2015年02月25日

ライコマ12/2のメンテナンス

調光卓のメンテナンスに入りました。
使用中複数のフェーダーで明かりが明滅する
症状が出てきたからです。

1502251.jpg 1502252.jpg

調光卓のメンテナンス中、その代替機としてやってきたのが、
センターで使用しているのよりも上位機種の
ライコマU24/48。とにかくでかい。
ただ、フェーダーが24本もあるので、ライコマ12/2のように
13番以降のフェーダーを切り替えて使う必要がなく、
やはり操作は快適です。
明かりの修正も、液晶画面に、どのチャンネルの明りが
何パーセントで記憶されているのかが表示されるので
一目瞭然。
2チャンネル分を共通で切り替えて使う12/2 に比べ、
液晶画面に表示された各フェーダーの目盛りを見ながら
修正できるので、とても視覚的でわかりやすいです。

posted by Higashiyama Center at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック