2014年02月01日

ココロ#9の11回目(1/30)

ナビゲータの佐藤さんとの個人面談が始まりました。
これからの作品づくりに向けて、参加メンバーの思い、
希望などを聞き取って、今後に生かそうという訳です。
面談の順番待ちの人たちは、創活でワークをしました。
内容は、ここ最近続けて取り組んでいる
鏡像対象の真似ダンス関連の復習と、展開の試みでした。

1402021.jpg 1402022.jpg 1402023.jpg

最初は以下の@からCをそれぞれをやってみて、
その後みんなの感想を聞きあい、
次に時間を区切って@からCを通してやってみました。
@真似ダンス(鏡像対象/リーダーを決めて)
A印象をもとに動く
B裏切る
Cリーダー不在

相手の印象で動くといっても、その際の印象の、
はっきりした定義が提示されている訳ではないので、
それぞれの理解で印象の捉え方が違いました。
また、相手を裏切るといってもこれも意味があいまいで、
それぞれの理解でやっていることがわかりました。
裏切るというのは、相手が真似してついて来れないくらい
すばやく動くようにした、という人がいれば、
全く相手を見ない、窓の外を見てやっていたという人、
5人組みでやる場合、特定の人たち3人の真似はせず、
残った1人の動きだけを真似るようにしていたという人がいました。
印象も裏切りもまだまだ決めずに、
それぞれの理解でいいのではないかと思えました。
その方が面白い。

posted by ひがせい at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | △ココロからだンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック