2013年08月20日

音がならない!(レッスンスタジオ)

レッスンスタジオにある音響ワゴン。
ある日、音がならないという報告を受けました。
音響ワゴンには、今は誰も使わないと思いますが、
カセットテープデッキと、そのうちなくなりそうな、
MDを再生するプレイヤー、CDプレイヤーで、音源がすぐならせるように、
アンプやミキサーとをつなげて組んであります。

1308201.jpg 1308202.jpg 1308203.jpg 1308204.jpg

2年程前にリニューアルオープン時に納入された
ミキサー(Victor のコンソール型 )が壊れ、
もうその機種は製造されてないということで、
卓上型のミキサーに替わりましたが、
結線部分も含めた奥行きが、ワゴンには納まりきらないため、
裏側の板を外して使用されているのが現状でした。

結線を見てみたところ、一見しただけではよくわかりませんでしたが、
キャノン型のコネクターが5本と赤白の音響コードが2本、
抜けているのはわかりました。
日を改め、時間をかけて調べることにしたところ、
ミキサーからデジタルマルチプロセッサー、
そしてパワーアンプへの結線の流れは間違いないようでした。
パワーアンプからスピーカーコードもちゃんとつながっていました。

ミキサーへの入力をよく見てみると、
CDからの出力コードは明らかに違う入力にささっていました。
ワゴンの裏側はむき出しなので、誰から結線をさわったようです。
音がならないのはいろいろ原因がありました。
操作面のフェーダーはもちろんですが、いろいろなボタンも
ちゃんとON OFF になっていないとならないですね。
ミキサーの結線部分がはみ出るのはしょうがないとして、
その下の部分は、外されていた有孔板を切って、
もともとの状態のように裏側にはめ戻しました。

ついでに、ミーティングABの音響も、調整しました。



posted by ひがせい at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック