2013年01月04日

昨年のやり残し、その1

新年、明けましておめでとうございます。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

さて現在、創造活動室では、明日(1/5)から始まる
鳥羽高校演劇部と桂高校演劇部合同公演、
「Happy Stage by T&K」のリハーサルが行われています。

1301049.jpg 13010410.jpg

昨年から引き割りの、上手側の大黒幕が破れているのを
発見していたのですが(経年の劣化は間違いありませんが、
ベッチンの暗幕ばかり、破れがひどくなってきました。
すその方の破れは何度もミシンをかけて補修しています)、
敗れの幅が約10cm、高さが2m強のところで、
裏からパッチを当ててミシンで縫うには、
幕全体をはずさないといけないし、
舞台正面のけっこう目立つ位置の破れなので、
修繕のあとがあまり目についてもいけないし・・・、
と、逡巡しているうちに時間が過ぎてしまい、
しかし、何もせずに放っておいて、何かをひっかけられて
破れがさらに大きくなっては致命的だ、
今年中には何とかしようと思いつつも、
また創活での公演が始まり、高校演劇部の
仕込みからリハーサルの邪魔にならないようにと
補修の機会を探していましたが、結局、年末閉館となってしまいました。
昨年のやり残しの、その1です。

年始明けの今朝(1/4)、出勤して一番に、とにかく布用のボンドで
パッチ当ての布を裏から貼り付けて仮補修しました。
よく見ると、さらにくだんの破れの右下のところにも
5cm程度の破れを発見。これも合わせて応急処置を行いました。

同じく昨年、とある劇団の殺陣の練習で、
木刀で切りつけられて縦20cmもの破れを被った
ホリゾント幕は、裏から養生テープを貼ったままです。
早くなんとかしなければ。

posted by ひがせい at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック