2014年03月02日

13からだではなそう、Aグループ(1/18)

今回は、少し変わったプログラム。
最初は、新年の挨拶から。
それぞれの挨拶をしながら、そのまま身体を触れ合わせる活動へ。
互いの手や足を使って○や△、□を作りました。
最初は2人で、人数を増やしながら形を少しずつ大きくしていくことを楽しみました。
その後はみんなで、人文字づくり。
「か」「べ」「社」をみんなで協力しながらつくりました。
特に指示出しを頼まれた参加者の方は張り切って、
寝そべる位置や向きなどの指示を出していて、
普段とは違った表情を見せてくれたように思いました。

1403021.jpg 1403022.jpg 1403023.jpg

後半は背中にA3の紙を貼って、そこに自由にお絵描き。
自分の名前を書く人、点や線を描く人など様々。
背中に何を描かれたのか、ペンの触れ方を意識しながら活動していました。
最後はみんなで絵を使っての伝言ゲーム。
背中に描かれた絵を前の人に伝えるのですが、1人目から全然違う絵に。
人が変わるごとに変化する絵に、伝言ゲームとは違う楽しさを感じました。
今回のプログラムでは、様々なバリエーションの「
つながり方」を実感した内容となりました。
手をつないでつながる、身体でつながる、絵でつながるなど、
普段とはちがった形で参加者同士が
つながっていると感じたのではないでしょうか。

posted by ひがせい at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼からだではなそう(2006〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック