2012年12月20日

ココロ#008の5回目と6回目(12/13,17)

5・6回目は、創作の時間でした。
4回目にやったワークで、創造活動室の室内をめぐって、
なにか気になるものを発見したら、そこでポーズを作る、
というものの続きでした。
創作時間終了後は、3、4人が1チームで同時に発表し、
他のメンバーはそれをよく観察しました。
それぞれの感想では、一緒にやっている者同士のポーズや
動きを関係させて見ていた、ストーリーが浮かんでくる人と
そうでない人がいた、移動する時のスピードや距離を決めてやっていた、
などがありました。
何きっかけでスタート地点に戻るようにしているか?
という問いかけで、それぞれがある程度自分でルール決めて
やっていることがわかりました。
他のメンバーに自分と同じようなポーズを発見したり、
動きの場所が重なってしまい、ちょっと待ったり、
相手の様子を窺ったり、動きがお互いに影響される
というハプニングが面白ったようです。

1212203.jpg 1212202.jpg 1212204.jpg 1212201.jpg

創作に先立つワークは、まねダンスとピクチャーでした。
1人ずつ順番にポーズをつくり、4人のポーズで終了というものでした。
状況や場面についての、事前の決め事は全くなしで
4人のポーズで1枚の絵をつくる、というワークでした。
先にポーズをつくっている者の意図を汲み取りながら
自分のポーズと、ポーズをとる位置を工夫して
何回か繰り返してやってみました。
4人の意図がうまく響きあい、
構図のしっかりした1枚の絵が浮かんでくることもあり、
他のメンバーのことを意識しながら少し関係が深まる
なかなか楽しいワークでした。

posted by ひがせい at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | △ココロからだンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック