2017年02月11日

テクニカル講座1日目

今日から2日間にかけて行う、「テクニカル講座」。
今回は、1日目に照明講座の基礎編、2日目に舞台講座の基礎編と
2日間学んだことを踏まえて照明と舞台の実践編を行います。

参加したのは、先月の冬劇祭に参加した、高校1年生9名。
参加した理由や今回の目的を聞いてみると、
・役者で出たことはあるけど、裏方スタッフのことはよくわかっていない。
・4月から後輩ができるので、自分たちがまずは学んでそこから教えたい。
・今後の夏の大会や冬劇祭で照明効果を使えるようになりたい。
などなど。
機材の説明から始まるのですが、まずは電気と信号の関係のお話。
日頃無意識に使っている電気のこと、どうして点くのかの原理などについても
捉え直す時間です。次に光と影の関係や、明かりの種類、機材の名称や特徴、
仕込みやバラシでの注意点などを説明し、休憩。
休憩後は、照明図面の書き方や読み方から始まり、グループに分かれて
プランニング実習へ。
その後、仕込み、絵作り、発表をして、最後にバラシで終了しました。
みんな、イメージを図面に起こすことや、シーンを考える時には
なかなか決まらずでしたが、仕込んでからのシュートでは楽しそうに
自分たちで考えたイメージをふくらませていました。
発表でも、それぞれのグループの意図がよく出ている照明効果となっていました。

DSCN9569.jpg

DSCN9577.jpg

DSCN9578.jpg

posted by Higashiyama Center at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック