2012年09月18日

12からだではなそう、Aグループ(8/18)

前期の表現活動も折り返し地点を過ぎた4回目。
雷が鳴り響く土曜日に開催しました。
今回のプログラムのテーマは「石になって踊ろう」。
普段なにげなく見ている足元に転がっている
石を改めて意識する内容でした。

1209223.jpg 1209222.jpg 1209221.jpg

初めは、石を使うということに少し
戸惑いをみせていた参加者の方も、
石に触れてみたり、持ち上げてみたり、
自分自身が石になっていくうちに徐々になれてきた様子。
慣れてくると、石に対する反応が1人ずつ違いも見えてきて、
石にするあいさつの仕方や石になった自分の表わし方の違いを
おもしろいと捉えるようになってきました。

特に、「お石様がころんだ」では、
お石様に扮した参加者とその他の石になった参加者が
“だるまさんがころんだ”をするのですが、
お石様になった参加者の方は、まるで神様のような
振る舞いで「ころんだ」の言葉を発し、
その他の参加者さんは普段では考えられないような動きをしながら、
それぞれが思い描く石になっていたようでした。
石のパワーを感じたのか、それとも
この空間とメンバーに慣れてきたのか、
普段よりも積極的にからだを動かす参加者さんが多く、
動きが共鳴し合うことも多々ある楽しい
プログラムになったのではないかと思いました。

posted by ひがせい at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼からだではなそう(2006〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック