2013年01月07日

ときどき気になるご近所さん

センターの南側、登り窯がある藤平陶芸さんの
旧敷地内にあった、壁を寸断して道路に少しはみ出て
立っている大きなエノキ。
年末に発見しましたが、その通路に面した西側フェンスが取り払われ、
エノキの根元のあたりまで、土がむき出しになっていました。

1301063.jpg 1301062.jpg
以前の様子はこちら

たまたま出ておられた近所の方にお訊きすると、
道路の拡幅工事をしているそうで、
少し道にはみ出たエノキを敷地内(今の位置よりもっと東側へ)
植え替えて残し、道を整備するそうです。
なんといっても区民誇りの木に選定されていますので。

1301064.jpg 1301065.jpg 1301066.jpg 1301067.jpg

六原小学校の工事も進んでいます。
(六原小学校は改築されて、開晴小・中学校の施設となります)
センターの事務所の窓から、隣の天理教施設の大きな屋根越しに
工事中のクレーンが見えます。
六波羅蜜寺の甍越しにもクレーンが見えます。
鴨川沿いに道を下った学校の門からも、工事中の様子が窺えました。
学校全体は防音フェンスで覆われているため、
中がどうなっているのかまでは詳しくわかりませんが・・・。

松原通りの南側にある天理教施設への入り口から見える総合庁舎。
総合庁舎の西壁に当たる夕日で、外壁のレンガがオレンジに色に
染まっているのがきれいでした。

posted by ひがせい at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック