2017年06月16日

身体表現ワークの1回目(17BS4)

この回(6/5)からは2回続けて、身体表現ワークです。
1回目の講師はダンサーの福井幸代さんでした。
始まりは、それぞれのお互いの体の調子を足マッサージしながら確認。
自己紹介をかねて、身体の調子をみんなに伝えました。

今回興味深かったワークが二つありました。
一つ目は、ペアになり、片方が好きなポーズ(=オブジェ)をし、
もう片方がその人の気になる部分をぎりぎり触れない程度にかたどり
かたどられた方は抜け出して…を繰り返します。
独特のスケッチ(かたどり)ができたことで、
本当にオブジェを鑑賞しているようでした。
その後は、オブジェをいくつか残して、
そのオブジェを組み合わせてみることに。
団体スケッチにしてみると、また違った迫力がありました。

170613_2.jpg 170613_3.jpg 170613_4.jpg

もう一つは,何もない空間を舞台に見立てて、
その空間に1人ずつ入っていき
身体表現をします。4人入ったところで完成。
幾つかの空間で試してみました。
特に、階段をつかった空間で行った時は、
奥行きが増えて面白い発想が出ていました。

170613_5.jpg 170613_6.jpg 170613_7.jpg

全体を通して、前回よりもぐっと距離感が縮まり、
打ち解けた空気感がありました。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 ◎男性をあと1名募集しています。
 ◎受付締め切りは6月24日(土)中としています。
 ◎途中からの参加でも大丈夫です。
 ◎このブログを読んで、やってみたいと思った方は、
 ぜひ、こちらの記事からメールでご連絡ください。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

posted by Higashiyama Center at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼演劇ビギナーズユニット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック