2017年02月25日

創造活動室に新しい遮光幕設置!!

これまで、創造活動室で公演をする際に、
空間を真っ暗(暗転)にするためには、
広い窓に遮光用のパネルを貼る作業がありました。

部屋全体に遮光用の周囲幕がありますが、
窓際にあるブラインドも破損しているものが多く、
どうしても暗転にすることはできないのです。
パネルを貼る作業は数時間を要するものでもあり、
せっかく貼れてもステージサポートプランで1週間の間、
創造活動室を使って仕込みや本番をしていると、
重みや外からの熱に耐えられず、途中で落ちてきたりしていました。
パネルを貼るためには、養生テープも必要になり、
コスト面でも負担がかかっていました。

今年度は「どうすれば、遮光作業が楽にできるか?」を考え、
いくつかの業者さんにも相談し、窓際のブラインドのさらに窓に近いところに
カーテンレールを取り付け、遮光幕を吊ることになりました。
2月13日に取り付け工事が終わりました。

170214_1.jpg

170214_1.jpg

170214_3.jpg

画像は、新しくつけた遮光幕とこれまであった遮光用の周囲幕を写したものです。
この2枚が重なって締まることになります。
全ての遮光幕を閉めると、なかなかの暗さ。
かなり遮光された空間になります。
これから、3月にはステージサポートプランの公演が続きますが、
あの時間のかかった遮光作業の必要はありません。
これで、舞台創作に集中できる時間が確保できると思います。
公演や発表場所を探している青少年のみなさん、
使いやすくなった創造活動室をご利用ください。

大黒幕や袖幕も新調されました→詳しくはこちら

posted by Higashiyama Center at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼SSP(ステージサポートプラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック