2013年03月11日

ココロ#008の、最終ミーティング

3月はじめにスタジオ・パフォーマンス(修了公演)が
無事終了した、ココロからだンスW.S #8。
3日後の木曜日(3/7)に再び参加者の10人が集まり、
最終ミーティングを行いました。
これで平成24年度のココロからだンスW.Sの
全日程が終了しました。

130311.jpg

この日集まったみんなの顔は、晴れやかでした。
最後までやり遂げた満足感と、責任を果たした安堵感と。
最初に、公演最終日の、レッスン・スタジオでの
パフォーマンスの模様を録画したビデオを見ました。
会場が3つに別れていたため、他のメンバーの
別会場でのパフォーマンスを観るのは、みんな初めて。
「へえ、こんなことしてたんやぁ」、「はずかしい」など
時折、笑い声や歓声が混じり、自分の踊る姿に少しテレている者もいました。

ビデオを観た後は、アンケート記入をしてもらい、
それから、90分以上をかけ、みんなで、
ココロ#8の自分自身がどうだったのかをふりかえりました。

参加前のアンケート記入で、参加動機について書いてもらいましたが、
そこには、少し変えたい自分の性格や行動パターンに関する
課題なども書かれていました。
ふりかえりでみなさんにお願いしたのは、
ココロに参加して、何か自分自身に変化があったかどうか、
最後に他のメンバーに言っておきたいこと、
逆にみんなから言いたいことを、
それぞれ言葉にしてもらうことでした。

このココロの3カ月間で、みんなとダンス創作をしながら
それぞれの課題と向き合った軌跡をことばにして表現してもらうと、
自分自身の課題と格闘した結果、さらに新たな課題を発見した、
自分自身の課題に向き合うことと同時に(もちろんそれとも
深い関係にあるけれども)、集団としての課題に関して、
一人一人が感じ行動したこと、などが浮き彫りになり、
行動パターンはあまり変えられなかったけれども、
それでも、みんなに少し変化が起こっているのが、
お互いに話しを聞くことによって、よくわかりました。

ことしのメンバーはグループ化するのが少し遅かったけれども
(個人によっても若干温度差はあるものの)、
やはり最初の頃とはぜんぜん違う、
うちとけた雰囲気ができていて、
それぞれの居場所がある、という感じが強くしました。

posted by ひがせい at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | △ココロからだンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック