
選んだ石ころを水でキレイに洗っていると、
少しずつ愛着がわいてくるようで、
石ころに頬ずりしている子どもたちもいました。

その後は、石ころに色を付けたりビーズを貼りつけたり、
自由にアートを楽しみました。
子どもたちは自由な発想で制作していきますが、
何度も失敗をしてしまいます。
「キレイに色が塗れない」
「石ころ同士が上手くくっつかない」
「石ころを立たせたい」
しかし、渡邉さんはそう簡単に答えを教えてはくれません。
「なんでやろうなぁ? どうしたらええかなぁ?」
そうすると、子どもたちは、
「水の量をちょっと変えてみるわ!」
「石ころのこっちの面ならくっつくかもしれない!」
「石ころの後ろに支えになるものを置いてみようか」

そんな渡邉さんと子どもたちとのやり取りをみて、
はじめはアレコレ子どもたちに口出ししてしまっていた保護者の方々も、
失敗と発見を繰り返しながら制作していく姿を
笑顔で見守っている様子が印象的でした。

今回ナビゲーターをしてくださった渡邉秋良さんの作品展、
渡邉秋良「キラキラ」展を、8月20日から9月2日まで
東山青少年活動センターロビーで開催します。
ぜひ足を運んでみてください。

posted by ひがせい at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼東山フェスタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック