2015年02月16日

陶芸ワークショップ“お茶を楽しむうつわをつくろう”の3回目

3回目(9/16)の陶芸ワークショップは「絵付け・釉がけ」の回でした。
前回から焼きあがってきた素焼きのものを
まずはサンドペーパーでかるく削り整えます。
その後、薬がついてはいけない箇所に撥水剤を塗っていきます。
みなさんとても丁寧でした。
それが、終わるとそれぞれどんな色にするか
見本を見ながら決めていきました。
絵を書きたい人は下絵として大文字山や、
カラフルな模様や桜の花びらを書き、
その後で透明の色のない釉薬をかけました。

1502161.jpg 1502162.jpg 1502163.jpg

他の人は意外と渋い色を選択しました。
明るい色では真っ白な白鳳やトルコ青が人気でした。
まず講師に見本を見せてもらい、それぞれかけはじめる時は
とても緊張しているのが伝わってきました。
恐る恐るもそれぞれかけおわり、中には2色使いをする人や、
器によって色を変える人もいました。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック