2013年01月05日

昨年のやり残し、その2 〜陶器まつり、ぶらぶら22〜

かつては五条坂の陶器市に、センターを利用していただいたり、
事業の講師を務めていただいている若い陶芸家の方たちが、
よく出店をされていました。
そこで、毎年8月になると、陶器市のお店をのぞいては、
気に入ったカップなどがあると買っていました。

「陶器まつり(五条坂)、ぶらぶら」という
カテゴリーまで作って、記事を書き続けてきたのも、
センターの地元である清水焼や陶器市を盛り上げるため、
京都の若手陶芸家を応援するためなのです。

1301041.jpg 1301046.jpg 1301042.jpg 1301043.jpg

昨年の陶器市から5ヵ月近く経ってしまいましたが、
昨年は、ぐい呑みにしぼって買ってみました。
どれも1つ、1,000円前後のものでした。
白磁のぐい呑みの内側の底面にゴマ粒ほどの黒い点がある、
同じく口の縁が少し黄色味がかっている、
というような訳ありのものがあり、形やデザインが優美なものでも、
求めやすい値段で購入することができた、という訳です。

木賊(トクサ)をモチーフにしたもの。
ちょっとユーモラスでたまねぎのよう。
信楽焼きの文五郎窯の作品です。
信楽の小高い丘の上の、作業場の向かいには、
倉庫を改造したモノトーンの概観・内装が素晴らしい
ギャラリーがあります。

スタイリッシュなデザインが際立つ、白磁の銀彩ぐい呑み
(銀色のトンボのようなモチーフが入っています)と
スッと背の高い白色だけの、白磁のぐい呑み。
どちらも、京都で制作する木下和美さんの作品です。

色は茶色ですが、肌合いが白樺の樹皮のように思えてしまう、
ウッディなぐい呑み。外側の縦の線と内側はブラックです。
底面には、shige (佐々木陶芸:繁&麻美さん)というサインがありました。

最後は毎年買ってしまう音喜多美歩さんの作品。
一昨年のカップの、まさに小さい版です。


1301044.jpg 1301045.jpg 1301048.jpg 1301047.jpg

この記事を早くアップすべきだったのです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック