2007年01月18日

ヤングジョブin東山〜私の仕事観・仕事の魅力を語るB〜

ヤングジョブin東山、昨年の12月17日(日)に
第3回目「ものづくりの現場から」を開催しました。
この日のゲストトーカーには、中村佳之(京こま・雀休)さんを
お招きしました。参加者は3名。
コーディネーターは引き続き、滋野(京都ものづくり塾)さんに
お願いしました。

koma1.JPG koma2.JPG

「京こま」ってご存知でしたか?
今回はゲストの中村さんが、ご自分で作られた実物の
「京こま」を参加者にプレゼントとして持ってこられ、
実物のかわいい「京こま」を手にとって廻したり
眺めたりという中で始まりました。
ご本人は、もともとサラリーマンをしておられましたが、
仕事に対する疑問もあり、自分にしかできないものを
売りたいという気持ちもあって、家業でされていた
「京こま」作りを始められたそうです。
家業と言っても中村さんが始められる4・5年前までは
誰もやっていなかったそうです。
現在、「京こま」をつくっておられるのは
雀休の中村さんただ一人。
普通に“こま”と言えば木を削って鉄の芯を
通したものを想像しますが、
「京こま」は竹の芯に布のヒモをぐるぐると巻いていき、
にかわで固めたものです。

もともとはお座敷遊びで始まったもののようですが、
遊び方については、中村さんもご存知ないそうです。
今回で3回目になりますが、いつもゲストの方が
自分の仕事の話しをされる時、
「この仕事が好きでたまらない」という表情をされます。
これから仕事に就こうとする人にとって、
「仕事を好きになる」ということは大切なキーワードだと思います。
posted by ひがせい at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼仕事関連事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック