2016年07月02日

からだではなそうAグループ始まりました

6月25日(土)に「からだではなそう」Aグループ第1回目を行いました。
今回の参加者は7名。
講師は映像作家・ダンサーの川崎歩さんと俳優の伊藤真希さんです。

まずは自分の名前を、ゆっくり声を感じながら発声。
「声を出すのが恥ずかしい」と戸惑いながらも、
「よし言うぞ」と気合いをいれて
自分なりに一生懸命声を出してくれていました。
次のワークはバトンの受け渡し。
最初はペンをバトン代わりに受け渡し、
バトンを視線や声へと変えていきます。
視線のバトンではお互いの顔をじっくり見ながら
バトンの受け渡しを行わないとなかなかうまくいきません。
受け渡しをすることで距離感がグッと縮まるワークでした。

1.jpg 2.jpg 3.jpg

休憩をはさみ、後半スタート!
後半のテーマは「カラダを聴く」です。背と背を合わせて
心臓の音やカラダから出るわずかな音を感じます。
音以外にも声の振動やカラダの温かさなど色々なものが感じ取れます。
「わぁー」と声をあげて振動を楽しむ人、じっとカラダを合わせて
わずかな変化を感じる人、同じカラダを聴くがテーマでも
表現の仕方や楽しみ方はそれぞれ。
参加者ひとりひとりの個性を大切に過ごしました。

今回はゆったりとしたワークを中心に行いました。
リラックスした雰囲気の中、穏やかで心地よい空間を
みんなで一緒に過ごせた、あっという間の2時間でした。

次回は7/9(土)Bグループです。
次回もからだではなそうではそれぞれの表現を大切に、
自由に楽しくカラダを動かしていきます!

posted by ひがせい at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼からだではなそう(2006〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック