2014年07月25日

ドラマスクール2014

昨日(7/24)から2日間の予定で、ドラマスクールが行われています。
参加者は例年に比べてとても多く、62名(+7)でした。
今年は、補修授業の日程を避けて募集したそうです。
講師は田中遊さん(正直者の会)と大熊ねこさん(遊劇体)でした。

1407251.jpg 1407252.jpg 1407253.jpg

1日目は、恥ずかしさの意味とコミュニケーションを
テーマとしたグループワークが行われました。
1チームは7人〜8人からなり、全部で8チーム。
しっかりと相手に伝えること、それをちゃんと受け取ること、
ということが体験できるいくつかのワークを
楽しみながらみんなでトライしました。

恥ずかしさについては、恥ずかしいという気持ちがあると
そのことが体を縮こまらせ、その結果お客さんに届く声が出なくなる。
声の大きさは呼吸と関係があって、というようなことから、
深呼吸によってリラックスすることや
声の大きさを呼吸の深さによって作る、
というワークも行われました。
2日目の明日は、5分くらいの作品をチーム毎に創作する予定です。

posted by ひがせい at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼学校との連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック