2015年03月14日

ココロの22回目と23回目(14S12)

いよいよ月曜日(3/16)から仕込が始まるココロ。
22回目(3/9)と23回目(3/12)のワークの様子です。

ナビゲーターの佐藤さんが、公演の流れを考えてみた、
ということで、それをホワイトボードに書いて説明し、
参加者の意見も聞きたいので、ということでみんなの意見を聞きました。
あるパートには分散可能とか、他のパートには移動可能とか
佐藤さんはかっこ書きで書いていました。
内容的にスムーズな流れについて、いくつかの視点から
様々な意見が出されました。

1503141.jpg 1503142.jpg 1503143.jpg

23回目(3/12)、前回の意見も踏まえて流れを再考したので、
これでいきたいという提案が佐藤さんから出されました。
一応これでフィックスさせてもらいたいが、
ただ、仕込み後の練習を見てみて、それとスタッフからの意見も聞いてみて
若干の変更はあるかもしれないが、というアナウンスでした。

その流れというのは、
オープニング映像
言葉のデュオ・トリオT
仕分け
ソロ(→仕分けカードの回収)
スキャンする(福井W.S)
パネルと私(オンリーユー)
言葉のデュオ・トリオU(4つのテーマ)
約束
エンディング映像
です(なんとなくこんな感じだとご理解ください)。

1503144.jpg 1503145.jpg 1503146.jpg 1503147.jpg

そこで、この日のワークは
言葉のデュオ・トリオのTとUのイメージを固めました。
Tでは各チームのフォーメーションとその流れを確認し、
時間も計って練習を繰り返しました。
Uでは、4つの(チームの)テーマ、“生きる”、“まわる”、
“木”、“天”のそれぞれのムーブメントを
他のチーム(テーマ)のムーブメントに振り移し、
憶えた他のチームのムーブメントと
自分のテーマのムーブメントとをどう結びつけるか、
いろいろとそれぞれで試してみました。

最後に、決め事はどの辺まで決め事と受け取ってダンスすればいいのか?
という、ある意味深い疑問が参加者から投げかけられました。
佐藤さんは、動かされている(これが今回の公演のテーマです)
プロセスを往ったり来たりしてほしいと答えていました。

posted by ひがせい at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | △ココロからだンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック