2014年06月07日

14中劇研春の合同公演、開幕しました!

第72回中劇研春の合同発表会が開幕しました。
第1日目の出演校は、松原中学校、同志社中学校、
立命館中学校、旭丘中学校、同志社国際中学校でした。
私学が土曜日の午前中も授業があるということで、
今年から、初日土曜日の公演時間は午後からとなりました。
審査員のお2人は、昨年と同じで、演出家の筒井加寿子さん(ルドルフ)と
ダンサーの倉田翠さんのコンビでした。

1406071.jpg 1406072.jpg 1406073.jpg

クライマックスのいいシーンで台詞が出てこなくなり、
しばらく(けっこう長く感じました)誰もうまくフォローできず、
台詞を待つ間、シーンと固まってしまった学校、
舞台上の照明を少し暗めにした場面転換中に、
かみしもの幕前でお芝居を続けることで、
スピーディーなストーリー展開を巧みに可能にした学校、
しんみりと、しっとりと、落ち着いた会話で、
淡々とした日常の日々の移り変わりを表現した学校、

1406074.jpg 1406075.jpg 1406076.jpg

パネルを5枚、前後に互い違いに立て、
そこを役者のはける場所として、
ダンスも織り交ぜながら、場面転換をスピーディーに
できるように工夫していた学校、
創作場面はずいぶんと賑やかで豊かな感じがしていたのに、
本番は少しこじんまりしてしまった印象の学校、と様々でした。

明日(6/8)は2日目の公演が行われます。
10時30分開始で、京都女子中学校Aチーム、修学院中学校、
京都女子中学校Bチーム、洛北中学校の順で行われます。
ご期待ください。

posted by ひがせい at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼学校との連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック