2017年01月14日

第10回冬劇祭の仕込み

いよいよ、冬劇祭のシーズンとなりました。
来週の土・日本番に向け、本日(1/14)の午前10時から、
仕込みを行いました。
仕込みをお手伝いいただいたのは、10校の生徒さんと先生、
合わせて総勢、107名でした。
仕込みをリードしていただいたセンターのボランティアは
創活番の2名の方です。

生徒さんたちは4つの班(舞台・遮光・照明・パンフ作成、受付設営)に別れ、
仕込みのお手伝いをしていただきました。
まず最初に各班のリーダーに、仕込みの作業内容をボランティアから説明し、
実際の作業は、各班の作業はリーダーからの指示によって進めてもらいました。
ボランティアは、困っているところなどをサポートしました。
各班20名以上なので班によっては早めに作業が終わり、別の班に加わるなど
協力して進めることができていました。

170114_1.jpg 170114_2.jpg 160114.jpg

生徒さんが昼食休憩の間にボランティア先生、創活番メンバーでもある
高校生(冬劇祭)や何人かの生徒さんも一緒に照明のシュートを行いました。

午後からは、音響・照明さんに調光卓やミキサーの使い方、
また、リハーサルまでにやっておくべきこと、
その後、本番までにやっておくべきことなどについて
簡単なレクチャーを行いました。

170114_3.jpg 170114_4.jpg

外は雪が降り、寒さが厳しい日でしたが、
創造活動室は100名以上の人が集まって、熱気と照明をつけるので、
暖房を入れなくても温かい空間でした。

posted by Higashiyama Center at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼学校との連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック