2016年08月14日

陶器まつり(五条坂)、ぶらぶら26

普段は何だったか、はっきりと思い出せない民家が、
陶器まつりの間は、若い作家グループのお店に変身。

細い竹をシルバーの太めの針金で、
足場のように綺麗に組んで、
それを表では、装飾として使い、
部屋の中央では、作品の陳列棚を設えるために
巧みに使われていました。

屋内にさまざま作品が並ぶ一方で、
表の足場の端っこの棚の入れ物に
ざくりと置かれた箸置きが、1つ、50円。
枡型の小さなシンプルなもの。

1608112.jpg 1608111.jpg 1608113.jpg 1608114.jpg

他のお店の箸置きはと言えば、
よくある棒状の箸置きのほか、
それにひねりを入れてあるもの、
結んであるもの、いろいろな動物(イルカ、クジラ、
パンダ、猿、ハリネズミ、アルパカなど)、
変わったところでは、うちわや絵の具のチューブ、
ジグソーパズルの1ピース、ボタン、
(陶器の)ボルトとナットなどが目につきました。
もちろん、すべて陶器です。

今年は猛暑の陶器まつりでしたが、
それでも少し風が吹くと、上に吊られている
陶器の風鈴がチリリ〜ンと涼やかに鳴りました。
いい音色でした。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック