2013年04月18日

12アトリエC報告(2/24)

12年度最後の活動になりました。
最後ではありますが、いつものように集まって、
いつものようにゆったりとした時間が流れる様子は、
メンバーたちの柔らかな表情と、
彼らに静かに寄り添うスタッフたちの雰囲気から成り立ちます。

1304181.jpg 1304182.jpg 1304183.jpg

そんな落ち着いた雰囲気とみんなのことをまるでお母さんのように、
にこやかに見守るメンバーがSさんです。
活動が始まるとまるでストレスを発散させるかのように、
いっきに3〜5枚程度の画用紙にペンを走らせます。
カラフルなペンで塗り分けたり、
季節にちなんだ絵。(今回は大きな幹の桜でした。)
1時間程で描きあげたら、あとの1時間は
にこにこ笑顔でみんなの様子を眺めています。

同じく、みんなの様子を見まわしながら描きはじめるメンバーOくん。
みんなが席につくまで立ったまま、
そしてみんなが帰るまで工作室に残る。
成り行きを見守ることで、少し安心できるのかもしれません。
モチーフや写真集を見ながら絵を描きます。
スロースタートなのに、描きはじめると早い!
鉛筆やクレヨンで下書きをし、
クレヨンや水彩絵の具で色を塗り。
文房具から草花、動物まであらゆるものが描かれ、
観る者を楽しませてくれます。

保護者会では、12名のメンバー中、10名の方に集まっていただき、
意見交換をすることができました。
たくさんの方に支えられ10周年を迎えた活動の成果もみえました。
それと同時に課題もみえてきました。
次年度からは新たな挑戦の年として、活動を発展させてゆきたいと思います。

posted by ひがせい at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼アートスペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック